市民の皆さんへ

磐田市役所 ホーム > 市民の皆さんへ > 出産・子育て > 医療費助成 > こども医療費

こども医療費

このページの概要

こども医療費助成の必要な手続きについて説明します。

対象者

磐田市に住所があり、15歳到達後最初の3月31日までの間にある子どもで、健康保険に加入している方。外国籍の子どもは3カ月を超える在留資格が必要。

助成額

医療機関などで受診した場合、保険診療自己負担額のうち下記の自己負担額を超える額を助成します。
(※健康保険からの給付金、特定初診料、食事療養費などは除く)

学校等の管理下におけるケガ等により日本スポーツ振興センターの災害給付制度が適用される場合は、こども医療費助成制度による給付は受けられません。医療機関等で受給者証を提示しないでください。

公費負担の医療(療育医療や特定疾患など)を受けて一部負担金を支払ったときは、その負担金全額を助成します。市窓口で助成申請をしてください。

対象児童 通院 入院 受給者証
発行
助成方法
未就学児
1回500円(500円未満の時はその額、月5回目からは0円)

1日
500円
通院 受給者証提示又は助成申請
入院 受給者証提示又は助成申請
※助成申請は、受給者証未使用、県外受診、保険適用補装具の支払い、公費負担医療を受けての一部負担金支払いの場合です。
小・中学生
1回500円(500円未満の時はその額)

手続きに必要なもの

【受給者証発行】

  1. 印鑑
  2. 子どもの健康保険証
  3. 保護者の所得課税証明書又は市県民税決定通知書(市外からの転入者)
  4. 保護者のパスポート(国外からの転入者)
    ※出入国日がわかるもの
  5. 保護者の通帳(ゆうちょ銀行以外)
  6. 子どもの在留カードや特別永住者証明書
  7. 保護者の個人番号が確認できるもの(個人番号カード、通知カードなど)
  8. 来庁者の身元確認ができるもの(個人番号カード、運転免許証など)

(注)こども医療の保護者は、両親のうち、どちらの医療保険に入るかで通常決まります。

【助成申請】申請期限は受診日・入院日から1年以内です。

  1. 印鑑 (スタンプ印不可)
  2. 子ども医療費受給者証
  3. 子どもの健康保険証
  4. 領収書
  5. 保護者の通帳(ゆうちょ銀行以外)
  6. 公費負担医療の場合は、それを証する書類
  7. 高額療養費に該当する場合は、高額療養費支給決定通知書

手続き・申請書ダウンロード

PDF
(88KB)
WORD
(39KB)
こども医療費受給者証交付申請書
PDF
(117KB)
WORD
(47KB)
こども医療費助成申請書

書類は医療機関等の領収書と共に提出してください。保険医療機関等記入欄の記入は不要です。

必要な人が安心して医療が受けられるように、適正な受診についてご理解とご協力をお願いいたします。

窓口(問い合わせ)

iプラザ(総合健康福祉会館)3階
子育て支援課
電話:0538-37-4896 FAX:0538-37-4631
福田支所1階
市民生活課 市民福祉グループ
電話:0538-58-2374 FAX:0538-55-2110
竜洋支所1階
市民生活課 市民福祉グループ
電話:0538-66-9109 FAX:0538-66-9120
豊田支所1階
市民生活課 市民福祉グループ
電話:0538-36-3155 FAX:0538-34-2496
豊岡支所1階
市民生活課 市民福祉グループ
電話:0539-63-0037 FAX:0539-63-0031

情報発信元
磐田市こども部 子育て支援課 iプラザ(総合健康福祉会館)内
電話番号:0538-37-4896

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

市民の皆さんへ
住民票・戸籍
保険
税金
環境
住宅
上水道
下水道
交通
出産・子育て
健康
福祉
スポーツのまちづくり
学習
協働のまちづくり
農業
広報いわた
文化・芸術
婚活

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

Web版いわたまちの話題

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず