市長の部屋

磐田市役所 ホーム > 市長の部屋 > 定例記者会見

定例記者会見

このページの概要

直近の定例記者会見の内容を掲載しています。

平成29年8月定例記者会見

日時:8月30日(水)午前11時00分~
場所:磐田市役所4階 大会議室

映像配信

 

 ※動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
 ※過去の会見映像は「YouTube」磐田市公式チャンネル『磐田TV』でご覧いただけます。

映像をご覧になれない場合は、こちらをご覧下さい。

YouTubeの動画をご覧いただくには、Adobe Flash Player が必要です。パソコンにインストールされていない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

  
 

【8月の市長報告】

1. ながふじ学府小中一体校整備いよいよスタート
 “平成33年4月開校目指す!”
~8月31日、基本設計策定に向け、建設検討会開始~

ながふじ学府一体校整備は、基本設計の策定に向けて業者選定を行い、地域住民、保護者、教職員の意見を吸い上げるため、「ながふじ学府一体校建設検討会」を立ち上げ、具体的な整備検討にはいります。 磐田市は、将来を生きる子どもたちのために、これからの未来に挑戦していきます。

ながふじ学府一体校はこんな学校に・・・
  • 地域とともにある地域に開かれた学校
  • 防災を考えた安全・安心な学校
  • 学級数や学年区分の変動等に対応する
  • 多機能で柔軟な教育空間をもつ学校
今後のスケジュール
  • 平成29年度 基本設計
  • 平成30年度 実施設計
  • 平成31~32年度 建設工事
  • 平成33年度 4月開校
これまでの経緯
  • 平成27年11月:「磐田市新たな学校づくり研究会」を立ち上げる 
  • 平成28年1月より:「ながふじ学府(豊田中学校区)において、同学府の地域住民や小中学校保護者、幼稚園・保育園の保護者を対象に「新たな学校づくり」について説明会を実施
  • 平成28年7月:豊田支部長、ながふじ学府3地区の地区長が要望書提出
  • 平成28年8月:ながふじ学府3小中学校のPTAから学府一体校建設に関する要望書提出
  • 平成28年9月:学識経験者、地域住民、保護者、教員等で構成する「ながふじ学府新たな学校づくり検討会」を立ち上げる
  • 平成29年2月:「磐田市新たな学校づくり研究会」の報告を受ける
  • 平成29年3月:「ながふじ学府一体校等整備基本構想」の策定
  • 平成29年7月: 設計業者選定
  • 平成29年8月:「久米設計 名古屋支社」と契約締結
問い合わせ 教育部教育総務課学府一体校推進室 電話0538-37-2115

2.「いわた子育てアプリ」サービス開始
~予防接種のスケジュール管理や子育て情報配信を充実~

目的
  • 妊娠期の健康管理や子どもの予防接種、健診記録の管理をサポートします。
  • 利用希望者は、基本アプリをダウンロードし、簡単なプロフィールや居住地の郵便番号を入力することで利用できます。
  • 平成29年9月1日サービス開始。
アプリの概要
  • 妊娠期の健康管理や子どもの予防接種、健診記録の管理をサポートします。
  • 利用希望者は、基本アプリをダウンロードし、簡単なプロフィールや居住地の郵便番号を入力することで利用できます。
  • 平成29年9月1日サービス開始。
主な機能
  • 子育て情報配信 子どもの年齢や居住地域に応じたイベント情報などをお知らせします。
  • 予防接種の管理機能 種類が多く複雑な予防接種のスケジュール管理を支援します。 生年月日を入力するだけで最適な接種スケジュールを教えてくれ、接種実績に応じて再スケジューリングにも対応します。
  • 子育て記録機能・家族間での共有機能 身長・体重や子育て日記の保存ができます。また、夫婦間や祖父母とも子ども  の成長記録を共有できます。
期待される効果
  • 子育てに関する情報がアプリに集約され、いつでもどこでも確認できます。
  • 年齢や居住地などで対象者を絞り、必要な情報を必要な人にプッシュ型で発信できることから、子育て情報の効果的な周知が可能となります。
  • 複雑な予防接種の管理や健診情報の記録ができるなど、母子手帳を補完する機能で、日々の子育てをサポートします。
  • 英語、ポルトガル語、中国語など11言語に対応し、多くの外国人市民の子育ても支援します。
問い合わせ こども部子育て支援課 電話0538-37-4896

配布資料

情報発信元
磐田市企画部 広報広聴・シティプロモーション課 電話番号:0538-37-4827
受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ