市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 市長の活動記録 平成27年7月

市長の活動記録 平成27年7月

このページの概要

市長の活動記録の一部を紹介し、広く市民の皆さんに市政の動きをお伝えするため、「市長の活動記録」を掲載しています。このページでは、平成27年7月の市長の活動記録の一部を紹介しています。

この期間の写真

この期間の主な活動記録

7月1日(水)

  • 定例記者会見(市役所
    定例記者会見が行われ、市長から次の3点が発表されました。
    1 UIJターン促進事業 ~磐田市で働きたい学生・若手を徹底サポート~
    2 第2次磐田市総合計画の策定に向けて市民3,000人に市民意識調査を実施
    3 磐田北幼稚園園舎を小学校敷地内へ移転
  • 豊田町卓球スポーツ少年団表敬訪問(市役所)
    豊田町卓球スポーツ少年団の選手4名が、全国大会への出場報告に市役所を訪れました。市長は「両親やコーチなど、周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに頑張ってください。」と激励しました。

7月3日(金)

  • (株)ニッパ 津波対策事業基金への寄附の贈呈式(市役所)
    磐田市川袋に事業所を有する株式会社ニッパから、磐田市津波対策事業基金へ500万円(100万円を5年間)寄附していただき、市役所で贈呈式が行われました。
    目録を受けとった市長は「大切に使わせていただき、1日も早く防潮堤を完成させたい」と感謝の言葉を述べました。

7月6日(月)

  • 優良施工業者表彰式(市役所)
    磐田市優良施工業者表彰式」が市役所で行われました。この表彰は、本市が発注する公共工事の品質向上と適正な施工確保の推進、技術者の意欲高揚等を図るため平成21年度から毎年行っています。市長は「老朽化した学校施設等の公共工事が続くので、1つでも多く優良施工できるよう、今後もよろしくお願いします」と述べました。
  • 静岡県司法書士会との災害時司法書士業務協定締結式(市役所)
    東日本大震災の発生後、被災地で相続や登記についての相談が相次いだ事例を教訓として、静岡県司法書士会と「災害時司法書士業務協定」を締結しました。これにより、発災後の相続や登記業務などの支援体制が整備され、司法書士相談を開催する場合は、全国から司法書士の派遣を安定して受けられることが期待できます。
  • クローバーカイト表敬訪問(市役所)
    磐田市の一輪車クラブUCIwataクローバーカイトのメンバー19人が、9月に開催される全国大会の出場報告をするため、市役所を表敬訪問しました。市長は「仲間を大事にして、のびのびとやってきてください」と激励しました。

7月9日(木)

  • 磐田東高校台湾姉妹校(私立正德高級中學)生徒表敬訪問(市役所)
    磐田東高等学校と姉妹校提携を結んでいる台湾彰化(しょうか)市の私立正徳(せいとく)高級中学の生徒24名が市役所を表敬訪問しました。市長は「日本をもっと好きになるように滞在中は楽しんでいってください」と生徒たちに述べました。

7月14日(火)

  • 福田工業団地津波対策基金寄附金贈呈式(市役所)
    磐田市塩新田の福田工業団地協働組合から磐田市津波対策事業基金へ1,000万円の寄附があり、市役所本庁舎で贈呈式が行われました。
    市長は「ありがとうございます。従業員のみなさんによろしくお伝えください」と感謝の気持ちを伝えました。
  • 全国ママさんバレーボール大会出場表敬訪問(豊田クラブ)(市役所)
    県予選を勝ち抜き、宮城県で開催される「第46回全国ママさんバレーボール大会」の出場権を手にした豊田クラブが、出場報告のため市役所を訪れました。市長からは「全国大会出場おめでとうございます。思い出の1ページとなるようがんばってきてください。」と激励しました。

7月16日(木)

  • 被災地訪問(岩手県大槌町山田町
    東日本大震災からの復興支援のため、本市の職員を派遣している岩手県大槌町と山田町を市長及び数名の職員で訪問しました。それぞれの町の派遣職員から復興の状況や日々の業務について報告を受けるとともに、町長や地元の方々といろいろな意見交換を行いました。

7月18日(土)

  • 2015福田の夜店市(福田本通商店街)
    福田本通のにぎわい創出と地域の交流を目的として開催されている福田の夜店市を市長が訪問しました。86店もの露店やさまざまなイベント実施により、多くの来場者が楽しめる場となりました。

7月21日(火)

  • 磐田農業高校陸上部表敬訪問(インターハイ出場報告)(市役所)
    陸上の全国大会に出場する磐田農業高校磐田南高定時制、磐田市在住の袋井高校の生徒が市役所を表敬訪問しました。ベストをつくすよう、市長から激励の言葉が述べられました。

7月23日(木)

  • (株)アキヤマ津波対策基金寄附金贈呈式(市役所)
    磐田市下神増に事業所を有する株式会社アキヤマから磐田市津波対策事業基金へ1,000万円が寄付され、市役所で贈呈式が行われました。
    市長は「ありがとうございます。皆さんからの寄付と市費とを合わせ、1日も早い完成を目指します」と感謝の気持ちを伝えました。
  • 磐田南高校表敬訪問(市役所)
    第39回全国高等学校総合文化祭に出場する磐田南高等学校ビジュアル部・地学部の皆さんと第39回文部科学大臣杯全国高等学校囲碁選手権大会に出場する同校囲碁部の皆さんが出場報告のため、市役所を表敬訪問しました。
    市長は「高校の3年間は、輝いて充実している時代なので、一生懸命打ち込める環境に感謝して、ぜひ楽しんで頑張ってきてください」と激励しました。

7月24日(金)

  • いわしんオリジナルナンバープレート出発式(磐田信用金庫本店)
    合併10周年記念で作成された「しっぺいオリジナルナンバープレート」が磐田信用金庫の営業バイク85台に取り付けられることになり、同金庫玄関前で出発式が行われました。
    市長は「交通安全に気を付けるとともに、地元に根付いた金融機関の誇りと自信を持って頑張ってください」と激励しました。
  • 磐田市・医師会・エーザイ(株)との協定締結式(市役所)
    認知症に対する市民の理解促進や関係者の対応力の向上を図るとともに、認知症の人を地域で支え合う体制づくりを進めていくため、磐田市医師会及びエーザイ株式会社と市の3者間で「認知症の人を地域で支えるまちづくりの推進に関する協定」を締結しました。市長は「両者のお力添えをいただき、行政としても市民の皆さんが健康を維持しながら、長生きができるようなまちになるように頑張ってまいります」と述べました。
  • マウンテンビュー市交換学生派遣表敬訪問(市役所)
    磐田市と姉妹都市提携をしているアメリカ合衆国カリフォルニア州マウンテンビュー市へ派遣する交換学生(市内在住・在学の高校生)6名、引率者1名が、出発に先立ち市長を表敬訪問しました。学生たちが、自己紹介とともに抱負をそれぞれ語ると、市長は「まずはアメリカへ行ってみようと決断したことが立派です。マウンテンビュー市への訪問はいい経験になるはずです。充実した日々を過ごしてきてください」と激励しました。

7月25日(土)

  • 第10回ジュビロードいわた夏祭・しっぺい壮行会(ジュビロード南ステージ)
    JR磐田駅前のにぎわいづくりと中心市街地の活性化を目的として開催される「第10回 いわたジュビロード(天平通り)夏祭」に市長が出席しました。オープニングイベントでは、磐田市合併10周年を記念して、ソプラノ歌手の平尾亮子(ひらお りょうこ)さんが市歌を披露しまたほか、ひょうたん池の湧き水を使った「打ち水大作戦」が行われました。さらに、特設ステージでは、8月17日(月)から投票が始まる「ゆるキャラグランプリ2015」に向けてしっぺい激励会が行われました。
  • 第5回竜洋海洋フェスタ(しおさい竜洋
    竜洋海洋公園で開催された竜洋海洋フェスタに市長が出席しました。地元商店などによるさまざまな夜店や、掛塚祭屋台囃子や盆踊りが行われ、イベントの最後には500発の打ち上げ花火が夜空を彩りました。

7月26日(日)

  • 水防演習(天竜川池田河川敷)
    台風シーズンに備え、天竜川河川敷(磐田市池田)で行われた水防演習に市長が参加しました。万全の水防体制の構築を目指して、自宅の床下浸水を防ぐ簡易水防訓練や建設事業協同組合による大型土のう訓練等が行われました。

7月27日(月)

  • 定例記者会見(市役所)
    定例記者会見が行われ、市長から次の3点が発表されました。
    1.「岡山県玉野市」と友好都市提携へ
    2.磐田新駅設置事業基金を創設
    3.インターンシップ事業を実施
  • 第3回総合教育会議(市役所)
    第3回目となる磐田市総合教育会議に市長が出席し、市の教育の基本理念となる「教育大綱」を決定しました。大綱冒頭の宣言文に「生涯にわたり社会を生き抜く力を育成する」と明記し、そのために「いのち」「誇り」「礼節」「敬愛」「感謝」「こころざし」の6つを培う教育を進めていきます。

7月29日(水)

  • ヤング草莽塾入塾式(市役所)
    市内の高校生が市の抱える課題を自ら調査・研究するヤング草莽塾が今年度で4回目となり、市役所で入塾式が行われました。市内4高等学校から「我こそは」と集まった7グループ51名の塾生が「日本一住みたいまちをつくろう!」をテーマにアイデアを出し合います。
  • 広島平和祈念式典結団式(市役所)
    今年で6年目となる「広島平和記念式典小中学生派遣団結団式」が市役所で行われ、市長が出席しました。派遣される市内小中学生の代表33名が自己紹介で式典参加に懸ける思いを発表しました。

7月30日(木)

  • 防犯パトロール推進大会(福田地内)
    磐田市自治会連合会が主催する防犯パトロール推進大会が福田漁港で行われ、市長が出席しました。青色回転灯を装備したパトロール車が約100台集結し、200人を超える参加者を前に大会宣言がなされました。
    終了後、警察車両を先頭に青色パトロール車は次々とパトロールに出発しました。
  • 磐田新駅設置基金への寄付贈呈式(市役所)
    磐田市新貝土地区画整理組合の理事長を務める石野良隆さんから磐田新駅設置事業基金に100万円を寄付していただきました。市役所で行われた贈呈式で市長から感謝状が贈呈されました。今回の寄付金はJR東海道線の新駅設置経費に充てさせていただきます。

情報発信元
磐田市企画部 秘書政策課 市長公室 電話番号:0538-37-4801
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ