学校概要
    1 沿革
明治 5.10    山名郡第44区郷学所として開校鎌田学校と称す
明治 8. 4    坊中学校と改称す
明治22. 4    西貝尋常小学校開校
明治25.10    南御厨尋常小学校開校
昭和32. 4    御厨・南御厨・磐田東(西貝)小学校を廃し、
       磐田市立東部小学校として統合創立

昭和32. 9    新校舎落成式
昭和32.10    新校舎で授業開始
昭和33. 6    プール完成
昭和40. 6    特別教室2階建4教室完成
昭和46. 6    運動場西側校地拡張(885.80u)
昭和48. 1    屋内運動場完成・ポンプ室・渡り廊下(ポーチ)完成
昭和48. 3    体育館北側校地拡張(267u)
昭和50. 3    校舎東側校地拡張(4,470u)
昭和53. 7    水泳プール新設工事完成
昭和53. 8    校舎増築工事完成(東校舎・玄関・職員室・その他)
昭和54. 1    給食室改築工事完成

昭和54. 3    創立20周年記念行事
昭和54. 4    東校舎落成式
昭和54. 6    低学年広場完成
昭和57. 6    南校舎完成
昭和58. 3    プール循環浄化装置取付工事完成
昭和59. 1    防災倉庫完成
昭和59. 3    運動場拡張工事完成(10,000u)
昭和59. 8    西校舎増改築工事完成(3481.5739u)
昭和59. 8    体育器具室新設(29.81u)
昭和59. 8    屋外トイレ新設(19,331u)
昭和62. 2    校訓記念碑完成
昭和63. 8    体育館改修工事完成(外壁塗装・屋根改修)
平成元.11   運動場放送用配線工事完成
平成 2. 3    磐田市植樹祭記念植樹(池の前・校舎西側)
平成 4. 3    小プール改修工事完了
平成 5. 3    体育倉庫完成(体育館東)
平成 7. 3    「のぎわ橋」完成
平成 7. 4    養護学級(知的)新設
平成 8. 4    養護学級(情緒)新設
平成 9. 2    コンピュータ20台設置完了
平成 9. 3    自然観察園「のぎわの森」完成
平成11. 4    外国人児童適応教室開設
平成11. 4    のぎわっ子資料館・PTA会室完成
平成14. 4    ソフィア研究指定校(3年間)
平成14. 6    ビオトープ完成
平成15. 4    文部科学省指定 教育の国際化推進地域指定事業センター校
        (2年間)

平成19. 7    東校舎耐震補強工事開始 2月末終了
平成19. 7    下水道接続工事開始 10月終了
平成19. 8    遊具塗装
平成19. 8    給食室室内塗装

平成19.10    ビオトープ南側出入口設置
平成19.12    ウレタン塗布(西校舎3階7教室)
平成20. 1    漏水工事
平成20. 6    西校舎
2階漏水修理
平成20. 6    西校舎高架水槽破損修理
平成20. 6    遊具修理
平成20. 8    西校舎窓オペレーター修理
平成20.12    給食室エアコン設置
平成20.12    体育館網戸張替え
平成21. 3    会議室床修理
平成21. 3    給食室側溝工事


2 校区の実態
東部台地には、磐田市の代表的な産業であるNTNやヤマハ発動機な
どの工場が立ち並び、その周辺には米づくり中心の田園地帯・茶畑など
が広がっている。工場設立に伴う新興住宅地域と純農村地域の新旧両面
をもった学区である。

・神明宮の周辺には、松林山・高根山・めかくし山などの古墳群や、神
明の森・ひょうたん池(湧水池)、由緒ある寺社・坊中学校跡など、豊か
な文化財や自然に恵まれている。また、Jリーグの代表的なチームであ
るジュビロ磐田のスタジアムもある。

・東新町住宅団地並びに、西貝塚・東貝塚地区の住宅の増加に伴い児童
数が増加したが、最近は、少子化・核家族化の進展等に伴い、児童数が
減少している。なお、外国人児童数は、ここ1、2年増加の傾向にある。



・校区に工場群があり、通勤のための交通量が多いことから、児童の交
通安全対策や指導に力を入れている。