市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 市長の活動記録 平成28年6月

市長の活動記録 平成28年6月

このページの概要

市長の活動記録の一部を紹介し、広く市民の皆さんに市政の動きをお伝えするため、「市長の活動記録」を掲載しています。このページでは、平成28年6月の市長の活動記録の一部を紹介しています。

この期間の写真

この期間の主な活動記録

6月2日(木)

  • スマートアグリカルチャー磐田 キックオフ会議(磐田グランドホテル)
    スマートアグリカルチャー磐田による生食用ケールの販売開始に先立ち、関係者が一堂に会し、記者会見を行いました。ケールの販売は4月に設立されたスマートアグリカルチャー磐田の第1弾商品。地方創生、新産業の創造に向けて、市長も「ここから次世代型農業の拠点を実現したい。」と挨拶をしました。

6月3日(金)

  • あい愛コンサート寄付金 贈呈式(市役所
    磐田信用金庫主催の「第22回 いわしん あい 愛 コンサート」が開催され、そこで集まった募金を含む10万円がこのたび、市に寄付されました。同信金はこのコンサートと募金活動を毎年春・秋の2回行っており、寄付は今回で23回目です。いただいた寄付金は磐田市文化振興基金に積み立てられ、地域の文化振興に役立てられます。

6月5日(日)

  • 浜松交響楽団移動オーケストラ教室(神明中学校体育館)
    浜松交響楽団移動オーケストラ教室が、神明中学校で開催されました。これは、東部地区の4地区地域づくり協議会が主催したもので、地区内の児童・生徒及び保護者が参加しました。

6月6日(月)

  • 広域災害ネットワーク会議(主婦会館プラザエフ(東京都))
    市町村広域災害ネットワーク会議が東京で開催され、市長が出席しました。ネットワークの構成団体は、災害時に相互に救援協力し、被災団体の応急及び復旧対策を円滑に遂行することを目的として協定を締結しています。今年から鹿児島県阿久根市が加わり、構成団体は21市町になりました。当日は、各市町の首長等が集まり情報・意見交換を行い、あらためて協力体制の重要性を確認しました。

6月8日(水)

  • 全国市長会議(ホテルニューオータニ)
    第86回全国市長会議が東京で開催され、市長が出席しました。総会では、国への要請事項として、熊本地震への対応、東日本大震災からの復旧・復興及び福島第一原子力発電所事故への対応、地方創生の推進・分権型社会の実現、持続可能で安定的な社会保障制度の構築等の重要課題について決議されました。

6月9日(木)

  • 自衛官募集相談員委嘱伝達式(市役所)
    地域で自衛官の募集に協力していただく自衛官募集相談員の委嘱伝達式が行われました。
    市長は「被災地に行けば必ず自衛隊の話が出てきます。災害時の自衛隊の活動が、住民の安心感につながっています。優秀な若者が就職先の一つとして選んでもらえるように、ご尽力いただきたい。」と話し、一人ずつ委嘱状を交付しました。

6月11日(土)

  • (仮)磐田新駅・(都)磐田新駅南北連絡線設置事業起工式(新駅予定地北側)
    (仮)磐田新駅・(都)磐田新駅南北連絡線(自由通路)設置事業起工式が設置予定地(鎌田)で関係者ら約120人が出席して行われ、工事の着手を祝うとともに工事の無事を願いました。市長は「長年の皆さんのご尽力により、新駅の設置工事がいよいよ始まります。多くの人に愛され、地域の核となる駅にしていきたい。」とあいさつしました。式典では地元神明中学校の生徒7人が司会進行などを務め、地域全体の想いがつまった起工式となりました。

6月12日(日)

  • 豊浜交流センター起工式(旧豊浜幼稚園跡地)
    福田地区の新たな地区活動拠点となる(仮称)豊浜交流センターの起工式が行われ、市長ら関係者が出席しました。市内23番目の交流センターとして平成29年4月の開所を目指して工事が始まります。市長は「地域の皆さんに大いに活用してもらえる施設としていきたい。」と挨拶しました。

6月14日(火)

  • 災害支援に関する協定書締結調印式(ヤマト運輸)(市役所)
    市役所本庁舎でヤマト運輸(株)と災害時応援協定を締結しました。この協定により、災害発生時にはヤマト運輸(株)から、指定避難所への支援物資や資機材の配送について応援を受けるほか、支援物資集積所の運営について支援していただけます。市長は「市民の皆さんの安心に繋がります。ご協力よろしくお願いします。」とお礼と期待を述べました。

6月15日(水)

  • 2016磐田U-12国際少年サッカー大会 記者発表(市役所)
    7月30日から8月2日まで、磐田市を舞台に「2016磐田U-12国際サッカー大会」が開催されることになり、関係者が集まり、記者会見を行いました。この大会は、ジュビロ磐田をはじめとする国内のクラブチームに加え、韓国、中国、タイのチームも参加する国際大会です。市長は、「伸び盛りの磐田の子どもたちにトップチームの技量を目で見て、肌で感じる機会としてほしい。」と挨拶しました。

6月18日(土)

  • 磐田市自治会連合会防災講演会(竜洋なぎの木会館
    磐田市自治会連合会主催の防災講演会が竜洋なぎの木会館で開催されました。今年は、岩手県大船渡市の元公民館長の吉田様と車中泊で避難生活をされた川里様をお迎えし、ご講演いただきました。吉田様からは、避難所運営について規律の保持と情報の一元管理や、地域のリーダーの役割の重要性についてお話しいただきました。

6月20日(月)

  • 本会議(一般質問)(市役所)
    市議会定例会の一般質問(1日目)が行われました。行財政改革、公園の整備、公共施設等管理計画、幼稚園保育園の再編に関してなど、各議員の質問に対して市長が答弁しました。

6月21日(火)

  • 本会議(一般質問)(市役所)
    市議会定例会の一般質問(2日目)が行われました。磐田市の教育、小中一貫校構想、スポーツ環境や安心・安全のまちづくりなどの質問に対して市長が答弁しました。

6月26日(日)

  • 第66回静岡県ろうあ者大会(市民文化会館
    第66回静岡県ろうあ者大会が市民文化会館で開催され、市長が出席しました。当日は、県内の聴覚障害者や手話通訳者が参加し、災害時の情報保障体制の確立など9項目について決議しました。

6月29日(水)

  • ひょうたん池自然を考えよう会表敬訪問(市役所)
    ひょうたん池自然を考えよう会の皆さんが市長を訪問し、環境保全功労知事表彰受賞の報告をしました。同会が保全活動の一環として整備した水路は自然環境学習の場として地域に活用されており、ホタル観賞会や環境講座なども行われてきました。守屋会長は「これを励みに引き続き活動していきたい。」と述べられ、市長は感謝の意を表しました。
  • 6月30日(木)

    • 定例記者会見(市役所)
      6月の定例記者会見で、市長から次の3点が発表されました。
      1.(仮称)磐田市文化会館建設候補地決定
      2.2020年オリンピックサーフィンを磐田へ ~追加競技候補サーフィン誘致活動~
      3.下水道って、なぁに?小中学生へ出前授業 ~水環境の明るい未来のために~

    情報発信元
    磐田市企画部 秘書政策課 市長公室
    電話番号:0538-37-4801
    受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ