市政情報

磐田市役所 ホーム > 市政情報 > 男女共同参画 > 男女共同参画センター「ともりあ」

男女共同参画センター「ともりあ」

このページの概要

男女共同参画センター「ともりあ」についてご紹介します。

平成27年度男女共同参画表現コンテスト入賞作品

絵画部門
最優秀賞
写真:江塚 琴葉さんの作品
江塚 琴葉さんの作品
「共に暮らす~我が家の役割分担~」
優秀賞
写真:平野 瑠音さんの作品
優秀賞
写真:林 彩香さんの作品
平野 瑠音さんの作品
「家族で協力」
林 彩香さんの作品
「笑顔と言葉で「育む」」
特別賞
写真:柴田 桃李さんの作品
柴田 桃李さんの作品
「みんなでおてつだい」

「ともりあ」とは?

男女が共に生き生きと暮らせる社会を実現するため、具体的な事業を展開する活動拠点として、平成19年6月に福田支所内に開設し、現在は豊田支所1階に移転しました。

所在地

〒438-8601 静岡県磐田市森岡150(豊田支所1階)
磐田市男女共同参画センター
電話番号:0538-37-4710 FAX番号:0538-37-5034

愛称「ともりあ」とは?

男女が共に生き生きと暮らせる社会をめざす場(エリア)であり、その活動にあかりをともすセンターになることをイメージしたもの。ひらがなで表記し、幅広い年齢の方から 親しまれるセンターを意識(イメージ)した愛称です。
※市民の公募作品60点の中から選ばれました。

ともりあの4つの機能

  1. 学習・研修 ~気づき、考え、行動する~
    講座やセミナーなどを企画・開催

    【ワークライフバランスや女性の活躍等についての講座を開催いたします。】

  2. 情報収集・提供 ~見つけて、集めて、広げる~
    情報発信や資料の収集と提供

    【男女共同参画に関する図書や他センターの資料や講座情報等も自由に閲覧できます。】

  3. 交流・活動支援 ~出あう、ふれあう~
    市民活動や団体同士のネットワークづくりの支援

    【交流・ミーティングスペースとしても利用できます。】

  4. 相談 ~相談する~

    自分の生き方、家庭の問題、仕事や健康の悩みなどを相談してみませんか。専門の相談員が相談に応じます。ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

    相談名
    電話番号
    時間
    女性相談室
    i(あい)プラザ(総合健康福祉会館)内
    電話相談/面接相談
    0538-37-4844
    9:00~17:00/毎週月~金曜日(祝日を除く)

今月のともりあ

ともりあ広場 2月の実施報告

  • 開催日:2月13日(土)10:00~12:00
  • 場所:ともりあ交流スペース(豊田支所1階)
  • 定員:20人(申込先着順)
  • 対象:どなたでも
    ※子どものみの場合は小学生以上

ともりあサポーター 汾陽次夫(かわみなみ つぎお)氏によるともりあ広場を開催しました。参加者からは、「いろいろなものが出来るということを知りました」「色紙に軽い方、重い方があるということが分かりました」「子どもには難しいようでしたが、できた物には興味があったようです」等の声が聞かれました。

牛乳パックを使ったサイコロパズルでは、サイコロ面と模様面を変身させるゲームをおこないました。参加者はゲームに楽しそうに取り組んでいました。また、折り紙を使って鳥を作りました。途中までの作り方は同じでオウムやカナリアを作ることができました。 写真:サイコロ作製の様子
【サイコロ作製の様子】
写真:折り紙で鳥を作製
【折り紙で鳥を作製】
写真:参加者が作製した作品
【参加者が作製した作品】

平成27年度 磐田市男女共同参画支援事業費補助金事業
第3回 いわたっ子サポーター応援講座を開催しました。

いわたっ子サポーター応援講座

  • 日時:2月13日(土)10時~12時
  • 講師:こうのとり豊田保育園 前園長 内藤かず子氏
  • 内容:『子どもたちとつきあうためのノウハウは?』
  • 場所:豊田支所2階 大会議室(磐田市森岡150)
  • 対象:子どもを大切にしたい人どなたでも
  • 参加費:無料
  • 定員:10~15名

2月13日(土)に豊田支所2階大会議室にて、第3回 いわたっ子サポーター応援講座「子どもたちとつきあうためのノウハウは?」を開催しました。

いわたっ子サポーター応援講座「子どもたちとつきあうためのノウハウは?」

今回は、「子どもたちとつきあうためのノウハウは?」ということで、参加者の悩みを聞き、助言をもらう形で講座が進められました。いろいろな意見が飛び交い、子どもたちとつきあうためにどのようなことができるかを学びました。また、同じ経験を持つ人の話を聞きあうことのできる貴重な機会にもなりました。参加者は「とてもよかった」と満足された様子でした。きっと子どもたちとつきあう上でのヒントをたくさん得られたことと思います。


女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)とは?

女性が個性と能力を十分発揮できる社会の実現に向け、国、自治体、民間事業主の責務を定めた法律(2015.8月成立)です。2016年4月までに三者に義務付けられる(労働者300人以下の事業主は努力義務)のは、①女性活躍の現状把握と課題分析(女性採用比率、勤続年数男女差、労働時間の状況、女性管理職比率等)、②行動計画策定と公表。行動計画の実効性を高めるため、数値目標設定を課しているのが特徴です。政府は、基本方針(2015.9)の中で、男女を通じた長時間労働是正など働き方改革や職場における固定的性別役割分担意識の解消等、事業主が行動計画策定で重視すべき観点を示しました。これまでの職業慣行・風土が、職業と家庭の両立を阻み、女性に就業継続や昇進を躊躇させ、さまざまなハラスメントに繋がる状況を踏まえたものです。業務配置や教育訓練の男女格差を生む背景となっており、改革は急務となっています。

女性の就業希望は、非労働力人口2,908万人のうち303万人です。

女性の活躍推進法が成立し、女性が働きやすくなる制度は整いつつありますが、現在の女性就業希望者は、総務省の「労働力調査(詳細集計)」(平成26年)によると、平成26年における女性の非労働力人口2,908万人のうち、303万人が就業を希望しています。現在、求職していない理由として「出産・育児のため」及び「適当な仕事がありそうにない」がそれぞれおよそ3分の1ずつを占めています。今後、制度だけではなく、就業したいと願う女性が希望通り就業できる社会になるといいですね。

女性就業希望者の内訳(平成26年)

平成27年度版 男女共同参画白書より

また、現在、育休を取って職場復帰した女性の割合は正社員が43%に対し、非正規社員はわずか4%です。この差が生じる背景に非正規雇用の女性が働きながら妊娠・出産することに企業の理解が進んでいないことが挙げられます。しかし、2017年度から厚生労働省が、非正規労働者が育児休業を取りやすくなるような制度に改める予定です。1年以上同じ企業で働いていて、子どもが1歳6ヵ月になっても働く予定ならば育休を取れるようにしたり、介護や子どもの介護のための休暇も半日単位で取れるようにします。働く人の仕事と育児・介護の両立がしやすくなっていくと思われます。

★育児・介護休業法の改正案の主な内容★
【育休取得】

  • 「同じ企業で1年以上就労中」「子が1歳6ヵ月になっても働く予定」の2条件を満たせば取得可能になる
  • 短時間勤務制度の対象となる子の年齢を「3歳未満」から引き上げることを検討する。

【介護】

  • 介護休業を3回まで分割で取得可能にする(通算93日まで)
  • 介護休業を取得できる対象家族の拡大。別居の祖父母や兄弟も対象となる
  • 申し出から最低3年間は、介護の為に労働時間の短縮することが可能となる

現在、就業中の女性は増えてきていますが、活躍している身近な手本となる人がいないことも問題となっています。21世紀職業財団「若手女性社員の育成とマネジメントに関する調査研究」(2014年11月~2015年1月の調査)によると、「子育てをしながら仕事を続けることに不安を感じるか」との質問に若手女性の58%が「不安はある」と回答しています。これは、男性の2倍以上にあたります。不安の要因としては、出産・子育てをしながら仕事を両立している参考となる人が身近にいないことが挙げられています。女性が社会で活躍するためには、身近なロールモデルを作ることも大切なことのひとつのようです。

子育てをしながら仕事をするのに不安を感じるか?

公益財団法人 21世紀職業財団
「若手女性社員の育成とマネジメントに関する調査研究」より

それはどんな不安ですか?(複数回答)

公益財団法人 21世紀職業財団
「若手女性社員の育成とマネジメントに関する調査研究」より

あざれあの本を貸出中です。

あざれあ図書室の本を“ともりあ”でも借りることができます。
3月~4月は『ともりあベストセレクション』として本年度、ともりあで多くの方に借りていただい書籍「プレジデントウーマン」「30歳からますます輝く女性になる方法」などの書籍を計30点、貸出中です。一度、読んだ方もまだ読んでいない方も是非、この機会に本を読んでみませんか?
ぜひ、ともりあへお越しください。

あざれあの本がやってきた!

  • パック名 『平成27年度 ともりあベストセレクション』
  • 日時:3月1日(火)~4月25日(月)
    日曜・祝日を除く8時30分~17時まで
  • 場所:ともりあ図書スペース
  • その他:2週間を限度にお一人様2冊まで貸出し可能。
    ※「あざれあ」とは:静岡県の男女共同参画センターのこと

~こんな書籍・絵本があります~

こんな書籍・絵本があります

○あざれあパック 書籍一覧○

No. 順位 タイトル 著者 種別 内容
1 1 ママ、今日からパートに出ます! 野原広子//著 コミック WLB
2 2 ママでいるのがつらくなったら読むマンガ 山﨑洋実//著 コミック WLB、子育て
3 3 プレジデントウーマン プレジデント社 雑誌 WLB
4 3 30歳からますます輝く女性になる方法 小室淑恵・大塚万紀子//著 書籍 WLB
5 3 人づきあいのレッスン 和田裕美//著書 書籍 WLB
6 3 おによりつよいおよめさん 井上ようこ//作・吉田尚令//絵 絵本 ジェンダー
7 3 パパ・カレー 武田美穂//作 絵本 ジェンダー
8 3 うるわしのセモリナ・セモリナス アンソニーL.マンナ//再話 他 絵本 ジェンダー
9 4 ノルウェーを変えた髭のノラ 三井 マリ子 書籍 男女共同参画
10 4 産む・産まない・産めない 松岡悦子 書籍 男女共同参画
11 4 ふたりのママから、きみたちへ 東 小雪・増原裕子 書籍 男女共同参画
12 4 ふたりの子育てルール 治部れんげ 書籍 男女共同参画
13 4 ビッグツリー 佐々木常夫 書籍 男女共同参画
14 4 主婦が、仕事を、探すということ。 ウインズ望月恭子と就活中の主婦たち//編著 書籍 WLB
15 4 ペコロスの母の玉手箱 岡野雄一//著 コミック WLB、介護
16 4 おさらをあらわなかったおじさん フィリス クラジラフスキー//文 絵本 WLB
17 4 【DVD】最高の人生の見つけ方 ワーナー・ホーム・ビデオ/発行者 DVD WLB、終活
18 4 「メス」失格 対馬ルリ子//著 書籍 WLB、こころ・からだ
19 4 働き女子の不調ケア&リラックス大全 書籍 WLB、こころ・からだ
20 4 40歳からの女性の不調にやさしく効く漢方の本 松村圭子//著 書籍 WLB、こころ・からだ
21 4 リーママザベスがあなたを救う! 博報堂リーママプロジェクト//著 書籍 WLB、こころ・からだ
22 4 パパごはんカレごはん 横森理香//著 書籍 WLB
23 4 頑張らなくてもできる介護 山崎えり子//著 書籍 WLB、介護
24 4 女性のためのセルフ・エスティーム ステファニーW.ディロンほか//著 書籍 WLB
25 4 ビジュアルムダとり時間術 渥美由喜//著 書籍 WLB
26 4 この本よんで!PaPa's絵本33 安藤哲也//著 書籍 絵本ガイド
27 4 いつもみていた:ゆめをかなえた女の子 ジャネット・ウィンター//作 絵本 ジェンダー
28 4 わたしはとべる マリー・ブレア//絵、ルース・クラウス//文 絵本 ジェンダー
29 4 おとうさんもういっかい3 はたこうしろう//作絵 絵本 ジェンダー
30 4 とっときのとりかえっこ サリーウィットマン//ぶん 他 絵本 ジェンダー

「今月のともりあ」バックナンバー

平成28年1月のともりあ 平成28年2月のともりあ  
平成27年10月のともりあ 平成27年11月のともりあ 平成27年12月のともりあ
平成27年7月のともりあ 平成27年8月のともりあ 平成27年9月のともりあ
平成27年4月のともりあ 平成27年5月のともりあ 平成27年6月のともりあ
平成27年1月のともりあ 平成27年2月のともりあ 平成27年3月のともりあ
平成26年10月のともりあ 平成26年11月のともりあ 平成26年12月のともりあ
平成26年7月のともりあ 平成26年8月のともりあ 平成26年9月のともりあ
平成26年4月のともりあ 平成26年5月のともりあ 平成26年6月のともりあ
平成26年1月のともりあ 平成26年2月のともりあ 平成26年3月のともりあ
平成25年10月のともりあ 平成25年11月のともりあ 平成25年12月のともりあ
平成25年7月のともりあ 平成25年8月のともりあ 平成25年9月のともりあ
平成25年4月のともりあ 平成25年5月のともりあ 平成25年6月のともりあ

講座・イベント情報

お問い合わせ
磐田市男女共同参画センターともりあ
電話番号:0538-37-4710 FAX番号:0538-37-5034

「講座・イベント情報」バックナンバー

平成27年度の講座・イベント情報
平成26年度の講座・イベント情報
平成25年度の講座・イベント情報

「ともりあ」からのお知らせ

ともりあ図書コーナー

ともりあ図書コーナーでは、男女共同参画関連の専門書や絵本の貸し出しをしています。ぜひ、ご利用ください。

開場

開場時間 月~土曜日8:30~17:00
貸出期間 2週間
貸出冊数 1人2冊まで
蔵書一覧 図書資料一覧(PDF:259KB)
絵本一覧(PDF:83KB)
コミック本一覧(PDF:16KB)
AV資料一覧(PDF:61KB)
その他 ビデオ・DVDの貸し出しについては、ご相談ください
全国のセンター情報誌、新聞切り抜きスクラップなども閲覧できます

男女共同参画意識啓発用パネル貸し出しについて

写真:花子さんと太郎さんの人生
男女共同参画を広める目的としたパネルを作成しました。イラストを用いてわかりすい内容になっています。講座や講演会、イベントなどに御活用ください。 (84cm×60cm 11枚)

パネル 内容
花子さんと太郎さんの人生 表紙
幼児期 「女らしさ」「男らしさ」は日々つくられる
児童期 メディアがつくるジェンダー
青年期 デートDV
大学 社会から期待される進路
職場 女と男の背負っているもの
家庭 家事の時間?
男の老後 男の老後の困りごと=生活の自立(家事)
女の老後 女の老後の困りごと=経済の自立(お金)
決定権 女と男は半分ずつ?
男女共同参画社会 職業選択の自由 労働時間の短縮 
同一労働同一賃金 家事・育児の分担

※「花子さんと太郎さんの人生」手引書もあわせて貸し出します。

パネル貸し出しの申込方法について

  • 下記の申込用紙に記入の上、FAXまたはEメールでお申し込みください。
    FAX:0538-37-5034 Eメール:danjo@city.iwata.lg.jp
  • 申込団体が重なった場合は、申込期日の早い団体が優先となります。
  • 貸し出しは無料ですが、運搬にかかる費用は借り受けた方の負担となります。

パネル貸し出し申込書(PDF:13KB)

センター利用登録会員・団体・サポーターを募集

センターの設置目的に賛同する方や団体を募集します。

※ 設置目的:磐田市男女共同参画推進条例(平成18年4月1日施行)の基本理念に基づき、男女が共に生き生きと暮らせる社会を実現するための推進拠点として、センターを開設しています。

男女共同参画センターの事業に、無理なく楽しんで参加できるサポーターを募集します。

情報発信元
磐田市 市民部 市民活動推進課 協働・共生社会推進グループ
電話番号:0538-37-4710

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

市政情報
市役所・支所
広報
情報公開・個人情報保護
職員給与・待遇
選挙
パブリックコメント
審議会・委員会
男女共同参画
多文化共生・国際交流
総合計画
財政
改革への取り組み
ふるさと納税
監査
市政モニター
第三セクター決算の電子公告
EVに係る取り組み
スマートIC設置に係る取り組み
「内陸のフロンティア」を拓く取組
まちづくり人材育成
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)
オープンデータ
企業との連携と協力
地方創生
まちづくりに係る取り組み

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

Web版いわたまちの話題

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず