市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 市長の活動記録 平成28年4月

市長の活動記録 平成28年4月

このページの概要

市長の活動記録の一部を紹介し、広く市民の皆さんに市政の動きをお伝えするため、「市長の活動記録」を掲載しています。このページでは、平成28年4月の市長の活動記録の一部を紹介しています。

この期間の写真

この期間の主な活動記録

4月1日(金)

  • しっぺいこども福祉基金寄付金贈呈式(市役所
    子育て支援を充実させるために創設した「しっぺいこども福祉基金」に「いわたゆるママサークル」から84,826円を寄付していただきました。また、寄付金の贈呈と併せて、サークル内で実施したアンケート結果をまとめた「磐田市の子育て環境に関する意見書」も提出されました。市長は、「ありがとうございます。寄付金の重さに、気持ちがこもっていることを感じます。大事に使わせていただきます。」とお礼の言葉を述べました。

4月3日(日)

  • 磐田市消防団辞令交付式(竜洋なぎの木会館 大ホール)
    磐田市消防団辞令交付式が竜洋公民館(なぎの木会館)で行われました。市長は退団された方々への感謝と、新入団員147名に対する激励の言葉を述べました。
  • ヤマハレディースオープン葛城フェアウェルパーティチャリティ授与式(葛城ゴルフ倶楽部)
    女子プロゴルフツアー・ヤマハレディースオープン葛城の最終日に、県及び本市を含む周辺5市町にそれぞれ100万円の寄付金が贈呈されました。この寄付金は主催団体から毎年いただいており、市の地域活性化のために大切かつ有効に使わせていただいています。

4月4日(月)

  • ジュビロ磐田メモリアルマラソン大会実行委員会(iプラザふれあい交流室)
    今年度の開催が19回目となるジュビロ磐田メモリアルマラソンの第1回実行委員会がiプラザで開催され、市長が出席しました。市長は大会会長として、「ジュビロマラソンはおもてなしの気持ちが伝わる大会だと全国から高い評価をいただいています。今年の大会も盛り上げてください。」と挨拶し、河島直明実行委員長に委嘱状を手渡しました。

4月6日(水)

  • 春の全国交通安全運動一斉街頭キャンペーン(古田クッキング交差点)
    春の全国交通安全運動が4月6日から15日まで実施されることに伴い、市内24カ所の主要交差点で「一斉街頭キャンペーン」が行われました。市長は、自治会連合会磐田警察署、交通安全協会の役員とともに通勤・通学者らに交通安全を呼びかけました。
  • 小学校・中学校入学式(豊田北部小 豊田中
    4月6日に市内の各小・中学校で入学式が行われ、豊田北部小学校、豊田中学校の入学式に市長が出席しました。昨年度制定したこども憲章の理念のもと、健やかに成長してほしいと祝辞を述べました。

4月8日(金)

  • ポッカサッポロ包括支援協定活動計画書提出(市役所)
    ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)から、市と締結している包括協定に基づく平成28年度実施事業の活動計画書が提出されました。今年度は、ジュビロ磐田ホームゲームの小学生一斉観戦などの継続事業に加え、健康な市民のすそ野を広げる活動として、各交流センターを拠点に開催している「まちの保健室」に同社の持つ健康ノウハウを提供していただきます。

4月9日(土)

  • 自治会連合会総会(アミューズ豊田 ゆやホール)
    磐田市自治会連合会総会がアミューズ豊田ゆやホールで開催され、市長が出席しました。市長は祝辞の中で、日頃の自治会活動への御尽力に対する御礼と感謝を伝え、更なる自主防災組織及び地域防災力の強化を図ることをお願いしました。

4月14日(木)

  • 磐田南高等学校マウンテンビュー高校生との交流会(磐田南高校
    マウンテンビュー高校(米国カリフォルニア州)との交流会が姉妹校である磐田南高校の体育館で行われ、市長が来賓として招待されました。市長は、「南高は素晴らしい生徒が多いので、短い期間でも磐田市の良さを伝えてもらえると思います。磐田市もマウンテンビュー市に負けないように頑張ります。」と歓迎の挨拶をしました。

4月15日(金)

  • 磐田駅北口広場ソロプチミスト記念品除幕式(磐田駅北口広場水場)
    磐田駅の玄関口として新しく整備された北口広場に国際ソロプチミスト磐田から水場を寄贈していただきました。
    この水場は、広場の利用者の手洗いや犬などのペットの水飲み場として役立つことを願い「友愛の水」と名付けられました。贈呈式で、市長は「認証30周年という記念の日に、市民が集う北口広場にこのようなすばらしい手洗い場を寄贈いただき、感謝申し上げます。大事に使わせていただきます。」と感謝の気持ちを伝えました。
  • 市勢功労章表彰式(山下六機様)(市役所)
    市の公益に寄与し、市政の進展に特に功績のあった方に贈られる「市勢功労章」が山下六機さん(国府台)に授与され、市役所で行われた表彰式で市長から表彰状を手渡しました。山下さんの受章は、永年にわたって市の交通安全活動に尽力されてきた功績が認められてのものです。市長は「地道な活動の大切さを感じます。本日はおめでとうございます。」と日々の活動へのお礼とお祝いの言葉を述べました。

4月16日(土)

  • 池田・熊野の長藤まつり開会式(行興寺境内)
    池田・熊野の長藤まつりの「開会式」が行興寺境内で開催され、市長が出席しました。「長丁場のイベントなので、関係者の皆さんは、盛大なフィナーレを迎えられるよう無理をせず楽しみながら頑張ってください。」と挨拶しました。

4月18日(月)

  • 下野部工業団地竣工式(下野部工業団地
    平成26年4月着工の下野部工業団地の造成工事が完了し、市長が竣工式に出席しました。市長は「地域の核として先月完成した豊岡中央交流センターに続いて、今度はこの地域の産業の核となる工業団地が完成し、大変喜ばしく思います。この団地が大きく成長できるようにこれからもご協力をお願いします。」と祝辞を述べました。

4月20日(水)

  • 空き家等の適正な管理の推進に関する協定書締結式(市役所)
    県内初となる「空家等の適正な管理の推進に関する協定書」の締結をしました。この協定は市とシルバー人材センターが相互に連携・協力して、空き家等の適正な管理を推進し、良好な居住環境の確保と安全で安心なまちづくりに寄与することを目的としています。市長は「協定締結に感謝します。よりよい住環境が維持できればと思います。相互に連絡を密に行って、空き家の適正な管理にご協力いただきたい。」と挨拶を述べました。

4月21日(木)

  • 遺族会総会(iプラザふれあい交流室)
    磐田市遺族会総会がiプラザで開催され、市長が出席しました。
    挨拶において市長は、戦没者の遺族として受けた苦痛を労い、将来を担う子どもたちに対する平和意識の醸成への協力をお願いしました。

4月23日(土)

  • 豊田みなみ保育園関係竣工式(豊田みなみ保育園
    豊田みなみ保育園の増改築竣工式が同園で行われ、市長が出席しました。市長は「素晴らしい園舎ができ、おめでとうございます。この園は、地域との交流も考えていただいている。これを新たなスタートとして、それぞれができることを頑張りましょう。」とお祝いの言葉を述べました。
  • いわた大祭り遠州大名行列(見付本通り)
    見付地区において第16回いわた大祭りが開催され、市長がオープニングセレモニーと大名行列の発駕式(はつがしき)に出席しました。オープニングセレモニーには約1,000人もの観客・出演者が集まり、市長は「磐田ここにあり、と九州まで届くような元気な姿を見せましょう。」と挨拶しました。

4月24日(日)

  • 青城地区「まちづくり協議会総会」(青城交流センター
    青城地区の第1回まちづくり協議会総会が青城交流センターで開催され、市長が来賓として出席しました。市長は「より良いまちづくりのために、見直すべきところは見直して、時代の変化に合わせていく必要があります。交流センターを地域の活動拠点として、大いに活用してください。」と挨拶しました。
  • 自由演奏会(アミューズ豊田)
    年齢や演奏レベルを問わずに、誰でも自由に演奏に参加できる「第12回 自由演奏会 in 磐田市豊田」がアミューズ豊田で開催されました。市長は、「毎年大勢の参加者の皆さんの演奏を楽しみにしています。」と挨拶し、最後の「世界に一つだけの花」の大合唱にも飛び入り参加して、盛大なフィナーレに華を添えました。

4月26日(火)

  • 定例市長会議(静岡市)
    定例市長会議が静岡市内で開催されました。会議では、会務報告の後、子育て支援策や保育士確保等の議案について協議をしました。

4月27日(水)

  • ジュビロ磐田ホームゲーム小学生一斉観戦 タオルマフラー贈呈式(市役所)
    ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)と市が締結している「連携と協力に関する包括協定」に基づき、5月21日(土)に行われる「ジュビロ磐田ホームゲーム小学生一斉観戦」に向け、タオルマフラーとポッカレモン100の贈呈式が行われました。市長は「ありがとうございます。より市民一体となってジュビロを応援していきたいと思います。」とお礼を述べました。

4月28日(木)

  • 定例記者会見(市役所)
    定例記者会見が行われ、市長から以下の3点が発表されました。
    1.磐田市公共施設等総合管理計画策定
    2.磐田スマートアグリカルチャー事業出荷開始(4月から順次開始)
    3.県西部初 土のうステーション設置

情報発信元
磐田市企画部 秘書政策課 市長公室
電話番号:0538-37-4801
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ