教育施策情報

教育委員会のトピックス

9月28日(木) 日本エジミウソン財団が教育長を表敬訪問しました

 元ブラジル代表のサッカー選手であるエジミウソンさん、日本エジミウソン財団の山下理事長ほか財団関係者が教育長を表敬訪問しました。
 日本エジミウソン財団は、子どもの貧困対策を行っている団体や個人に対しての支援を目的として今年2月に設立された団体であり、今年度は活動の第一歩として、就学援助の準要保護に認定されている来年度中学校進学予定の磐田市と浜松市の小学6年生で、サッカー・野球・バレーボール部へ入部を予定する児童に対して、使用する用具代や遠征費の一部を支援します。
 教育長からは「希望する部活動をやりたくてもやれない子どもたちがおり、こういった取り組みは非常にありがたい」と今回の訪問と活動に対してのお礼が述べられ、エジミウソンさんからは「今回のような機会を与えてもらいお礼を言いたい。子どもから青年にかけての時期における貧困は大きな社会問題であり、自分が問題の解決を手伝えることがうれしい。活動はスタートしたばかりだが、来年以降に向けて進めていきたい」とのことばをいただきました。今後、対象となる方に学校を通じて助成活動の案内がされる予定です。
 


戻る