市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 市長の活動記録 平成27年11月

市長の活動記録 平成27年11月

このページの概要

市長の活動記録の一部を紹介し、広く市民の皆さんに市政の動きをお伝えするため、「市長の活動記録」を掲載しています。このページでは、平成27年11月の市長の活動記録の一部を紹介しています。

この期間の写真

この期間の主な活動記録

11月1日(日)

  • フェスティバル豊田(アミューズ豊田
    フェスティバル豊田」がアミューズ豊田で開催され、市長が会場を訪れました。地元の音楽団体の演奏や出展コーナー、消防はしご車の乗車体験などが催され、会場は多くの家族連れでにぎわいました。
  • エコパマーチングフェスティバル(エコパアリーナ)
    袋井市愛野のエコパアリーナで開催された「エコパマーチングフェスティバル2015」に出演した豊岡Jr.マーチングの演奏を市長が鑑賞しました。同イベントでは、全国大会でグランプリを通算13回獲得している「創価ルネサンスバンガード」がゲスト出演し、一流のパフォーマンスが披露されました。

11月3日(火)

  • ミュージカルの制服・マーチングの楽器贈呈式(アミューズ豊田)
    4月に開催された女子プロゴルフツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の際にいただいた市への寄付金で購入した「磐田こどもミュージカル」の新しい制服と「豊岡Jr.マーチング」の打楽器の贈呈式が、アミューズ豊田で行われ、市長が出席しました。両団体は、ヤマハ関係者に対して、今後も地域活性化のために活動を続けていくことを誓うとともに、新しくなった制服のお披露目やお礼の演奏を披露しました。

11月4日(水)

  • ヤマハ発動機ジュビロ表敬訪問(市役所
    ジャパンラグビートップリーグ2015-2016」の開幕を前に、ヤマハ発動機ジュビロのスタッフ・監督・選手が市長を訪問し、今シーズンの意気込みを語りました。市長は「昨年の実績をプレッシャーとせず、根強いラグビーファンが増えるよう、頑張ってください」と激励しました。
  • 女性防災クラブ知事褒賞受賞表敬訪問(市役所)
    女性防災クラブ連絡会での長年にわたる活動が評価され、会長の木村淑恵さん(加茂)が知事褒賞を受賞し、報告のため市長を表敬訪問しました。市長は「いろいろなご苦労があるかと思いますが、これからも防災意識を高めてもらえるように啓発活動をがんばってください」と激励しました。

11月5日(木)

  • 福田町中島地区農用地利用改善組合 津波対策事業基金 寄付贈呈式(市役所)
    本年7月に解散した福田町中島地区農用地利用改善組合から、防潮堤整備一助になればと、余剰金を津波対策事業基金に寄付していただきました。市長は、市役所を訪問した同組合の役員3名から寄付金を受け取り、「お気持ちが大変うれしいです。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べました。
  • 遠州広域行政推進会議(市役所)
    県中西部8市1町の首長が広域的な行政課題を検討する「第10回遠州広域行政推進会議」が市役所で開催されました。今回は、「広域連携による文化財の保護と活用」を議題として、各市町に眠っている文化財の掘り起しや活用についての意見が交わされました。

11月8日(日)

  • 岡山県玉野市との友好都市提携調印式(市役所)
    災害時の相互応援協定の締結で交流が深まっている岡山県玉野市と、このたび友好都市提携をすることになり、市役所で提携書の調印式が行われました。市長は「今後とも両市の友好関係が続くような交流をしていきたい」と述べ、黒田晋玉野市長と友好の握手を交わしました。
  • 磐田市制施行10周年記念式典(市民文化会館
    磐田市制施行10周年記念式典が市民文化会館で行われました。式典では、市勢功労賞や市民賞の表彰、玉野市との友好都市提携の発表、こども憲章、歌やダンスの披露などが行われ、多くの市民と一緒に節目の年をお祝いしました。

11月10日(火)

  • ねんりんピック弓道団体の部優勝報告(市役所)
    山口県下関市で開催された「ねんりんピック」弓道大会で静岡県チームが見事優勝し、メンバーとして出場した杉本信博さん(東原)が報告のため市役所を訪問しました。市長は杉本さんの偉業を讃え、「これからもぜひ続けてください」と激励しました。

11月13日(金)

  • 第5回いわた産業振興フェア(アミューズ豊田)
    「第5回いわた産業振興フェア」がアミューズ豊田で開催され、市長が出席しました。今回から開催期間が2日間に延び、出展社数も前年の120社から150社に増えました。さらに、これまでの企業間の交流だけでなく、将来の担い手となる大学生や高校生にも情報発信する機会が設けられました。

11月14日(土)

  • 青少年健全育成大会(なぎの木会館いさだホール)
    青少年健全育成大会がなぎの木会館で開催され、市長が出席しました。大会では、優良青少年の表彰や「子どもたちを取り巻くネット環境」をテーマとした講演会が行われました。

11月15日(日)

  • ジュビロ磐田メモリアルマラソン(ヤマハスタジアム)
    第18回ジュビロ磐田メモリアルマラソンが開催され、市長が開会のあいさつをし、スターターを務めました。今回は、過去最多となる11,140人が参加し、ジュビロ磐田の選手らとともに市内の各コースを力走しました。
  • スズキ(株)農業事業オープニングセレモニー(スズキ(株)二輪技術センター)
    浜松市北区に移転するスズキ(株)の二輪技術センター内の遊休地が、農業分野に活用されることになり、試験栽培の開始式に市長が出席しました。同社は3年以内の農地整備を計画しており、製造業で培ったノウハウを生かした自動化・省力化に優れた農機具の開発も行います。

11月16日(月)

  • 磐田青年会議所 津波対策事業基金 寄付金贈呈式(市役所)
    一般社団法人磐田青年会議所から、10月に開催された「いわたふれあい広場」で募った寄付金など114,407円を津波対策事業基金に寄付していただきました。寄付金の贈呈を受けた市長は「大変ありがたく思います」と感謝の言葉を述べました。

11月17日(火)

  • 磐田地区労働者福祉協議会・連合静岡中遠地域協議会要望書提出(市役所)
    磐田地区労働者福祉協議会と連合静岡中遠地域協議会から、雇用・労働政策や子ども・子育て支援策など、生活に密着した11の項目が記載された要望書が市長に提出されました。市長は「今までのやり方を変えるのは大変ですが、やれることはやっていきたい。」と述べました。
  • いわた消費者協会 3R推進協議会会長表彰受賞報告(市役所)
    ごみの減量に関する地道な地域活動に取り組んできたいわた消費者協会が、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞し、川島会長と伊藤副会長が市長に受賞報告を行いました。市長は「このような啓発活動は、子どもが小さい頃から実施していくことが大切です。皆さんの活動に感謝します。」と述べました。

11月18日(水)

  • 草莽塾最終発表会(市役所)
    草莽塾6期生による最終発表会が行われ、市長が出席しました。草莽塾は、若手職員の政策形成能力向上を図るため、本市が独自で行っている研修で、定住人口を確保するために約半年間かけて調査・研究してきた政策案が塾生から発表されました。

11月21日(土)

  • アピタ磐田店オープニングセレモニー(アピタ磐田店
    磐田市今之浦に建設されていたアピタ磐田店のオープニングセレモニーに市長が出席しました。テープカット終了後は、開店を待ちわびたお客様を関係者と一緒にお出迎えしました。市中心部の活性化が期待される同店は、旧店舗である「ピアゴ磐田店」の約3倍の面積を有し、50の専門店が各種サービスを提供します。
  • ラグビートップリーグホーム開幕戦 VS豊田自動織機シャトルズ(ヤマハスタジアム)
    「ジャパンラグビートップリーグ2015-2016」が開幕し、ヤマハ発動機ジュビロのホーム開幕戦を市長が観戦しました。ワールドカップでの代表選手の活躍で、ラグビー人気が高まる中、選手たちは詰めかけた観客の前で終始安定したプレーで勝利を収め、1週間前に行われたアウェイ戦に続き、開幕2連勝を飾りました。

11月22日(日)

  • ふるさとまつり2015(豊岡野球場
    豊岡地区の産業祭「ふるさとまつり2015」が豊岡総合センターで開催され、市長が会場を訪れました。地元に拠点を置く企業や団体など約40のブースが並び大勢の家族連れでにぎわいました。

11月23日(月)

  • ゆるキャラ(R)グランプリ2015in浜松(渚園(浜松市西区))
    磐田市イメージキャラクター「しっぺい」がエントリーした「ゆるキャラグランプリ2015」の決選投票が11月21~23日の3日間にわたって浜松市西区の渚園で開催されました。会場での投票数は地元浜松市の「出世大名家康くん」に次ぐ2位を記録し、最終日に激励に訪れた市長は、しっぺい人気の高さを再確認しました。
  • パブリックビューイング 磐田VS大分(最終節)(ヤマハスタジアム)
    ジュビロ磐田のJ1昇格をかけた大一番がアウェーで行われることから、ヤマハスタジアムでパブリックビューイングが行われ、市長が集まった約1,500人のサポーターとともに試合を観戦しました。試合終了間際の劇的な決勝ゴールで見事勝利し、念願のJ1昇格を果たすことができました。

11月24日(火)

  • NPO法人設立認証書授与式(団体名:ごゆるりと)(市役所)
    本年4月から、NPO法人の設立認証に関する事務が県から権限移譲されたことに伴い、磐田市が設立認証する第1号の団体に市長から設立認証通知書が授与されました。市長は「地域課題の解決のため、積極的に活動してほしい」と述べました。
  • ゆるキャラ(R)グランプリ2015しっぺいお出迎え(市役所)
    ゆるキャラグランプリのご当地部門で11位(総合12位)となった磐田市イメージキャラクター「しっぺい」を市長が出迎えました。惜しくも3年連続となるトップ10入りを逃しましたが、市長は「渚園では、初めてしっぺいを見た方にも『可愛い』と言ってもらえ、市民の自慢のキャラクターとして定着したと実感しました。応援団や職員が頑張った成果だと思います。」と感謝の言葉を述べました。
  • 職業訓練校技能五輪 出場表敬訪問(市役所)
    中遠建築高等職業訓練校の武田大将さん(城之崎)と石田幸佑さん(見付)が市役所を訪れ、「第53回技能五輪全国大会」建築大工部門の出場報告をしました。市長は「程よい緊張感を持って大会を楽しんできてください」と激励しました。

11月25日(水)

  • 記者会見(市役所)
    定例記者会見が行われ、市長から以下の2点が発表されました。
    1.磐田駅北口広場整備事業完成間近~市民に親しみやすく人が集う広場に~
    2.こどもの発達サポートガイド「ぽっかぽか」を発行~お子さんの発達を支援するための子育て情報~
  • 第1回ラグビーワールドカップ2019静岡県開催準備委員会設立総会(県庁
    ラグビーワールドカップ2019日本大会の試合会場の一つが袋井市のエコパスタジアムになることから、静岡県開催準備委員会が発足され、市長が県庁での初会合に出席しました。同委員会では、合宿誘致や観光、地域活性化等について県内一丸となって盛り上げるよう確認し合いました。
  • ジュビロJ1昇格報告会(ヤマハスタジアム)
    J1復帰を決めたジュビロ磐田の名波監督と選手全員による昇格報告会がヤマハスタジアムで行われました。市長は最後まで諦めずに戦い抜いた選手たちと、声援を送り続けたサポーターに感謝の言葉を述べました。選手たちは、雨にもかかわらず駆けつけた約3,000人のサポーターに来年のJ1での活躍を誓いました。

11月29日(日)

  • 堺武弥とゆかいな仲間たち いわたde音楽フェスタ(アミューズ豊田)
    指揮者の堺武弥さんを招いた「いわたde音楽フェスタ」がアミューズ豊田で開催され、市長が観覧しました。公募で集まったアマチュア演奏家約40組がプロの演奏家との共演を楽しみました。
  • 磐田市消防団への赤バイク寄贈式(ヤマハ発動機(株))(消防署
    ヤマハ発動機株式会社から磐田市消防団へ赤バイク(災害用二輪車)1台を寄贈していただき、市長が贈呈式に出席しました。赤バイクは、消防車両に比べて機動性に優れていることから、進入困難な場所への移動や情報収集での活用が期待できます。

情報発信元
磐田市企画部 秘書政策課 市長公室 電話番号:0538-37-4801
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ