企業版ふるさと納税をお願いします

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002782  更新日 2018年8月25日

印刷大きな文字で印刷

企業版ふるさと納税制度について説明します。

企業版ふるさと納税とは

地方創生の取組を加速化させるために、平成28年度税制改正において設けられた、地方公共団体が行う地方創生事業に対する法人の寄附を促す制度です。
この制度は、法人が、市の定めた地域再生計画(国に認定されたもの)に記載された「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に関連する寄附を行った場合に、課税の特例措置が受けられるというものです。
本市では、「スポーツを生かした交流によるにぎわいの創出計画」が認定されました。

スポーツを生かした交流によるにぎわいの創出計画

写真:水谷隼選手・伊藤美誠選手のパレードの様子

本市では、市内の小学5、6年生によるジュビロ磐田ホームゲームの一斉観戦の実施、ジュビロマラソンの開催、通学する中学校に希望する部活がない生徒の運動・スポーツ機会の確保のために、学校部活動の枠を超えた「磐田スポーツ部活」を設置するなど、スポーツを中心としたまちづくりを行なっています。
さらに、リオデジャネイロオリンピック2016の卓球競技でメダルを獲得した水谷隼選手、伊藤美誠選手の出身地であることから、卓球を「磐田ブランド」として市内外に広め、スポーツ(卓球、アーチェリー、サッカー、ラグビー)を生かした、にぎわいを創出することにより、交流人口の増加を図るとともに、将来的な市への移住・定住の促進を目指します。

主な事業

イラスト:卓球場のイメージ図

  1. 卓球場・アーチェリー場の整備
  2. スポーツ合宿の積極的な受け入れ
  3. 卓球場を活用したイベントの実施
  4. アーチェリー大会の開催
  5. 「卓球競技におけるオリンピックメダリストを輩出したまち」を全国にPR
  6. 全国大会に出場する選手の育成

問合先

磐田市企画部秘書政策課 ふるさと納税担当
電話:0538-37-4805
ファクス:0538-46-8954

寄附のお申込をいただいた企業のご紹介

寄附をいただき誠にありがとうございます。ここでは、寄附のお申し込みをいただいた企業をご紹介いたします。 なお、公表については、ご了承をいたいただ企業のみ掲載させていただきます。

矢作建設工業株式会社 様

所在地
愛知県名古屋市東区葵三丁目19番7号
代表者
取締役社長 高柳充広
寄附金額
500万円
事業内容
土木、建築、その他建設工業の企画、施工等
その他
矢作建設工業株式会社様は、現在、分譲中の下野部工業団地の事業主であり、同工業団地への企業誘致を磐田市と共に取り組んでいただいています。詳しくは、下記をご参照ください。

有限会社ファイブエム 様

所在地
兵庫県西宮市羽衣町5番17-201号
寄附金額
300万円
事業内容
不動産の賃貸、管理、売買及び仲介

企業版ふるさと納税の制度の概要

税制措置のポイント

1,000万円の寄附をした場合

  • 既存制度部
    損金算入による軽減効果(約3割) 国税+地方税 300万円控除
  • 新たに創設された分
    • 税額控除(2割) 法人住民税+法人税 200万円控除
    • 税額控除(1割) 法人事業税 100万円控除
  • 企業負担 4割 400万円の負担

注意

※磐田市に本社がある企業は対象となりません。
※10万円以上の寄附が対象となります。

制度活用の流れ

フロー図:地方公共団体が地方版総合戦略を策定し、地域再生計画を作成します。内閣府に認定された地域再生計画に企業が寄附を行うと、法人税や法人住民税、法人事業税の税額控除が受けられます

寄附を行っていただいた企業は、

  • 寄附に対する税負担の軽減効果が従来の2倍
  • 地方創生の取組に貢献する企業としてのイメージアップ

のメリットがあります。

情報発信元

企画部 秘書政策課 政策・行革推進グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎4階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4805
ファクス:0538-36-8954
企画部 秘書政策課 政策・行革推進グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。