平成30年10月3日(水曜) 2018RSK全国選抜ジュニアテニス大会に出場する選手が教育長を表敬訪問しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1006102  更新日 2018年10月5日

印刷大きな文字で印刷

2018RSK全国選抜ジュニアテニス大会に出場する豊田南中学1年の山下穂乃佳(やましたほのか)さんが教育長を訪問しました。
この大会は、全国9地域(北海道、東北、北信越、関東、東海、関西、中国、四国、九州)の13歳以下の代表32名によるトーナメント方式で行われ、上位選手は2019ワールドジュニア アジア・オセアニア予選大会の日本代表候補選手に選考されます。
山下さんは、「粘り強いプレーでがんばりたい。大坂なおみ選手のように活躍したい。」と抱負を語りました。
教育長は、「静岡県からは山下さん一人が進出することはすごいことです。厳しい戦いになると思いますが、自分を試すことができる良い機会でもあります。大坂選手に負けない活躍を期待しています。」と激励しました。
大会は10月12日(金曜)から14日(日曜)まで岡山県で行われます。


写真:山下さんと教育長(正面)

写真:教育長から奨励金の授与

情報発信元

教育部 教育総務課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4821
ファクス:0538-36-1517
教育部 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。