大藤地区「みんなの会」(キッズレポーター 鈴木瑠華さん)

大藤地区には、「みんなの会」という地域の多世代交流を目的として活動しているサロンがあります。地域での交流が減る中、とても楽しい活動があると聞き、参加・取材してきました。

8月最後の日曜日の27日に、大藤交流センターで、「みんなの会」による夏祭りが開催されました。この日は、多数の中学生ボランティアも参加して、にぎやかでした。 紙芝居の読み聞かせでは、中学生ボランティアが「ねずみの嫁入り」を熱演しました。

センターの外ではヨーヨー釣りやかき氷などが振る舞われ、お昼にはみんなで協力して作ったカレーを食べたり、地元のま組によるおはやしなど盛りだくさんの内容で、参加者たちには笑顔があふれていました。 小さい子からお年寄りまでが同じイベントで楽しく交流するというのは、素敵な取り組みだと思います。

「みんなの会」の活動は、基本毎月第3日曜日で、毎月工夫を凝らした内容が準備されています。11月には、バルーンアートを中心としたイベントが企画されているとのことです。

※この記事は、いわたキッズレポーターが取材、撮影、編集をしたものです。

問い合わせ:広報広聴・シティプロモーション課 電話:0538-37-4827

中学生ボランティアによる紙芝居

中学生ボランティアによるかき氷

ま組によるおはやし披露



井通地区納涼祭(キッズレポーター 小野未結さん)

一覧に戻る