はつらつ学園(キッズレポーター 鈴木紅香さん)

向笠交流センターでは「はつらつ学園」という講座が開催されています。

5月の開校式から始まって、毎月楽しい内容が企画されています。 7月は盆踊りということで、60代から80代の受講生がたくさん参加されていました。 磐田市歌をみんなで歌った後、踊りの先生による盆踊りのレッスンが始まりました。

振りを丁寧に教わった後、音楽に合わせてみんなで輪になって踊りました。私も誘ってもらったので輪の中に入り、一緒に踊りを練習しました。練習はテープの音楽だけでなく、交流センター長による太鼓の生演奏もあり、大変盛り上がりました。

私は盆踊りを踊るのは初めてだったので最初は難しかったけれど、何度も繰り返し踊っているうちに体が自然と動くようになりました。特に面白かったのは「開運!招き猫音頭」という曲で、猫のように手を動かす振り付けが印象的でした。 参加している皆さんもとても楽しそうで、笑顔と笑い声があふれる時間でした。

最後に先生の踊りを見せていただき、今日の講座は終わりました。 地域の人とこういった交流ができるのはとても楽しいです。これからも交流センターで行われる行事に積極的に参加していきたいと思います。また、昔は毎年行われていたという盆踊りも復活したらぜひ参加したいです。

※この記事は、いわたキッズレポーターが取材、撮影、編集をしたものです。

問い合わせ:広報広聴・シティプロモーション課 電話:0538-37-4827

盆踊りの練習風景

先生の踊り披露



バウンドテニス体験教室(キッズレポーター 鈴木瑠華さん)
いけばな教室(キッズレポーター 中川莉奈さん)

一覧に戻る