事業者の皆さんへ

磐田市役所 ホーム > 事業者の皆さんへ > 入札 > 建設工事等に関する各種制度 > 現場代理人等の配置について

現場代理人等の配置について

このページの概要

工事現場への主任技術者(監理技術者)及び現場代理人の配置について説明します。

主任技術者(監理技術者)及び現場代理人の配置について

建設工事請負契約約款及び建設業法に基づき、請負った工事現場に主任技術者(監理技術者)及び現場代理人を配置しなければなりません。請負金額が3,500万円以上(建築一式工事は7,000万円以上)については、工事現場毎に専任の主任技術者(監理技術者)を配置しなければなりません。

現場代理人については、請負金額にかかわらず、工事現場に常駐し、その運営、取締り等を行う義務がありますので、他の現場の技術者及び現場代理人との兼任はできません。
ただし、同じ現場で兼ねることは可能です。

下請金額合計が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)の場合、特定建設業の許可が必要であり、主任技術者に代えて監理技術者を工事現場に配置しなければなりません。
この場合でも同じ現場であるなら、現場代理人との兼任はできます。

主任技術者等に関する事務手続きについて

  1. 契約検査課で技術者等の重複等について確認を受けてください。
    (主任技術者等通知書と写しを各1部持参ください。)
  2. 1の確認後、以下の証明書類等を添付し、主任技術者等通知書を工事担当課へ提出してください。
    • 技術者等の資格区分に応じた証明書類
    • 技術者等の雇用関係に関する証明書類
      (健康保険証等の写しで、請負者との雇用関係がわかるもの)

主任技術者の兼任について

請負金額が3,500万円未満(建築一式工事は7,000万円未満)における主任技術者の兼任については、原則として2件までとします。
ただし、同一の場所又は近接した場所において施工する場合については、その都度協議をして定めます。

現場代理人の常駐義務緩和について

磐田市建設工事執行規則及び建設工事請負契約約款に基づく現場代理人の工事現場への常駐義務を以下に定める要件に合致した場合、緩和することとします。

磐田市発注工事に係る現場代理人の常駐義務緩和について(PDF:79KB)

  1. 対象工事(磐田市発注の工事に限る)
    発注者が特に認めた工事を2件まで兼務できます。
    (当該工事のほかに1件の兼務が可能)
  2. 対象工事の要件
    ①から③の要件全てを満たすことが必要です。
①請負金額 ≪建築工事以外の工事≫
2件の工事の請負額(税込)合計が3,500万円未満の場合
≪建築工事≫
2件の工事の請負額(税込)合計が7,000万円未満(建築設備工事は3,500万円未満)の場合
②兼務できる工事の工種 当該工事と同一の建設工事の種類
(建設業法上の29の種類)
③地理的要件 当該工事現場から他の当該工事現場までの移動距離が直線
距離で10km以内

※2以上の工事を同一の専任の主任技術者が兼任できる場合と同条件(建設業法施行令第27条第2項)の際は、上記の要件に関わらず兼任は可能です。

※事前に監督員又は発注機関と調整をしてください。

申請書

様式名 PDF WORD
現場代理人の兼務申請書 申請書(17KB) 申請書(40KB)

受付時間・窓口(問い合わせ)

磐田市役所西庁舎1階 契約検査課契約審査グループ 電話:0538-37-4802

 

情報発信元
磐田市 総務部 契約検査課 契約審査グループ
電話番号:0538-37-4802
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

事業者の皆さんへ
税金
入札
建築
開発
土地・道路・河川
企業誘致
ビジネス応援
農業
有料広告
環境

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず