医療・介護施設ガイド

磐田市役所 ホーム > 医療・介護施設ガイド > 救急車の利用に当たって

救急車の利用に当たって

119番に通報するときは誰もが緊張し、慌ててしまいがちです。 まずは通報前に本当に救急車が必要か、ひと呼吸おいて判断しましょう。

救急車を呼ぶときは

救急車を呼ぶときの番号は「119番」です。できれば固定電話でかけましょう。 あわてず状況を的確に伝え、指示を受けましょう。

  1. まず、「救急です」と伝えます
  2. 救急車に来てもらう場所(住所)と、目印となるものを告げます
  3. どのような状態かを見たまま伝えます
    • 現在の状態、患者の性別、年齢など
    • 特に、意識がない・手足が動かない(しびれる)・心肺停止・多量の出血などの場合は的確に状態を伝えてください。救命手当ての方法を伝える場合があります。
  4. 持病がある場合は、その病名とかかりつけ医を伝えます

救急車を待つ間

  1. 隊員を誘導できるようにしましょう
    • 救急車が到着する前に車庫の車などを移動しておきましょう。
  2. 救急隊員へ伝える内容を整理しておきましょう
    • 「いつ、どこで、何をしていて、どうなったのか」
    • 救急隊が到着するまでの変化など。
  3. 病院に持っていくものを準備しましょう
    • 健康保険証や診察券、お薬手帳
    • 靴やお金
    • (乳幼児の場合)母子手帳、紙おむつやタオル、哺乳瓶など
  4. 火元を確認しましょう

救急車に乗車した後は

  1. 家族の同乗が必要です
    搬送先の病院で、家族の判断や同意が必要なことがあるため、家族の同乗が必要です。
  2. 救急車内の活動を理解しましょう
    救急車内では、救急隊員は患者の状態を観察し、必要な場合は医師の指示をもらって 医療処置を行います。

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

医療・介護施設ガイド
主な診療科目
内科
外科
精神科
小児科
整形外科
リウマチ科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
歯科
介護サービス事業
居宅サービス
地域密着型サービス
介護入所サービス
老人ホーム・高齢者向け住宅
その他のサービス
調剤薬局
接骨院
助産院
障害者施設

絞り込み検索

主な診療科目選択
介護サービス事業選択
その他のサービス選択
追加情報選択
エリア選択

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず