磐田市について

磐田市役所 ホーム > 磐田市について > 磐田市のプロフィール > シンボル

シンボル

このページの概要

磐田市のシンボルについて紹介します。
平成21年2月1日に制定された「磐田市の花・木・昆虫」について紹介します。(制定までの経緯についても説明しています)

市章

市章いわたの「い」の文字をモチーフに、「新しい時代」を創造するまちの躍動感を表現しています。未来へ伸びる青のラインと緑の円弧は、豊かな自然環境や文化、歴史を活かした、うるおいのある「ゆとりと活力のまち」を、また中央の赤の太陽は、未来への限りない「希望」といきいきとした市民の一体感を象徴しています。

情報発信元
磐田市役所 企画部 秘書政策課 市長公室 電話番号:0538-37-4801
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

磐田市の花・木・昆虫

市の花:ツツジ

市の花

開花時期には約30種3,500株のツツジが咲き誇る「つつじ公園」をはじめ、公園や道路沿い、各家庭の庭先など市内全域に数多く見られ、市民に親しまれている花です。開花時期は4月中旬から5月で、ピンクや赤・白などの美しい花を咲かせます。

市の木:クスノキ

市の木

常緑の大きく成長する木で、市が繁栄していくイメージと重なります。市内に大木がいくつか存在しますが、中でもJR磐田駅北口にある県指定天然記念物「善導寺大クス」は、推定樹齢約700年の大樹で、シンボルにふさわしい印象深い木です。

市の昆虫:ベッコウトンボ

市の昆虫

ベッコウトンボの名前の由来は、羽の模様と体色がべっこう色をしていることです。4月から6月まで見ることができます。このトンボは、絶滅危惧種に指定されており、市内にある「トンボの宝庫」桶ケ谷沼が国内有数の安定した生息地といわれる希少な昆虫です。

制定までの経緯

平成20年度に学識経験者や公募委員を含めた「磐田市の花・木・鳥等選定委員会」を設置し、選定作業を行いました。また、磐田市の花・木・鳥等選定委員会では、選定の過程で「市民アンケート」も実施しました。市民アンケートの結果を踏まえ協議された選定委員会からの報告を受け、市の花・木・昆虫を制定しました。 (詳細は各PDFファイルでご覧ください)

情報発信元
磐田市役所 企画部 広報広聴・シティプロモーション課 電話番号:0538-37-4827
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ