市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 市長の活動記録 平成27年9月

市長の活動記録 平成27年9月

このページの概要

市長の活動記録の一部を紹介し、広く市民の皆さんに市政の動きをお伝えするため、「市長の活動記録」を掲載しています。このページでは、平成27年9月の市長の活動記録の一部を紹介しています。

この期間の写真

この期間の主な活動記録

9月1日(火)

  • 総合防災訓練(防災センター
    巨大地震を想定した総合防災訓練が市役所で行われました。今回の訓練から、新たに発災後26時間を経過したと想定しての訓練が行われたほか、導入されたばかりの新防災情報共有システムの検証が行われました。訓練終了後、市長は職員に対する講評で「それぞれの役割をきちんと果たすことの大切さを再認識するように」と述べました。
  • 磐田市議会提言書提出(市役所)
    磐田市が公表した人口ビジョンと総合戦略の骨子案に対して、市議会の各委員会で調査・議論した内容をまとめた提言書が議長・副議長から提出されました。提言の内容は、「中東遠地域が連携して地方創生に取り組んでいかなければならない」とするもので、提言書を受け取った市長は、「できるだけ反映できるようにしていきたい」と述べました。

9月2日(水)

  • 定例市長会(沼津市
    「定例市長会議」が沼津市で開催され、市長が出席しました。会議では県予算に関する要望や東海市長会に提出する議案などを協議、確認しました。

9月5日(土)

  • 第28回東海道シンポジウム見附宿大会(ワークピア磐田
    「第28回東海道シンポジウム見附宿大会がワークピア磐田で開催され、市長が参加しました。このイベントは、東海道57宿場が毎年交代で行っており、本年の開催地が磐田市となりました。東京から大阪までの約30宿場から地域活性に取り組む約200人が集まり、親交を深めました。
  • 元気村音楽祭with軽トラ市(豊岡総合センター
    豊岡総合センターで市内外からトラック約80台が集結する「みんなで軽トラ市 いわた・とよおか夜店市」と地元のアマチュアバンドなどが出演する「第20回元気村虫の音音楽祭」が開催され、市長が訪問しました。多くの家族連れが買い物や音楽を楽しみました。

9月10日(木)

  • 交通死亡事故ゼロ連続200日達成表彰状伝達式(市役所)
    交通死亡事故ゼロの日数が連続で200日を達成できたことを受け、県交通安全対策協議会から優良市として表彰を受けました。磐田市で連続200日を達成したのは初めてとなります。表彰状を受け取った市長は「警察署や関係者の方が積み重ねてきた活動の成果です。200日達成をうれしく思います。」と述べました。

9月11日(金)

  • 道路・河川愛護活動に対する各種表彰受賞団体による市長表敬訪問(市役所)
    道路や河川の愛護活動に関する表彰を受けた市内の3団体が市役所を訪れ、受賞報告を行いました。市長は「多くの団体の皆さんが、地域のために活動してくださり本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を述べました。
    受賞団体
    県知事表彰:東大久保キレイにし隊(鈴木重男代表)
    県袋井土木事務所長表彰:石川建設株式会社(石川大造社長)
    県道路利用者会議会長表彰:豊田東小学校PTA(久嶋大祐会長)

9月15日(火)

  • 全国高等学校定時制通信制体育大会第48回ソフトテニス大会結果報告(市役所)
    磐田南高等学校定時制ソフトテニス部の選手が全国大会で準優勝に輝き、市長に結果報告をするため市役所を訪問しました。市長は「挑戦すること、感謝することをこれからも忘れずに出会いを大切に頑張ってください」と述べました。

9月16日(水)

  • 本会議(市役所)
    市議会定例会の一般質問(1日目)が行われました。人材の活用や子育てに関する松野議員の質問、防潮堤整備事業に関する太田議員の質問等に対して市長が答弁しました。

9月17日(木)

  • 本会議(市役所)
    市議会定例会の一般質問(2日目)が行われました。人口減少等の課題対応に関する小野議員の質問や市民サービスの充実と安全に関する高梨議員の質問に対して市長が答弁しました。

9月18日(金)

  • 本会議(市役所)
    市議会定例会の一般質問(3日目)が行われました。交流センターを活用した地域活性化に関する芥川議員の質問や漁港エリアの活性化に関する草地議員の質問に対して市長が答弁しました。

9月19日(土)

  • 竜洋体育センター完成記念式典(竜洋体育センター
    老朽化や耐震強度不足により、建て替え工事が行われていた磐田市平間の竜洋体育センターがこのほど完成し、記念式典が行われました。関係者とともにテープカットした市長は「子どもからお年寄りまで、この施設を大切に使ってほしい」と述べました。

9月20日(日)

  • いわた俳句大会「公開句会」(ワークピア磐田)
    合併10周年記念事業の一つであるいわた俳句大会「公開句会」がワークピア磐田で行われ、市長が出席しました。6名の選者によって前日夜の見付天神裸祭が吟行され、その折の句が会場で披露されました。
  • サッカーJ2リーグ磐田VS愛媛(ヤマハスタジアム)
    J1昇格に向けて熾烈な上位争いを繰り広げているジュビロ磐田のホームゲームを市長が応援のため観戦しました。試合は両チームの守備陣が奮闘し、こう着状態を保ったまま、0対0の引き分けに終わりました。

9月27日(日)

  • 中学生海外派遣団解団式(市役所)
    8月に台湾を訪問した市内の中学生海外派遣団の解団式が市役所で行われ市長が出席しました。派遣団の中学生12人から、ヤマハ発動機(株)の現地工場の見学や日本語を学ぶ台湾人大学生との交流などの活動報告を受けました。

9月29日(火)

  • 地方創生に係る相互協力及び連携に関する協定締結式(市役所)
    金融機関の情報や能力を生かしながら人口減少対策の実効性を高めるため、市内に本店または支店を置く9金融機関との間で「地方創生に係る相互協力及び連携に関する協定」を締結しました。協定書には産業振興・中小企業支援、就業支援・雇用促進、地域活性化、子育て・教育支援など幅広い連携事項が盛り込まれています。

9月30日(水)

  • 定例記者会見(市役所)
    定例記者会見が行われ、市長から次の3点が発表されました。
    1.磐田市制施行10周年記念式典
    ~今までも、これからも ずっと磐田~
    2.久保川治水プロジェクト主要幹線が完成
    ~磐田駅南側、浸水地域の解消へ~
    3.磐田市合併10周年記念
    磐田市5地区選抜グラウンド・ゴルフ大会を開催
  • ナゴヤランレディ表敬訪問(ジュビロ磐田メモリアルマラソン参加報告)(市役所)
    市と包括協定を結ぶポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)がサポートする女性のランニングチームとして結成された「ナゴヤランレディ」のメンバーが、11月に開催されるジュビロ磐田メモリアルマラソンに出場報告をするため市長を訪問しました。市長は「この大会は、地域の温かいおもてなしが特徴なので、きっと皆さんも好きになると思います。楽しんでください」と激励の言葉を述べました。

情報発信元
磐田市企画部 秘書政策課 市長公室 電話番号:0538-37-4801
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ