市政情報

磐田市役所 ホーム > 市政情報 > 財政 > 補正予算 > 平成24年度補正予算

平成24年度補正予算

このページの概要

市の平成24年度の補正予算についてお知らせします。補正予算の概要をPDFファイルで閲覧することも可能です。

2月補正予算

6号補正の主な内容は、障害者福祉費及び保育園費における決算を見込んだ扶助費の増額、土地開発公社の長期保有地を解消するための買い戻しに要する経費の追加、次年度以降の財政負担の軽減や市債残高抑制のための市債の繰上償還に要する経費の追加などです。これらの財源は、市税、地方交付税、国・県の支出金等を充てます。

7号補正の内容は、各科目の決算見込みを予算額に反映させる精算補正であり、歳入は、歳出の精算に伴う国・県支出金等の補正、歳出は、決算見込みによる不用額の減額が主な内容です。なお、補正予算全体の収支調整については、財政調整基金繰入金の減額により行います。
また、特別会計補正予算の内容は、平成23年度決算に伴う精算に要する経費の補正です。

8号補正は、国の緊急経済対策を柱とする補正予算に対応し、事業の前倒し実施等の予算措置が必要な経費について追加で補正するもので、主な内容は、教育施設の地震対策事業などの国庫補助事業等です。これらの財源については、国・県支出金や市債等を充てます。

11月補正予算

主な内容は、人事異動等に伴う人件費の減額、太陽光発電による新エネルギー施設の設置事業に対する支援及び遠州漁業協同組合が実施する製氷施設の整備に対する支援経費の追加などです。なお、補正予算全体の収支調整については、臨時財政対策債の減額により行います。
また、特別会計補正予算の内容は、人事異動等に伴う人件費の補正等です。
※上記とは別に、12月16日執行の衆議院議員総選挙に必要な経費に係る補正予算を11月16日に専決処分しています。

9月補正予算

主な内容は、防災センター及び津波避難タワーの建設費、津波避難施設整備事業費補助金、防災ラジオ整備事業費の増額、民間認可保育園が実施する施設整備に係る補助金の追加、災害による断水時の生活用水給水機能を持つ特殊小型動力ポンプ付き水槽車の導入に要する経費の追加、台風4号により被害を受けた公共施設の復旧に要する経費の追加、次年度以降の財政負担の軽減や市債残高抑制のための市債の繰上償還に要する経費の追加などです。これらの財源は、県支出金や特別会計の決算による繰入金の増額分等に加え、前年度繰越金を充てます。
また、特別会計補正予算の内容は、国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計については平成23年度決算に基づく精算等に要する経費、駐車場事業特別会計については消火設備凍結防止対策に要する経費、病院事業特別会計については公立病院が行う地域医療連携システム導入に要する経費及び医師確保のための専門医研修訓練機器の整備・充実に要する経費です。

6月補正予算

主な内容は、新規就農者の経営が軌道に乗るまでの間の支援に要する経費の追加、スマートインターチェンジ制度実施要綱で定める広域的な交通量推計や、設置費用の分析データ等の調査に要する経費の追加などです。これらの財源は、県支出金と財政調整基金繰入金を充てます。
また、特別会計補正予算の内容は、介護保険事業特別会計における制度改正に伴うシステム改修に要する経費です。

5月補正予算

今回の補正は、3月末に国が公表した南海トラフにおける巨大地震発生時の津波高に関する推計結果を受けて、市民の不安を少しでも解消するため、緊急に実施するものです。主な内容は、津波避難タワーの建設に要する経費の追加、民間事業者等が実施する津波避難施設の整備費補助金の追加などです。これらの財源は、県支出金と財政調整基金繰入金を充てます。

情報発信元
磐田市企画部 財政課
電話番号:0538-37-4883

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

市政情報
市役所・支所
広報
情報公開・個人情報保護
職員給与・待遇
選挙
パブリックコメント
審議会・委員会
男女共同参画
多文化共生・国際交流
総合計画
財政
改革への取り組み
ふるさと納税
監査
市政モニター
第三セクター決算の電子公告
新産業創出に係る取り組み
スマートIC設置に係る取り組み
「内陸のフロンティア」を拓く取組
まちづくり人材育成
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)
オープンデータ
企業との連携と協力
地方創生
まちづくりに係る取り組み

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず