ホームへ戻る

 利 用 案 内 施 設 案 内 ア ク セ ス イ ベ ン ト 観察マップ

 桶 ケ 谷 沼 レ ポ ー ト リ ン ク 事 業 概 要

  夏のトンボ観察会報告
 

7月23日(日)午前9時30分から正午まで、夏のトンボ観察会を行いました。場所はビジターセンター、観察路(木道、観察路、甑塚、ナノハナ畑周辺)講師は 細田センター長、参加者は35人でした。

〇講師事前説明

・トンボの種のグループ分け

・ベッコウトンボの頭数の推移、羽化の時期、見ごろ等の説明

・学校のプールにはたくさんのヤゴが棲んでいるが、清掃時にプールの水を排出し、下水に流してしまうとヤゴは死んでしまう。学校によっては排水時前にヤゴの救出作戦をしてヤゴを捕獲し育て、羽化させている学校もある。

・トンボのヤゴの型による居場所の違いの説明

・今の時期に桶ケ谷沼で見られるトンボの色や形、特徴の説明

屋外での観察

・沼の南側の観察路からやシオカラトンボ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボなどが多数みられ、講師から説明受け、観察をし、写真を撮った。

・甑塚では、チョウトンボ、ショウジョウトンボが多数、キイトトンボ、ベニイトトンボなども見られた。また、イトトンボ類では交尾、産卵の様子も見ることができた。

子どもたちは保護者と一緒に、網でこれらのトンボを捕獲し、写真を撮ったり観察をし、講師に様々な質問をしていた。

 

観察したトンボの確認

コフキトンボ、ウスバキトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、クロイトトンボ、ベニイトトンボ、キイトトンボ、ウチワヤンマ、タイワンウチワヤンマ、チョウトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ

以上12種確認

桶ケ谷沼では特にベッコウトンボを大切に保護しているが、ベッコウトンボを守るためには、様々な種のトンボを守ることも大切である。

観察前の説明@

観察前の説明A

観察路の観察風景

甑塚での観察風景

観察したトンボの確認@

観察したトンボの確認A

    Copyright (C)  Okegayanuma Visitor  Center. All Rights Reserved