市政情報

磐田市役所 ホーム > 市政情報 > 職員給与等 > 職員互助会

職員互助会

このページの概要

職員互助会および福利厚生制度全般について説明します。

市町村の福利厚生制度

市町村の福利厚生制度は、地方公務員法第42条(厚生制度)により、職員の保健、元気回復その他厚生に関する事項について計画を樹立し、これを実施し なければならないとされています。

市町村が実施する福利厚生事業の一つとして、「職員互助会」がありますが、その事業内容は、各自治体の自主性や創意工夫等に負うところが多いものとなっています。

互助会の設置については、市町村の条例を根拠に独立した組合組織として設立されており、費用については、職員の掛金と市町村が福利厚生費として予算 から支出する補助金をもって充てられています。

また、互助会の事業内容は、職員の冠婚葬祭に際しての給付や元気回復(文化・レクリエーション)事業が行われることが多くなっています。

旧磐田市外2組合職員互助会

旧磐田市職員互助会は、昭和33年に設立し、地方公務員法第42条(厚生制度)の規定の趣旨に基づいて、職員の相互共済及び福利増進を図ることを目的として事業を展開してまいりました。

当時の旧市互助会の場合は、各種給付事業の内、会員にとって公平性を保つことができるものとして、脱退慰労金の給付に重きを置いた事業を展開してい た経緯がありました。

 

なお、事業費については、職員の掛金(給料の1/100)及び掛金と同額の市補助金等によって運営されていました。

脱退慰労金の支給経過

平成17年4月1日に磐南5市町村が新設合併することにより、旧磐田市が消滅し、旧磐田市職員も失職することになることから、当時の旧磐田市職員互助会規約に基づき、会員でなくなる者に給付される脱退慰労金を理事会・代議員会の 協議を経まして、平成17年3月に対象となる全職員に支給したものです。

脱退慰労金の返還状況

旧磐田市外2組合職員互助会が支給した脱退慰労金支給の公費負担相当分の返還状況について市民の皆様に経過を報告いたします。

平成27年4月30日時点で、返還すべき金額の97.8%が返還又は返還手続きが完了しております。

その内訳につきましては、約4億8,725万円(1,252人)が返還され、約2,185万円(69人)については返還の手続きが完了しており、返還の見込みとなっております。

返還については、職員の生活に配慮しながらも、速やかに終了するよう、引き続き要請を行い、皆様の信頼回復に努めてまいります。

磐田市外1組合職員互助会

情報発信元
磐田市役所 総務部 職員課
電話番号:0538-37-4807

受付時間:午前8時30分~午後5時15分
メールアドレス:shokuin@city.iwata.lg.jp

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

市政情報
市役所・支所
広報
情報公開・個人情報保護
職員給与・待遇
選挙
パブリックコメント
審議会・委員会
男女共同参画
多文化共生・国際交流
総合計画
財政
改革への取り組み
ふるさと納税
監査
市政モニター
第三セクター決算の電子公告
EVに係る取り組み
スマートIC設置に係る取り組み
「内陸のフロンティア」を拓く取組
まちづくり人材育成
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)
オープンデータ
企業との連携と協力
地方創生
まちづくりに係る取り組み

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

Web版いわたまちの話題

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず