磐田のみどころ

磐田市役所 ホーム > 磐田のみどころ > 文化財 > 旧赤松家門・塀

旧赤松家門・塀

このページの概要

県指定文化財の「旧赤松家門・塀」について紹介します。

-磐田原開拓の先覚者- 赤松則良(あかまつのりよし)

写真:府八幡宮楼門旧赤松家 門・塀・土蔵

赤松則良は幕臣として咸臨丸で渡米、オランダ留学を経て、明治政府のもと造船技術者として功績をあげました。 大政奉還後、徳川家を慕って、見付に居を構え、その一族や代理人の手によって磐田原の開拓が進められました。

赤松則良は公職を退いたのち、見付に戻り、屋敷を建てました。残されている建物には門・塀・土蔵があります。 門や塀はレンガを巧みに積み上げたもので、明治の面影を残す記念物として、県や市の文化財に指定されています。

旧赤松家屋敷跡に平成16年8月記念館がオープンしました。 赤松家にゆかりの品々が展示されているほか、和室では赤松則良の磐田原開墾にちなんで「いわた茶」を提供しています(300円・菓子つき)。

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間 午前9時~午後4時30分
休日 月曜日
(但し月曜が祝日または振替休日の場合火曜休み)
国民の祝日の翌日
(但しこの日が土、日、月の場合火曜休み)
電話 磐田市旧赤松家記念館 電話:0538-36-0340

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ