防災・救急・いざというときに

磐田市役所 ホーム > 防災・救急・いざというときに > 人命救助 > 心肺蘇生法(救命処置)の手順

心肺蘇生法(救命処置)の手順

このページの概要

ガイドライン2015心肺蘇生法の実施手順を説明します。また、日本医師会の二次元バーコードにより、心肺蘇生法を携帯電話のお気に入りに登録できます。

もし、家族・友人・同僚が突然倒れたら、あなたならどうしますか?

心肺蘇生法の実施手順

1 反応を確認する

写真:反応を確認する

両肩を叩きながら「わかりますか」等の言葉で3回呼び掛ける。目を開けるか、何らかの返答または目的のある仕草があるか見て、なければ「反応(意識)なし」と判断する。

【ポイント】

  • 呼び掛ける言葉は何でも良い
  • けいれんは反応ではないので注意する

※傷病者が危険な場所に倒れていた場合は、安全な場所に移動してから反応の有無を調べる。

2 助けを呼ぶ(119番通報とAEDの手配)

反応(意識)がない、又はその判断に自信がなければ直ちに助けを呼ぶ。助けが来たら意識のないことを伝えて、119番通報(救急車)を依頼する。
AEDが近くに有る場合はAEDを持ってくるように依頼する。

3 呼吸の確認

普段どおりの呼吸をしているか、10秒以内で確認する。

【ポイント】

  • 胸や腹部の上がり下がりがあるか目で見る

以上で確認し、普段どおりの呼吸をしていない場合や、自信が持てない場合は心臓停止と判断する。

4 胸骨圧迫(心臓マッサージ)

写真:胸骨圧迫

両手を重ね手のひらの付け根部分を相手の胸の真ん中に置く。肘を伸ばし、腕が相手の体と垂直になるようにし、約5cm体が沈むまで垂直に圧迫する。
1分間に100回~120回のテンポで連続30回絶え間なく圧迫する。

【ポイント】

  • 胸骨圧迫は、強く、速く、絶え間なく行う
  • 胸の真ん中に置く手はどちらの手を先に置いてもよい
  • 圧迫を解除するときは胸が完全に戻るまで解除する

5 気道の確保

写真:気道の確保

片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先にあて、あご先が真上を向くまで後ろにそらせる。

【ポイント】

  • やさしく頭をそらせる
  • 指で下あごの柔らかい部分を強く圧迫しない

6 人工呼吸(省略可能)

写真:人工呼吸

人工呼吸を2回行う。人工呼吸は、気道確保をした状態で額に当てた手の指で相手の鼻をつまみ、口を大きく開けて相手の口を覆い、約1秒かけて相手の胸が軽く持ち上がる程度の息を吹き込む。いったん口を離し、同じ要領でもう1回息を吹き込む。

【ポイント】

  • 息を吹き込む時、相手の胸を見ながら吹き込むとよい
  • 人工呼吸は空気が入っても入らなくても2回までとし、胸骨圧迫に移る
  • 胸骨圧迫の中断時間は10秒以上にならないようにする。

7 心肺蘇生法の継続

胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行う。
この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を救急隊と交代するまで続ける。
人工呼吸を省略する場合は、胸骨圧迫を絶え間なく行う。

AEDを用いての救命処置

AED(自動体外式除細動器)の実施手順を説明します。

写真:AEDを用いた救命処置

AEDが到着したら、普段どおりの呼吸がないのを確認した時点でAEDを使用する。
AEDの電源を入れると音声で指示を出すので、以後は音声メッセージに従って操作をします。


AEDを使用する場合の使用手順及び注意事項

【AEDの使用手順】
  1. AEDを傷病者の近くに置く
  2. AEDの電源を入れる(音声メッセージが流れる)
  3. 服を脱がせ上半身を裸にし、汗等の水気がないか確認する
  4. 電極(パッド)を絵のとおり直接皮膚に貼る(右鎖骨下と左脇下5~8cm)
  5. パッドを貼り終えたら傷病者に触れないように離れる
  6. 「電気ショックが必要です」のメッセージが出たら、誰も触れていないことを確認し、ショックボタンが点灯したら押す
  7. 電気ショックのあとは、ただちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開する
【注意事項等】
  • 乳児から使用可能ですが、未就学児(6歳程度)までは小児用パッド(小児モード)がある場合は使用します。
  • 電極を貼る際に、上半身が汗などで濡れている場合は、タオル等でふき取ってから電極パッドを貼ります。
  • パッドを貼る位置に貼り薬がある場合は、はがして薬剤をふき取ってから電極パッドを貼ります。
  • 心臓ペースメーカーや埋め込み型の除細動器が埋め込まれている場合は、胸の皮膚が盛り上がっており、下に固いものが触れるのでわかります。そこを避けて電極パッドを貼ります。
  • AEDは、電気ショックを連続して行えるタイプのものと、2分毎でないと電気ショックが行えないタイプのものがある。
    どちらのタイプを使用する場合でも、AEDの音声メッセージに従い操作等を行う。
  • 一度貼った電極は心臓が動き出しても貼ったままにしておく。
  • AEDの電極パッドを貼り付ける際にも、可能であれば胸骨圧迫を継続する。

二次元バーコードで心肺蘇生法を携帯電話へ登録

画像:日本医師会心肺蘇生法サイト接続用の二次元バーコード日本医師会の二次元バーコードから、心肺蘇生法を携帯電話のお気に入りに登録できます。

※対応機種をお持ちでない場合は、http://www.med.or.jp/mobile/99へアクセスしてください。

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間 午前8時30分~午後5時15分(平日)
磐田市 磐田市消防本部 警防課 救急企画グループ
電話:0538-59-1717

情報発信元
磐田市 消防本部 警防課 救急企画グループ 電話番号:0538-59-1717
受受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ