市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 定例記者会見

定例記者会見

このページの概要

直近の定例記者会見の内容を掲載しています。

平成29年度当初予算案記者発表

日時:2月9日(木)午後1時30分~
場所:磐田市役所4階 大会議室

映像配信

 

 

 ※動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
 ※過去の会見映像は「YouTube」磐田市公式チャンネル『磐田TV』でご覧いただけます。

映像をご覧になれない場合は、こちらをご覧下さい。

YouTubeの動画をご覧いただくには、Adobe Flash Player が必要です。パソコンにインストールされていない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

  
 

【当初予算案発表】

平成29年度当初予算の概要について
~優先施策(新規・拡充事業)~

概要

平成29年度予算は、「次の時代に引き継ぐことができる明るく元気な磐田市」、「たくさんの元気と笑顔があふれるまち 磐田」の実現を目指し、「子育て・教育のまちづくり」、 「安全・安心なまちづくり」、 「地域の自立と活力のあるまちづくり」、という、3つの基本目標を設定し、その達成に向けて、メリハリのある予算編成に努めました。

特徴

平成29年度予算の特徴としては、「子育て・教育なら磐田」の更なる前進に向けた新たな挑戦として、こども医療費の完全無料化などに取り組むほか、地域づくり応援一括交付金の創設や、大池周辺整備などの新規事業の実施に加え、JR新駅や(仮称)磐田市文化会館、ながふじ学府一体校などの大型事業が本格化することなどから、前年度比1.6%、9億6千万円の増額の626億2千万円となり、 合併後、最大の予算規模となりました。

詳細については近日公開予定です。

問い合わせ 企画部 財政課 電話0538-37-4883

平成29年度組織見直しについて
~行政課題に対応した組織改編~

概要

平成29年度の組織機構は、交流センターを核とした地域住民による活動や、スポーツ・文化を始めとした市民活動の支援、促進を目的とする「自治市民部」の設置(平成28年11月定例会で部設置条例が可決)を柱に、将来を見据えながら、また、直面する行政課題に対応した組織体制に見直します。

自治市民部の編成
  • ・自治市民部では、「地域づくり応援課」、「スポーツ振興課」、「文化振興課」を所管します。
  • ・「地域づくり応援課」は、現在の自治振興課と市民活動推進課を再編したものです。人口減少・少子高齢化が更に進むことで、今後、地域活動や地域コミュニティの疲弊が予想されます。反面、医療や福祉の分野では、地域が自ら考え行動することが今まで以上に求められます。 現在、行政から各地域に依頼している様々な活動を整理して負担を軽減するとともに、一括交付金制度の創設により地域活動の自由度を高めながら、地域が抱える課題の解決に向けた支援体制を整えます。また、生涯学習や多文化共生、男女共同参画については、交流センターを核とした事業展開を推進していきます。
  • ・スポーツ振興室を「スポーツ振興課」に改め、ラグビーワールドカップ・  東京オリンピックへの対応、卓球場・アーチェリー場建設など、新たなテーマに取組む組織の体制強化を図ります。更にスポーツ振興課には、「スポーツ戦略室」を設置し、磐田スポーツ部活の推進とビックイベントへの対応を図ります。
総務部内の再編
  • 国の「セキュリティ強靭化指針」への対応や、ビッグデータ・オープンデータへの取組みなど、新たな情報化施策を政策的、効果的に推進するため、情報システム課を「情報政策課」に改めます。また、マイナンバーカードの交付を所管する市民課を総務部に再編することで、カードの普及と利活用の推進に向け、部内での(総務課⇒マイナンバー制度総括、情報政策課⇒システム整備との)連携強化を図ります。
教育委員会事務局(教育部内)の再編
  • 「学府一体校構想」を踏まえた今後の学校給食のあり方の検討と、学校給食における労務管理体制の充実を図るため、学校給食管理室を「学校給食課」 に改めます。また、次代を担う青少年施策の見直しと整理、利用ニーズが高まる放課後児童クラブへの対応のため、教育総務課内に「児童青少年政 策室」を設置します。
問い合わせ 総務部 総務課 電話0538-37-4803

【追加項目】

(仮称)新磐田スマートIC供用開始に向けて
~道路線形の見直しにより、早期の供用開始を目指す~

概要

平成29年3月供用開始(開通)を目指して事業を行ってきましたが、用地の取得に時間を要しているため、道路の線形を見直し、事業を進めていく事となりました。ついては、供用予定時期を平成32年度(平成32年9月)へと変更します。

事業概要
  • 位置:磐田市敷地地内(新平山工業団地南側)
  • 供用予定時期:平成32年度 〔平成32年9月(当初 平成29年3月⇒3年6ヶ月延伸)〕
  • 運用形態:フルインター、24時間通行可、16.5m以下通行可
  • 事業費:来年度、修正設計で積算の予定
説明

 平成25年6月11日に国土交通大臣から連結許可を受け事業を進めてきました。しかしながら、用地買収に着手したところ交渉が難航し、平成29年3月の供用開始予定に間に合わない状況となっています。
 このため、早期の供用開始を目指すと共に、産業の活性化、雇用創出などを目的に、スマートICの道路線形と事業にかかる期間を再検討し、供用予定時期を平成32年度(平成32年9月)へと変更するものです。

変更内容
  • ・道路幅員を規格値の範囲内で設計変更
  • ・料金所をコンパクトに見直し
問い合わせ 建設部 都市整備課 電話0538-37-7174

配布資料

3月の主なイベント(PDF:316KB)
3月の行事予定表(PDF:115KB)

過去の定例記者会見

情報発信元
磐田市企画部 広報広聴・シティプロモーション課 電話番号:0538-37-4827
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ