採用情報

磐田市費負担教員「ふるさと先生」募集

過去の論文問題

 ご覧になりたい年度をクリックしてください。これまでの採用選考試験で出された論文問題をご覧になることができます。

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度
平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度

平成29年度
小学校
 A教諭は小学校5年生の学級担任です。担任をしている児童Bは、個別に対応すれば学習に意欲をもつものの、学習の定着度が低く、忘れ物が多いです。さらに、授業中には大きな声を出し、授業を妨害することがあります。また、級友とのコミュニケーションのとり方がうまくいかず、暴言を吐いたり、暴力をふるったりしました。
 そのような児童Bの行動に対してA教諭は、自分の指導に責任を感じ、誰に相談することもなく、自分だけで授業を進めました。そして、問題が起こるたびに、児童Bになぜそのような行動をしたかを聞き、とにかく級友に謝ることをさせてきました。さらに、児童Bの保護者に注意してもらうよう連絡をしてきましたが、保護者は度々の連絡に嫌気がさしていました。
 6月のある金曜日、授業中に大きな声を出す児童BをA教諭はいつもより厳しく指導しました。その日の委員会活動のときに、児童Bは、6年生の児童Cに対して暴力をふるいました。
 その報告を受けたA教諭は、児童Cの担任が出張で不在だったので、委員会後に、児童Bと児童Cを別々に呼び、話を聞きました。しかし、お互いの話に食い違いがあり、事実をつかめないまま時間が過ぎました。そこで、A教諭は、いつもの指導のように児童Bに謝らせ2人を下校させました。
 その日の夕方、児童Cの保護者が来校し、学校、児童Bとその保護者に対し謝罪を要求しました。そこへ、児童Bとその保護者が、一方的に悪者にされ、謝らせられたと来校しました。
 A教諭の指導の問題点はどこにあると考えられますか。2点挙げて、さらに、あなたが考える対応策を記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校
 A教諭は、1学期後半から学校を休みがちな生徒Bのことが、とても気になっています。
 生徒Bは大人しい性格で、学校では数名の友達と話をする程度です。授業中も、自分から質問したり、発言したりすることはありませんでした。中学校入学後初めて行った中間テストで思うように点数がとれなかったことから、学習方法について悩んでいることを生徒Bが日記に書いてきました。A教諭は、「授業中にわからないことはどんどん質問しよう。」「頑張ればできる。」と日記に返事を書きました。その頃から遅刻や欠席が増え始めました。しかし、生徒Bから「次の期末テストで頑張ります。」というコメントがあり、A教諭は生徒Bの遅刻や欠席について注視せず、様子を見ることにしました。
 ところが、1学期の期末テストが近づいた頃から、2日連続で欠席が続き、その後も遅刻と欠席を繰り返すようになりました。遅刻した日は、保健室で過ごしました。欠席するときは、保護者から連絡がありました。テスト当日も学校には登校できましたが、テストを保健室で国語だけ受けて、その後早退しました。
  A教諭は、生徒Bを登校させるためには家庭との連携が大切だと考え、校内の誰にも相談せず、予定を電話で知らせたり、時々プリント類を持って家庭訪問をしたりしました。家庭訪問の時は、事前連絡をせずに出向いたり、生徒Bが喜ぶテレビゲームを、夜遅くまで一緒にやっていたりすることもありました。
 ある日、国語の答案をもって、家庭訪問したところ、留守でした。A教諭は、「国語の漢字は自信がある。」と言っていた生徒Bの言葉を思い出し、少しでも早く渡したいと思い、採点した解答用紙をポストに入れて帰ってきました。
 翌日、保護者から「テストをポストに入れていくのは、非常識だ。子供が『学校へ行きたくない。』と言っている。」と苦情の電話が入りました。A教諭は、「こんなに一生懸命やっているのに。」と腑に落ちません。
 A教諭の指導の問題点はどこにあると考えられますか。2点挙げて、さらに、あなたが考える対応策を記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。




平成28年度

小学校
 A教諭は小学校2年生の学級担任です。4月当初、A教諭は、行動が遅い児童Bが気になっていました。そこで、A教諭は、1年生の時の担任から面倒見がよいと聞いていた児童Cを、児童Bの隣の席にして、手助けを頼むことにしました。
 その後、児童Bは、児童Cの手助けと児童B自身の頑張りで学級の他の子に遅れることなく行動ができるようになってきました。A教諭は、そのような児童Bだけをほめ、励ましの声を掛け続けました。その度に児童Cは不満げな表情をしますが、児童Bを助け続けました。4月下旬の家庭訪問の際、A教諭は、児童Cの母親から、「学校があまり楽しくないと言うし、学校のことを家で話さなくなってきましたが、学校の様子はどうでしょうか。」と質問されました。それに対し、児童Bを手助けする児童Cの姿を思い浮かべながら、「何も心配いりません。教師の言うことはよく聞くし、友達の学習や行動の手助けを黙々と頑張るとてもよいお子さんです。」と答えました。
 その児童Cが、5月の連休明けから、月曜日になると遅刻をするようになり、6月に入ると毎朝登校を渋るようになりました。朝、母親に連れられ何とか昇降口まで登校してくる児童Cは、教室には入れず、保健室に登校する日が数日続きました。A教諭は児童Cについて、今まで全く問題がないと思い、登校を渋るようになった原因が分からないまま、児童Cのことは養護教諭に任せきりにしていました。
 その後、A教諭は、児童Bに手がかかるようになり、しかも養護教諭が、保健室に来る他の子どもへの対応の時間が増えるようになると、児童Cはついに登校できなくなりました。
 A教諭の指導の問題点はどこにあると考えますか。考えられる問題点を2点挙げて、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校

 A教諭は、中学校2年生の担任で担当教科は社会科です。4月からの授業では、生徒たちに歴史のおもしろさを味わわせ、基礎・基本をしっかりと身に付けさせたいと考え、資料を豊富に用意しました。しかし、資料の説明が多く、生徒にとっては、聞いている時間が長い授業になりがちでした。
 はじめは、生徒たちに積極的な発言が見られ、特に自分が担任する学級のリーダーである生徒Bからは本時のねらいに迫るようなつぶやきや発言がよくありましたが、A教諭はそれらをうまく生かせませんでした。他の生徒の日記にも、同じ2年社会科を担当する学年主任の授業と比較し、「去年の授業の方が楽しかった。」などの記述が時折見られましたが、A教諭は特に気には留めませんでした。
 生徒たちはA教諭の授業に対して、徐々に不満を募らせていきました。特に、生徒Bは顕著で、授業中の私語が目立つようになり、それに加わる生徒も現れました。しかし、生徒どうしで注意し合う雰囲気にはなりません。
 6月になると指示が通らず、授業が成立しているとは言い難い状況に陥りました。ある日、生徒Bは授業中に席を離れたり、他の生徒にちょっかいを出したりするなどの行動に出ました。A教諭はこれまでとは違って強い口調で注意しましたが、生徒Bは「授業がつまらん。」という言葉を発し、他の生徒も同調したため騒然とした状態になりました。騒ぎを聞きつけた学年主任が入り、その場は何とか収まりました。その後、職員室に戻ったA教諭は、一生懸命に授業をしてきたにもかかわらずそれが生徒に伝わらないことが疑問でした。
 その日の放課後、A教諭は学年主任と共に生徒Bに改めて指導を行いましたが、反省の色は見られませんでした。夕方、生徒Bの家庭に電話でこの日のことを伝えましたが、保護者からは逆に、先生の指導にも問題があるのではないかと切り返されてしまいました。
 A教諭の指導の問題点はどこにあると考えますか。考えられる問題点を2点挙げて、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成27年度
小学校

 A教諭は、初めて小学校4年生の担任となりました。
 始業式を迎えるにあたり学校経営の方針について緊張した面持ちで考えていた時、心配した同学年の先生から、「いい子供たちだよ。まずは、子供の様子を見るといいよ。それから、いろいろ考えたらどう?」と声を掛けられました。A教諭は、「実際に子供のありのままの姿を
知ることが先だ。それからじっくり考えよう。」と思うと少し気持ちが楽になりました。
 学級がスタートして何日か後、朝読書の時間に、1冊の本を二人で一緒に読んでいる児童
たちがいました。その横では、宿題をやってこなかったためにA教諭から朝のうちにやるように言われて、ふてくされながら、書き取りをしている児童Bがいました。いずれも、静かにしているからいいだろうとそのまま様子を見ていました。
 翌週になると、朝読書の時間に、児童Bも含め複数の児童たちが席を離れて友達と一緒にしゃべりながら読んでいる姿が見られるようになりました。A教諭が児童Bに「席について。宿題もやっていないでしょ。」と注意すると、児童Bは、「なんで、ぼくばっかり注意するの。」とつぶやき、机に顔を伏せて何もしなくなりました。4月の終わり頃、児童Bの本読みカードに「最近、家で勉強をしていないのですが、学校ではどうですか。」と母親の言葉が書かれていました。A教諭は、「宿題を忘れることがよくあります。忘れたときは学校でやらせていますので大丈夫です。」と本読みカードで返答しただけでした。
 しばらくすると、朝読書の時間になっても、本を廊下の図書コーナーに探しに行って戻ってこない児童や、本を読まずに他のことをしている児童が出てきました。読書に集中できるようにするにはどうしたらよいか考えたA教諭は、朝読書の時間の細かなきまりを作り指導することにしました。しかし、徹底されていませんでした。5月の半ばごろになると、授業に遅れてくる児童や授業中に無駄話をする児童が増え始め、授業中お互いに中傷し合ったり出歩いたりすることもしばしば起こり、授業に支障をきたすようになりました。
 7月の懇談会で、保護者から「クラスが落ち着かない。」「家で勉強しない。」「学校が楽しくないと子供が言っている。」という指摘がありました。A教諭は、この先どうしたらよいか一人で悩んでいました。
 A教諭の指導の問題点はどこにあると考えますか。考えられる問題点を3点あげて、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校

 A教諭は中学校2年生の担任です。9月に入り、体育大会を2週間後に控え、生徒たちの気持ちが高まってきたと感じていた矢先、女子学級委員の生徒Bが腹痛を理由に、3日続けて欠席しました。欠席は、2年生になって初めてでした。
 生徒Bは正義感が強く、リーダーとして認められたいという思いがあり、1学期のはじめに前期学級委員に立候補したいという経緯がありました。ただ、自分の意に沿わなかったり、不正があったりすると、男女問わず激しく責め立ててしまうなど、これまでも小さなトラブルが何度かありました。A教諭もこのような状況を気にはかけていましたが、大きなトラブルには至っていなかったため、特に指導はしてきませんでした。
 2学期が始まると、体育大会の練習に積極的でない級友をたびたび非難する生徒Bの姿がありました。学級内に、生徒Bを快く思わない雰囲気が生じてきました。A教諭は、そのことを承知はしていたものの、そのうちに改善されるだろうと考え、生徒B及び他の生徒たちに対しての指導は特に行ってきませんでした。
 今回の欠席についても、母親からの電話連絡による腹痛という理由に対して、A教諭はあまり重く受け止めていませんでした。しかし、生徒Bとの仲の良い他学級の生徒からの情報で、SNSを利用して、生徒Bが「生意気だ」「ウザイ」などの誹謗中傷を受けており、さらに他学級にも広がりを見せていることが発覚しました。
 生徒Bが3日続けて休んだその日の放課後、A教諭は家庭訪問をして、母親に対し、生徒Bがこれまでに学級のリーダーとしてあまりうまくいっていなかったことと、SNSでの誹謗中傷を受けていたことを伝えました。母親は大きなショックを受けている様子でした。その日、A教諭は生徒Bに会うことはできませんでした。
 翌日も生徒Bは学校を休んでしまいました。体育大会まで残された日もわずかであり、A教諭の気持ちは焦るばかりです。
 A教諭の指導上の問題点を3点挙げ、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成26年度
小学校
 A教諭は、小学校3年生の担任です。
 A教諭の学級の児童Bは、2年生までは、担任の指導により落ち着いて学習に参加することができていました。ただし、指導記録には、音読が不得手であることや計算では指を使っていたこと、九九を完全に覚えていないことが記されていました。
 1学期の後半になって、国語科の読み取りや算数科の割り算などで理解できない場面が増えてきて、手いたずらをしたり落書きをしたりすることが多くなってきました。その都度、「まじめにやりなさい。」「怠けていてはだめ。」とA教諭が注意をしてきました。
 そのうちに、児童Bは、「どうせぼくはばかだからできない。」と自分を卑下したり、友達の邪魔をしたりするようになりました。授業中に児童Bを嘲笑する友達も見られるようになり、授業が滞り学級全体も落ち着きを欠くようになりました。
 7月の参観会の後、児童Bの母親から「6月ごろから、家で勉強をやろうとしない。最近は、無理にやらせると、分からないとわめき散らすようになった。学校も楽しくないと言っている。」と相談を受けました。
 それまで自分一人で解決しようと思っていたA教諭は、今後どのような指導をしていけばよいのか悩むことになりました。
 A教諭の指導の問題点を3点挙げ、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校
 A教諭は、中学校1年生の担任でサッカー部の顧問です。A教諭の学級の女子生徒Bは、口数が少ない生徒です。生徒Bは、運動は得意な方ではありませんが、他校のバスケットボール部で活躍する3年生のいとこの影響で、バスケットボール部に入部しました。6月中旬になって生徒Bは、体調不良を理由に部活動に参加しないことが多くなりました。同級生のバスケットボール部員の「さぼり、ずるい」などといった言葉が、A教諭の耳にも入ってくるようになってきました。
 7月上旬の昼休み、A教諭は、同級生のバスケットボール部員6人から廊下で激しく叱責されている生徒Bの姿を見ました。この日は部活動に参加した生徒Bでしたが、翌日からは、学校を欠席するようになりました。欠席して3日目の放課後、A教諭が生徒Bの家に電話をすると、母親から、「Bは、部活動でいじめを受けている。解消するまで学校に行かせない。」と話がありました。
 A教諭は電話の翌日、生徒Bを廊下で叱責していた6人の生徒を集め、事情や状況を尋ねました。6人の生徒の話では、生徒Bが部活動をずる休みしていたため参加するよう皆で促していたとのことであった。そこで、A教諭は生徒Bの母親に電話で事情を伝え、部活動に参加すれば解決するので励ましてほしいと依頼しました。
 しかし、生徒Bはその後も出席せず学校に来られなくなってしまいました。
 A教諭の指導の問題点を3点挙げ、どのような対応をすべきであったかを記述しなさい。
ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成25年度
小学校
 A教諭は、4月から小学校3年生の担任になりました。学級の児童Bについては、「発達障害と思われるが特に大きな問題はなかった。」と前担任から引継を受けていました。児童Bは、4月当初から授業中は落ち着かず、席を離れたり、突然授業とは関係ないことを言ったりして周りのみんなを困らせていました。また、休み時間には、気の弱い児童をいじめることがよくありました。A教諭は、学級の問題として自分の力で解決できると考え指導してきましたが、児童Bの表れは変わりませんでした。9月のはじめ、運動会の競技のためにグループづくりをすることになりました。児童Bがどのグループにも入れてもらえず泣き出してしまいました。A教諭が、グループに入れるように指導したところ、学級の児童は「Bさんと一緒だと運動会が楽しくない。」「先生は、Bさんにもっと厳しくすべきだ。」と言い出しました。
 児童BをめぐるA教諭の指導の過程において課題として考えられる点を2点明記し、あなたが学級担任だったらそれぞれについてどう対応したか具体的に記述しなさい。ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校
 A教諭は、中学校2年生の担任です。A教諭の学級の生徒Bは、学力は不振ながら宿題はなんとか提出できる生徒でした。9月になって生徒Bは遅刻をしがちになり、宿題を提出しなくなりました。何人かの教科担当の教員からは、授業に無気力で注意すると横柄な態度をとるとの報告が入りました。生徒Bの友人で他の学級の生徒数名にも同じような状況が見られました。しばらくして、生徒Bを含むこの数名が休み時間にトイレに集まり大声で話し、授業開始時刻に遅れることがしばしば見られるようになりました。
 あなたがこの学級の担任であるなら、どのような対応をしますか。あなたが学級担任として行おうとする対応を3点挙げ、それを具体的にどのように行うか記述しなさい。
ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成24年度
 20代前半のA教諭は、初めて小学校4年生を担任します。A教諭は、B子が昨年から欠席が多く、不登校の傾向があることを前担任から聞いていました。
 新学年が始まり、クラス替えがありました。B子は不安ながらも登校し、少数ではあるが友だちと話をしたり遊んだりする姿が見られました。一方、授業中は発言もなく元気のない様子が見られました。A教諭は、「勉強がわからない」というB子のサインが出ていることに気づきながらも、具体的な手立てをとることなく日々の授業を進めました。
 4月下旬になると、B子は「みんなが私のことをバカにするから、教室に行きたくない。」と訴え、授業中も保健室で過ごすことが多くなりました。5月には、学校中が運動会の練習で忙しくなり、A教諭やB子と仲の良かった友だちも保健室へ足を運ぶ回数も減りました。A教諭は養護教諭からの報告を聞きましたが、次第に養護教諭に任せきりになりました。
 B子は、運動会を欠席し、以後登校できていません。
 こうした事態に陥るに至ったA教諭の指導の問題点を2つ明記し、それぞれについてどうすべきであったか具体的に記述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成23年度
 A教諭は2年生の担任となりました。前担任からの引き継ぎでは、「B男は発達障害の疑いがある子なのでよく見て対応してほしい。」と聞いていました。
4月の授業ではB男は学習意欲は見られましたが、挙手して指名されないと怒ったりすねたりする姿が見られました。また、こだわりが強くグループ学習では他の子との言い争いが頻繁に起こりました。A教諭はその度にB男をなだめることに時間をとって授業は遅れがちになり、一部の理解の早い子だけが活躍したり教師主導になったりする授業を、悩みながらも続けていました。
 7月頃からB男は授業中に奇声を発したり席を立って歩き出したりし始めました。他の数名も授業に集中せずA教諭の指示が通らない状況が続き、次第に学級全体の秩序が保てなくなってしまいました。
 このような子どもたちの様子を引き出したA教諭の特に大きな問題点を二つ明記し、こうした事態に陥らないためにどうすべきであったかを、それぞれについて具体的に述べなさい。
 ただし、字数は、600字以上800字以内とします。


平成22年度
 A教諭は、小学校4年生の学級担任です。6月第2回の参観会後、ある児童の保護者から、担任に次のような手紙が寄せられました。この手紙から分かるA教諭の指導の問題点を「学習指導」「子ども理解・指導」の2つの観点から明記し、その改善策を具体的に書きなさい。 
ただし、字数は、600字以上800字以内とします。

【手紙】
 先日参観会に出席させていただきましたが、先生が一方的に授業を進めているだけで、子どもが授業の中で生き生きと活動する様子が見受けられませんでした。また、その時、授業と全く関係のないことをしている子どもが何人かいましたが、先生は指導をされませんでした。
 このような状況では、これから先、安心して子どもを先生にお任せすることができません。


平成21年度
小学校
 A教諭は、小学校4年生の学級担任となり、学習や生活において、どの子に対しても同じように徹底した指導を行ってきました。提出物がきちんと出せないB男も、その指導に従いがんばってきました。1学期も終わり、夏期休業中に行われた面談では、ある保護者から「徹底した指導をしていただきありがたかった。」という意見をいただきました。
 しかし、9月の中旬からB男は、忘れ物が増え提出物も出さなくなり、登校を渋るようになりました。A教諭は、運動会も近いので養護教諭にその対応を任せ、学級の子どもたちへの指導に全力を傾けました。10月に入り、ついにB男は登校できなくなりました。
 このようなB男の姿を引き出したA教諭の指導の問題点を二つ明記し、それぞれについて自分が担任であればどのような対応をするのか述べなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校
 磐田市の教育目標は、「ふるさとを愛し、未来をひらく、心豊かな磐田市民の育成」です。この中の「未来をひらく」について、「社会や生活環境の急激な変化に的確に対応でき、新しい時代を築くことのできる確かな学力の育成に加え、豊かな発想や学び続ける意欲を育成することで、自己実現を目指す自立した人間、国家社会の形成に主体的に参画する人を育成する」とおさえています。
 この中の、「確かな学力」や「学び続ける意欲」を、あなたはどうとらえ、その育成のために、磐田市の子どもたちをどのように指導していきたいか、自分の考えを述べなさい。
 ただし、字数は、600字以上800字以内とします。


平成20年度
小学校
 A教諭は、小学校3年生の学級担任です。年度始めから、どの子にも分かる授業を実現しようと努め2か月が経ちました。算数科の授業では、B男とC子に対して、他の子と同じように指導してもその時間では力が付かないことがたびたび出てきました。また、この二人を指導していると、他の子が飽きて騒いでしまうこともありました。さらに、子どもたちの日記の中に「勉強が楽しくない。」という内容も書かれるようになりました。
 このような子どもの姿を引き出したA教諭の指導の問題点を二つ明記し、その中の一つについて解決策を具体的に書きなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

中学校
 平成18年7月の中央教育審議会答申
 「今後の教員養成・免許制度の在り方について」より
 「教職は、日々変化する子どもの教育に携わり、子どもの可能性を開く創造的な職業であり、このため、教員には、常に研究と修養に努め、専門性の向上を図ることが求められている。」 ・・・ 一部抜粋・・・
 上記に記載されている「専門性」の一つに「子どもを理解する力」があります。教師として「子どもを理解すること」とは具体的にどのようなことなのか、これまでの自分の経験をもとに論述しなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成19年度
小学校
 A教諭は、小学校3年生の学級担任です。4月から子どもたちともよく遊び、子どもと友達のように仲よくしようと努めてきました。しかし、1学期も半ばとなっても、子どもたちは忘れ物が多く、授業への集中力を欠いています。また、授業が始まっても席に着いていない子どももいます。参観会でこの様子を見た保護者からは、「何とかしてほしい。」という声が出ました。
 このような子どもたちの様子を引き出した要因を三つ明記し、その中の1つについて対応策を具体的に考えなさい。
 ただし、字数は、600字以上800字以内とします。

中学校
 あなたは中学1年生の担任である。
 ある日の放課後、清掃班の班長のA子が怒りながら職員室に入ってきた。原因は、教室の清掃中に遊んでいた男子を注意したところ、その子たちから無視されたことであった。学級活動で清掃をがんばって取り組もうという話し合いを行った数日後の出来事であった。
 この場合あなたは、学級担任としてどのように対応しますか。この事例から考えられる問題点を2点明記し、その中の1点について、具体的な解決策を書きなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。


平成18年度
小学校
 A教諭は小学校3年生の学級担任です。A教諭が日ごろの授業についてアンケートをとってみたところ、「授業はわかりやすく楽しいですか。」という項目について、児童も保護者も否定的な評価が多かったことにショックを受けてしまいました。
 あなたは、自分自身では一生懸命取り組んできたと考えているA教諭と、児童や保護者とのこの評価のずれは、どこに問題があると考えますか。考えられる問題点を2点あげて、そのうちの1点について今後の対応策を考えなさい。
 ただし、字数は、600字以上800字以内とします。

中学校
 あなたは中学1年生の学級担任である。あなたの学級のA子は、学級のリーダーの一人として学習や学級活動などで中心になってがんばっている。最近は、合唱コンクールに向けての練習でもがんばっていたが、一部の男子が協力的でないために女子と対立し、合唱練習がうまくいかなくなってきている。A子はそのことで悩んでいて、日記に「男子が協力してくれないので、学校へ行きたくない。」と書かれていた。
 この場合、あなたは学級担任としてどのように対応するか。この事例の問題点を2点明記し、そのうちの1点についてあなたが考える具体的な対応策を書きなさい。
 ただし、字数は600字以上800字以内とします。

戻る