事業者の皆さんへ

磐田市役所 ホーム > 事業者の皆さんへ > 開発 > 森林伐採

森林伐採

このページの概要

磐田市の森林・林業の概要、森林の伐採・開発に関すること、森林整備の補助金について説明します。

磐田市の森林・林業の概要

磐田市には、北部の豊岡丘陵地、磐田原台地の斜面地、遠州灘沿岸などに森林が広がっています。
森林面積は2,650haで、市の総面積の約16%を占めており、森林面積のうち、人工林(スギ、ヒノキ、マツなど)は1,442haで人工林率は約54%です。
磐田市の林業は、木材価格の低迷、林業経営費の上昇等により、厳しい情勢となっています。
一方、森林は、水源のかん養、土砂流出・崩壊などの災害防止、沿岸部の飛砂防止、自然環境の保全、保健休養・自然体験の場など多面的な機能を担っていますので、その機能を発揮させ維持していくため、森林の機能区分に応じた整備の推進が必要です。

森林の伐採・開発に関すること

森林を伐採・開発しようとするときは、森林法第10条の8などの規定により、あらかじめ伐採届(伐採及び伐採後の造林の届出書)の提出が必要です。
伐採届は、森林資源の管理や状態の把握、伐採・開発行為の確認、適切な森林施業の確保のため、提出していただくものです。
森林を開発するための伐採は、伐採届以外に伐採調書(小規模林地開発)の提出が必要となるほか、開発の内容により市長の許可が必要となる場合があります。

伐採届等の概要

  • 森林を伐採・開発する場合は、自分の山でも伐採届等の手続きが必要です。
  • 伐採届等の提出期日は、伐採する30日前~90日前です。
  • 伐採届等が必要な森林は、森林法第5条に規定する地域森林計画の対象となっている森林です。

伐採届等が必要な森林の確認
(森林法第5条に規定する地域森林計画の対象となっている森林)

静岡県が定めた天竜地域森林計画の森林計画図に明示されています。 磐田市農林水産課農林水産振興グループに備え付けの森林計画図または、静岡県森林情報共有システムで確認してください。

静岡県森林情報共有システム(外部リンク)

伐採届等の種類及び提出書類

  • 林業や森林の維持管理によるもの(伐採後も森林である場合)

    林業による伐採や間伐、森林の維持管理のための伐採等
    伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)の提出が必要です。

    【提出書類】

    • 伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)
      PDF Excel 伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)
      PDF   伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)記入例
    • 森林計画図の写し(伐採個所を表示)
    • 位置図(位置を表示)

    【提出先・部数】

    磐田市農林水産課農林水産振興グループへ1部提出。

  • 開発行為によるもの(伐採後、森林以外になる場合)

    建築物建設・土採取行為・資材置き場造成・鉄塔建設・道路整備等

    • 1haを超える開発
      林地開発となり、市の許可が必要です。
      農林水産課農林水産振興グループに相談してください。

    • 1haを超えない開発
      伐採届と伐採調書(小規模林地開発)の提出が必要です。

      【提出書類】

      • 伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)
        PDF Excel 伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)
        PDF   伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)記入例
      • 伐採調書(小規模林地開発 様式第9号)
        PDF Excel 伐採調書(小規模林地開発)
        PDF   伐採調書(小規模林地開発)記入例
      • 森林計画図の写し(伐採個所を表示)
      • 位置図(位置を表示)
      • 開発計画、緑化計画、防災施設等が確認できる計画平面図

      【提出先・部数】

      磐田市農林水産課農林水産振興グループへ1部提出
    ※1haを超えない開発行為でも、他の所有者と隣り合った開発や時期・実施場所等から判断される全体の開発行為が1haを超える場合は、林地開発許可が必要になります。
    当初の計画は1ha以下でも、許可を得ないで1haを超えて開発した場合は、森林法違反となり罰則規定が設けられていますのでご注意ください。
    1ha以下の開発行為でも、面積の確認のため実測図の提出をお願いする場合があります。

その他の注意事項

伐採届等提出以外に、関係法令による許可等が必要な場合があります。
磐田市における主な事例を列記しますが、全ての場合に当てはまるものではなく、また、下記以外の法令に該当する場合がありますので、ご注意ください。

  • 林地開発許可(1haを超える開発の場合)
  • 都市計画法による開発許可
  • 砂利採取法、土採取等規制条例の許可等
  • 自然公園内における行為の許可
  • 保安林における保安林伐採許可等

森林整備の補助金について

磐田市では、森林整備事業を行う森林所有者に対して、補助金を交付します。
植栽・間伐・簡易作業路整備が対象となりますが、一定以上の面積や本数・樹齢・間伐率等の必要な条件があります。
植栽・間伐については、面積・本数等の条件によって算出された標準単価に交付率を掛けた金額が補助金となりますので、実際に掛かった費用が補助金算出の根拠になるわけではありません。
森林整備の補助金については、様々な条件や限度額等がありますので、磐田市農林水産課農林水産振興グループにお問い合わせください。
また、条件等に合致しているか現地を確認させていただく場合がありますので、その際にはご案内をお願いします。

問い合わせ

磐田市役所西庁舎1階 農林水産課 電話:0538-37-4813

ページの先頭へ

森の力再生事業

静岡県では、「森林づくり県民税」を財源に、荒廃した森林の整備を進めています。
この事業は、「森の力再生事業」として、森林を整備しようとする方への補助事業です。

「森の力再生事業」の概要

事業期間

10年間(平成28年~平成37年)

補助率

100パーセント

対象森林

困難性公益性を満たす対象地を市町村森林整備計画等で定め、この中で緊急性の高い森林を現地で確認して整備します。
・困難性:林業など経済活動等を通じた森林の権利者による整備が困難な私有林
・公益性:土砂災害の防止や水源のかん養等の機能を発揮させる必要がある森林
・緊急性:下草が無い、または台風等により被災し緊急に整備が必要な荒廃した森林

整備作業の実施者

幅広い民間の活力、アイデアを活用するため、一定要件を満たした森林組合や林業事業体のほか、民間企業やNPO、地域住民の団体等も整備に参加できます。

一定要件

次のア、イのいずれかの要件を満たす必要があります。
ア.静岡県森林整備工事入札参加資格者名簿登載者(森林組合、民間林業事業体)
イ.その他知事が適当と認める団体(次の要件のいずれも満たす団体)
  1.森林整備の技術者(森林整備実務の経験年数等)を確保
  2.チェーンソーに係る特別教育修了者で労災保険等に加入する作業スタッフを3名以上確保(ア以外の民間林業事業体、一般企業、NPO、地域住民が組織する団体など)

整備の進め方

1.整備者が権利者と交渉し、権利者が整備者に整備を委託
2.整備者が、現場に即した整備計画を県に提案(権利者と連名で補助金交付申請)
3.県は提案を審査し、荒廃森林再生にふさわしい場合は補助(補助率100パーセント)
4.交付決定後、県、権利者、整備者が協定(10年間)を締結し、整備者が整備を実施
5.整備後は協定に基づき、権利者と整備者が協働で森林管理を実施(協定期間内)

この事業の詳しい内容は、県ホームページ「森の力再生事業」をご覧ください。(別ウィンドウで開きます)

問い合わせ

中遠農林事務所森林整備課(〒438-8558 磐田市見付3599-4) 電話:0538-37-2301

情報発信元
産業部 農林水産課
電話番号:0538-37-4813

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

事業者の皆さんへ
税金
入札
建築
開発
土地・道路・河川
企業誘致
ビジネス応援
農業
有料広告
環境

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず