磐田のみどころ

磐田市役所 ホーム > 磐田のみどころ > 文化財 > 旧見付学校附磐田文庫

旧見付学校附磐田文庫

このページの概要

国指定文化財の「旧見付学校附磐田文庫」について紹介します。

-教育のあけぼの- 旧見付学校

写真:旧見付学校旧見付学校

写真:磐田文庫磐田文庫

旧見付学校は明治8年に落成・開校式をあげた、現存する日本最古の木造擬洋風小学校校舎です。 明治16年に3階部分を増築し、5階の建物となりました。現在は教育資料館として、教育関係の資料を中心に展示しています。

当時は最上階に「伝酒井の太鼓」が置かれ、時を告げていました。伝酒井の太鼓は三方原の合戦の際、浜松城で酒井忠次が打ち鳴 らしたと伝えられる太鼓です。

旧見付学校の北側には、総社の神官であった大久保忠尚が元治元年(1864年)に創建した磐田文庫があります。磐田文庫は今の図書館のような存在で、一般にも開放されました。

旧見付学校とともに国の史跡に指定されています。

見付学校の問い合わせ先

入場料 無料
開館時間 午前9時~午後4時30分
休館日 毎週・月曜
(ただし月曜が祝日または振替休日に当たるときは開館)
国民の祝日の翌日
(ただしこの日が土・日・月曜日に当たるときは火曜日が休み)
年末年始(29日~3日)
電話 磐田市旧見付学校 電話:0538-32-4511

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ