補助金・助成・融資制度

磐田市役所 ホーム > 補助金・助成・融資制度 > 出産・子育て > 一般不妊治療費助成事業

一般不妊治療費助成事業

このページの概要

磐田市では少子化対策の一環として、平成26年4月1日から、人工授精の治療を受けた夫婦に対して治療に要する費用の一部を助成します。

対象者

  • 法律上婚姻している夫婦
  • 夫婦の両方又は一方が磐田市内に住所を有すること
  • 産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科又は皮膚泌尿器科を標榜する医療機関において、不妊症と判断され、人工授精の治療を受けた方
  • 夫婦の合計所得が730万円未満の方
  • 申請月において、それまでに納付すべき市税の滞納がない方
  • 治療を開始した時点の妻の年齢が40歳未満の方

給付の内容

  • 治療を開始した診療日の属する月から継続する2年間
  • 過去に助成を受けた夫婦にこどもができ、次のこどものために人工授精を行う場合、その助成を開始した診療日の属する月から継続する2年間
  • 対象治療費の本人負担7/10以内の額で、上限は通算で6万3千円

※ただし、医療保険者から付加給付がある場合は、その金額を本人負担額から減額します。

必要書類等

  • 一般不妊治療費補助金交付申請書(様式第1号)
  • 一般不妊治療受診等証明書(様式第2号)
  • 医療機関が発行した領収書(原本)
  • 戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書(原本) ※夫と妻の住所が異なる場合
  • 夫及び妻の所得証明書(原本) ※磐田市で確認できない場合
    ①1~5月申請 前年の1月1日に磐田市に住民票がない方
    ②6~12月申請 その年の1月1日に磐田市に住民票がない方
  • 請求書(様式第5号)
  • 夫婦の健康保険証
  • 印鑑(スタンプ式不可)
    ※ゆうちょ銀行に振り込みを希望する方は通帳

様式のダウンロード

※PDFまたはWORDのアイコンをクリックしてください
PDFファイル (21KB) WORD (53KB) 一般不妊治療費補助金交付申請書(様式第1号)
PDFファイル (21KB) WORD (53KB) 一般不妊治療受診等証明書(様式第2号)
PDFファイル (93KB) WORD (37KB) 請求書(様式第5号)

申請期限(平成27年8月1日から変更になりました)

  • 12月までに治療が終了した場合は、治療を行った年度の末日まで
  • 1~3月までに治療が終了した場合は、治療終了日から起算して90日を経過した日まで

窓口(問い合わせ)

休日 土・日曜日,国民の祝日(休日),年末年始(12/29~1/3)
子育て支援課 iプラザ(総合健康福祉会館)3階 電話:0538-37-2012

情報発信元
磐田市こども部 子育て支援課 iプラザ(総合健康福祉会館)内
電話番号:0538-37-2012 FAX番号:0538-37-4631
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ



磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず