浦安の舞講習会(キッズレポーター 中川莉奈さん)

私の住んでいる見付地区には、9月に見付天神裸祭というお祭りが行われます。見付の裸祭は、腰みのを付けた裸衆が練り歩く夜中のお祭りとして有名ですが、 お祭りの時には神社に「浦安の舞」という踊りを高学年の小学生女子が奉納するというので、8月21日(月)・24日(木)に矢奈比賣神社(見付天神社)内のさつき館で、講習会に参加することにしました。

舞を覚えるため4日間の講習会があり、磐田市内のいろいろな町内からも集まり、みんなで練習しました。
浦安の舞は舞姫によって一人舞、二人舞、四人舞で舞われる女舞で、正式な舞は四人舞だそうです。舞は前半の扇舞と後半の鈴舞とがあります。 裸祭りの浦安の舞の奉納は、見付天神社の本殿で9月23日(土)午前10時から大祭と午後4時からの奉納祭、旧見付小学校隣にある淡海國玉神社の 本殿では9月24日(日)午前10時から奉納祭と午後2時からの本殿祭の計4回奉納します。

舞の途中から扇を開いて1周するところが私のお気に入りです。舞の時間は10分くらいですが、がんばるのでいろいろな人に見に来てほしいと思います。

※この記事は、いわたキッズレポーターが取材、撮影、編集をしたものです。

問い合わせ:広報広聴・シティプロモーション課 電話:0538-37-4827

講習会修了式の様子

練習風景



向笠ぶらっときれいにし隊の活動(キッズレポーター 鈴木瑠華さん)
井通地区納涼祭(キッズレポーター 小野未結さん)

一覧に戻る