市民の皆さんへ

磐田市役所 ホーム > 市民の皆さんへ > 上水道 > 水道料金改定(平成30年4月1日)

水道料金改定(平成30年4月1日)

このページの概要

水道料金が変わります

安心・安全な水道水を安定して皆様にお届けするための財源を確保するため、平成30年4月1日から水道料金の改定をお願いすることになりました。
皆様に信頼される水道事業を目指し、今後とも一層努力してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。


水道料金改定の経緯

水道事業においては、平成21年3月に策定した「磐田市地域水道ビジョン」に基づき、老朽管施設の更新のほか、耐震化による災害に強い水道施設の整備を進めてきましたが、事業を継続していくには、さらに多額の資金が必要です。一方、財政状況は、経営の合理化に努めてきたものの、人口減少や節水機器等の普及により、根幹である水道料金は年々減少しており、大変厳しい状況になっています。
そのため、将来にわたり水道事業を健全に運営できるように「水道料金のあり方」について、昨年8月4日に磐田市上下水道事業審議会に諮問し、本年9月7日に答申をいただきました。答申では、事業継続には平成29年3月に策定した「磐田市水道事業ビジョン」に基づく施策の着実な推進が必要であるため、水道料金の改定は不可避であり、平成30年度から改定率15.7%を上限にさらなる経営努力により、できる限り改定率を引き下げるというものでした。
検討の結果、答申を尊重しつつ、市民生活や企業活動等への経済的な影響を考慮し、必要な事業費を確保したうえで、経営のさらなる効率化を図ることにより、10.7%の改定率での料金改定を行うことになりました。

※改定率は、料金収入全体で10.7%の増収を目標としたもので、一律10.7%の値上げではありません。 使用しているメーター口径や使用水量によって、お客様ごとの改定率は異なります。

改定の内容

  • 基本料金と従量料金の収入割合
    水需要の変動による料金収入の影響を抑えるため、基本料金収入割合を34%程度まで高めます。(現行約30%)
  • 基本水量の設定
    基本水量以下の利用者が増加している現状を考慮し、口径20ミリメートル以下については月8立方メートルの基本水量を維持しつつ、月4立方メートルの基本水量も加えた2段階制とし、口径25ミリメートル以上については、利用実態や制度の趣旨等から廃止します。
  • 従量料金の逓増度
    使用水量の変動による料金収入の影響を受けにくくするため、逓増度を引き下げます。
    (現行1.71⇒1.44)
    ※逓増度・・・水道料金の最高単価が最低単価の何倍になっているかを示した指標

料金表(旧料金との比較)

基本料金(税込み2カ月分)
口径 新料金 旧料金
13ミリメートル 1,836円(基本水量8立方メートルを含む)
2,268円(基本水量16立方メートルを含む)
1,748円(基本水量16立方メートルを含む)
20ミリメートル 2,268円(基本水量8立方メートルを含む)
2,700円(基本水量16立方メートルを含む)
2,160円(基本水量16立方メートルを含む)
25ミリメートル 3,564円 3,190円(基本水量10立方メートルを含む)
30ミリメートル 7,344円 6,068円(基本水量10立方メートルを含む)
40ミリメートル 16,200円 12,548円(基本水量10立方メートルを含む)
50ミリメートル 26,568円 20,056円(基本水量10立方メートルを含む)
75ミリメートル 66,096円 49,782円(基本水量10立方メートルを含む)
100ミリメートル 104,760円 77,760円(基本水量10立方メートルを含む)
従量料金(税込み1立方メートルあたり)
使用水量 新料金 旧料金
口径13~20ミリメートル 口径25~100ミリメートル 口径13~20ミリメートル 口径25~100ミリメートル
1~10立方メートル 基本料金に含む 90.72円 基本料金に含む
11~16立方メートル 基本料金に含む 92.57円
17~20立方メートル 90.72円 92.57円
21~40立方メートル 122.04円 119.31円
41~60立方メートル 136.08円 129.60円
61~100立方メートル 162.00円 154.28円
101~200立方メートル 181.44円 172.80円
201立方メートル~ 189.00円 181.02円

水道料金の計算方法

水道料金は、定額の基本料金と使用した水量に応じた従量料金からなっています。
基本料金は水道メーターの口径によって設定しています。また、従量料金は使用水量によって区画を設け、段階的に単価が高くなるように設定しています。

水道料金(税込2カ月分)=基本料金+従量料金
※1円未満切り捨て

水道料金の計算例(メーター口径13ミリメートルの場合

新料金の取り扱いについて

水道メーターの検針は2カ月に1回で、地区によって奇数月検針と偶数月検針がありますが、平成30年4月1日以前から継続して使用している場合、いずれも4月1日以降最初の検針分(4月検針分または5月検針分)までは旧料金で、新料金は6月以降の検針分から適用となります。
※平成30年4月1日以降、新たに水道を使用する場合には、4月分から新料金となります。

新料金の取り扱い

水道料金改定 Q&A

Q.
前回の改定はいつでしたか?
A.
消費税率の変更を除けば、前回改定したのは平成22年4月です。このときは、市町村合併後の料金統一と併せて平均9%の改定を行っています。
Q.
今までの料金とどのくらい違いますか?
A.
使用しているメーター口径や使用水量によって異なりますが、各口径の平均使用水量では下記のとおりとなります。

(2カ月分・消費税込)

メーター口径 使用水量 新料金 旧料金 (差額)
13ミリメートル 40立方メートル 5,071円 4,504円 (567円)
20ミリメートル 50立方メートル 6,864円 6,212円 (652円)
25ミリメートル 120立方メートル 20,649円 18,721円 (1,928円)
30ミリメートル 300立方メートル 57,844円 53,525円 (4,319円)
40ミリメートル 600立方メートル 123,400円 114,311円 (9,089円)
50ミリメートル 1,000立方メートル 209,368円 194,227円 (15,141円)
75ミリメートル 2,000立方メートル 437,896円 404,973円 (32,923円)
100ミリメートル 8,000立方メートル 1,610,560円 1,519,071円 (91,489円)

各メーター口径における主な使用水量での水道料金(比較)はこちらの水道料金早見表をご覧ください。

水道料金早見表(PDF:122KB)

Q.
どうして今、改定が必要なの?
A.
現在、市内にある水道管約1,400キロメートルの20%弱が耐用年数を超えた老朽管で、1年間で300件以上の道路漏水(発見されているものだけ)が発生しています。さらに30年後には全体の半数以上が老朽管になってしまう見込みで、水道管の更新や耐震化は待ったなしの状況にあり、更新や耐震化のペースを速めていく必要があります。
こうした老朽管の更新費用や耐震化の費用が今後ますます必要となっていく半面、ライフスタイルの変化などによる水需要の減少や人口減少などによって、水道事業は非常に厳しい経営状況にあるため、今回、水道料金の見直しを行うこととしました。
Q.
水道料金を改定しないとどうなるの?
A.
水道施設の維持管理・更新は皆様からいただいている水道料金によって賄われており、仮に水道料金を改定しない場合、磐田市の水道事業は数年後には赤字になり、水道施設や水道管の更新、耐震化などが実施できなくなるだけではなく、水道事業そのものが成り立たなくなる恐れもあります。
また、今回の料金改定を先送りすることは、将来の値上げ幅をより大きくしてしまうことにもなりかねません。
Q.
なぜ更新や耐震化のペースを速めなければならないの?
A.
現在のペースで老朽管の更新をしていった場合、すべての管を更新するのに約140年かかってしまいます。老朽管を放置しておくと、漏水による断水がたびたび発生し、皆様に安定して水を届けることができなくなる可能性があります。さらに、漏水の規模が大きくなると、道路が冠水・陥没し、事故や通行止めが起きる可能性もあります。
また、耐震化をしていないと大規模災害が発生した場合に、重要給水施設(指定避難所や救護病院等)への給水が途絶えたり、復旧に長時間を要したりと、市民生活や企業活動に多大な影響を及ぼすことになってしまいます。
Q.
税金を使って、水道料金を低く抑えられないの?
A.
水道事業は、事業経営に必要な経費を皆様からいただいている水道料金で賄うという「独立採算」で運営しています。
税金は福祉・教育・子育て・産業振興・公共施設の管理などの市民サービスに充てられていて、水道の財源不足を税金で埋めると、それらのサービスの低下を招いてしまうため、安易に市からの補助によって水道料金を低く抑えることは妥当ではありません。
Q.
近隣の市町と比較して磐田市の水道料金はどうなっていますか?
A.
使用しているメーター口径や使用水量によって違ってきますが、平均的な使用水量では次のとおりとなります。

(2カ月分・消費税込)

口径 使用水量 磐田市 浜松市 袋井市 掛川市 湖西市
13ミリメートル 40立方メートル 5,071円 4,232円 5,158円 6,480円 5,400円
20ミリメートル 50立方メートル 6,864円 5,690円 7,771円 8,280円 8,694円
25ミリメートル 120立方メートル 20,649円 18,530円 22,550円 24,716円 24,030円
30ミリメートル 300立方メートル 57,844円 57,520円 55,825円 64,932円 58,536円
40ミリメートル 600立方メートル 123,400円 123,724円 113,832円 134,570円 124,956円
50ミリメートル 1,000立方メートル 209,368円 215,092円 191,948円 227,350円 210,492円
75ミリメートル 2,000立方メートル 437,896円 447,940円 401,025円 463,516円 453,060円
100ミリメートル 8,000立方メートル 1,610,560円 1,774,180円 1,514,289円 1,810,988円 1,733,940円
改定日(消費税率変更は除く) 平成30年4月1日 平成19年7月1日 平成28年4月1日 平成20年4月1日 平成25年4月1日

なお、一般家庭(メーター口径13ミリメートル)で2カ月に40立方メートル使用した場合の県内平均が4,653円、全国平均が6,455円(いずれも平成29年4月1日現在)です。

Q.
下水道使用料(農業集落排水事業施設使用料)も変わりますか?
A.
下水道使用料(農業集落排水事業施設使用料)については、今回改定はありません。

情報発信元
磐田市環境水道部 水道課
電話番号:0538-58-3082

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

市民の皆さんへ
住民票・戸籍
保険
税金
環境
住宅
上水道
下水道
交通
出産・子育て
健康
福祉
スポーツのまちづくり
学習
協働のまちづくり
農業
広報いわた
文化・芸術
婚活
地域づくり

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず