定例記者会見(平成30年11月)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1006273  更新日 2018年12月5日

印刷大きな文字で印刷

日時:11月30日(金曜)午前11時~
場所:磐田市役所 本庁舎4階 大会議室

映像配信

11月の市長報告

1.「にこっと」で心を込めたメッセージを手渡し ~12月1日から中学生スタートアップ応援事業がスタート!~

磐田市では、人生の新たなステージへと進む中学校入学を迎える児童の門出を応援するとともに、子育て家庭の経済的負担を軽減し、子育ての充実を図る目的で中学生スタートアップ応援事業を実施します。受付の際に、子どもたちへの応援の気持ちをメッセージに込めひとりひとりに手渡しします。
12月1日、受付初日に「磐田市長 渡部修」自ら中学生にメッセージを手渡します。

応援メッセージについて

  • 市民代表者が、子どもたちに向けて、応援する気持ちを筆に載せメッセージを書きました
    ※主な市民代表者:議員、小中学校長、自治会連合会 など173名
  • こども部内でどんなときも、いつも子どもたちに寄り添ってくれるメッセージを募集しました
  • 91案の中から三役(市長・副市長・教育長)が5案を選定し、全市役所職員にアンケートをとり、最終メッセージ1つを決定しました

市民からの応援の言葉(エール)を募集

市内公共施設(本庁舎、各支所、交流センター、図書館、にこっと)において、新中学生に向けた応援の言葉を募集しています。小学生や育児中のお母さんからなど、多くのメッセージが寄せられています。
※いただいた応援の言葉は、ひと・ほんの庭 にこっとに展示されます。

応援の言葉エール一例

  • 「わたしもはやく中学生になりたいです。すてきな中学生になれるよう小学校がんばります。お兄さんお姉さんもべんきょうをがんばってください 」
  • 「あなたの今いる場所で一番やりたいこと、輝けることを見つけて、あなたの後にすばらしい道を作ってください。きっとできます」
  • 「今が一番楽しくて、つらくて最高なとき。大切にしてね」

問い合わせ

こども部ひと・ほんの庭 にこっと 電話0538-36-1711 ファクス0538-36-1713

2.県西部初の市民後見人誕生に向けて ~第1期市民後見人候補者養成講座(全10日間)が修了~

概要

市民後見人は、親族や弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門職ではなく、一般市民が務める後見人などです。自治体などが実施する養成講座を受講した方の中から家庭裁判所によって選任されます。
県西部3市1町(磐田市・袋井市・湖西市・森町)では、認知症や知的・精神障がいなどで判断能力が十分でなくても、本人の意思をより丁寧に把握しながら、市民感覚を生かしたきめ細やかな後見活動を期待して広域で講座を実施しています。
本市は、広域講座の幹事市を務めるとともに、県内でも法人後見の受任実績が多い磐田市社会福祉協議会と連携を図ることで、県西部初の市民後見人誕生を目指します。

講座日程

平成30年8月30日(木曜)から10日間(50時間)実施

  • 最終日:平成30年12月13日(木曜)午前10時~午後4時
  • 場所:磐田市豊田支所(磐田市森岡150番地)2階 大会議室
  • 対象:市民後見人候補者養成講座2次選考合格者19名(内、磐田市11名)
  • 内容:事例に基づくグループワーク(午前10時~午前11時40分、午後0時30分~午後1時50分)、全体の振り返りなど(午後2時~午後4時)

養成講座内容

成年後見制度概論、市民後見概論、認知症高齢者・障がい者の理解、対人援助の基礎、市民後見活動の実務、コミュニケーション技術、関係制度・法律(民法等)の基礎、高齢者・障がい者支援施設体験 など

市民後見人誕生までの流れ(磐田市の想定)

  1. 市民後見人候補者養成講座(50時間)の受講
  2. レポート・面接の選考を通過
  3. 市民後見人候補者名簿(磐田市・磐田市社協が管理)への掲載
  4. 名簿掲載者の中から法人後見支援員として活動開始(半年~1年、不定期)
    ※磐田市社会福祉協議会が受任している法人後見の支援員としての活動
  5. 家庭裁判所から市民後見人としての選任

事業のポイント

2次選考(レポート・面接)を通過した19名は、成年後見制度や市民後見人としての役割の理解も進み、地域や高齢者・障がい者のために市民後見人として活動したいという意欲が非常に高い方々です。講座最終日のグループワークや受講生の取材をお願いします。

問い合わせ

福祉課 電話0538-37-4814 ファクス0538-36-1635

3.高校生(ヤング草莽塾)の提案事業を実現へ

しっぺい”バスで、さあ、「出発進行」~!! ~“しっぺいラッピングバス”お披露目式~

概要
平成29年度に磐田市が行いました高校生による提案事業「ヤング草莽塾」において、磐田北高校ダンス部の皆さんが「しっぺいのイラストがラッピングされた路線バスを運行し、いろんな人に“しっぺい”を見てもらうことで、磐田市を笑顔あふれる明るい街にしたい」という提案がきっかけとなり、磐田北高等学校、遠州鉄道株式会社、磐田市と協働で制作を進め、この度、ラッピングバスが完成しましたので、お披露目式を行います。
これまでの経過
  • 平成29年11月 ヤング草莽塾の提案発表会でアイディアを発表
  • 平成30年2月 高校生の提案を受けて平成30年度当初予算へ計上
  • 平成30年5月 ラッピングデザイン案の検討開始
  • 平成30年9月 ラッピングデザイン案 決定
  • 平成30年12月 お披露目式
幸せの“しっぺい”つり革
ラッピングバスとは別に、幸せの“しっぺい”つり革もあわせて作製しました。
幸せの“しっぺい”つり革はラッピングバスとは別の車両8台に、1個限定で取り付けられます。見つけられたあなたはラッキー!! ラッピングバスに乗れなくても幸せをつかむチャンス。高校生が考えた笑顔になる仕掛けです。
もちろん、つり革のデザインも高校生が考えました。
今後の予定
  • 平成30年12月15日から平成31年12月14日までの1年間運行します。
  • ラッピングバス 2台(磐田営業所管内、浜松東営業所管内)
  • つり革 8台(磐田営業所管内、浜松東営業所管内)
ラッピングバスのお披露目式
平成30年12月15日 11時30分~ アミューズ豊田
問い合わせ

秘書政策課 電話0538-37-4805 ファクス0538-36-8954

磐田駅北口に“しっぺい”花壇が誕生

概要
平成29年度のヤング草莽塾で磐田西高校生が提案した『しっぺい花壇』が磐田駅北口のクスノキ斜面に設置されます。
提案者は「みんなを笑顔にしたい」「犯罪を減らしたい」という思いから、花がもつ「癒し効果」と、市内外に多くファンをもつ「しっぺい」に着目し、しっぺい花壇が考案されました。花壇を見たすべての人が自然と笑顔になることに期待するものです。
なお、提案した生徒たちは既に卒業しているため、後輩が園芸業者の指導を受け、下記日程により植え付けを行います。
内容
  • 作業日 平成30年12月14日(金曜)午後2時25分~午後3時15分
  • 会場 磐田駅北口広場 クスノキ南東斜面
  • 内容 高校生がしっぺいの形の木枠に季節の花の苗を植えます。
  • 参加者 磐田西高校 3年生 22名
  • 指導者 竜東園芸 鈴木邦夫氏
しっぺい花壇のイメージ図です。白い花でしっぺいを表しています。
※上記写真は2014年浜名湖花博のものです
問い合わせ

都市整備課 電話0538-37-4806 ファクス0538-37-8690

磐田市の魅力をレシピでPR! ~レシピサイト「Cookpad」に磐田市公式キッチンOPEN!~

概要
平成28年度に実施されたヤング草莽塾において、磐田西高校生から「磐田の魅力をもっと知ってもらう」ため、レシピサイト「Cookpad」において磐田市の特産品を使ったレシピの投稿が提案されました。
この提案を受け、磐田市の特産品を使用したレシピや市内の学校給食レシピなどを投稿し、磐田市の特産品紹介や地産地消、食育などの取り組みを紹介する磐田市公式キッチン「イワタノゴハン」をCookpadに開設することになりました。
期待する効果
  • レシピで伝えよう!磐田市の認知度向上
    磐田市の特産品等を使用したレシピを投稿することで、磐田の魅力を広くPRレシピを通じて特産品の消費も向上
  • レシピで盛り上げよう!地域の活性化
    食育キッチンや高校生考案レシピや学校給食などを紹介し、官民連携でレシピを投稿
Cookpadとは
国内最大級の料理レシピサービス。300万食を超えるレシピを掲載し、利用者は6,000万人以上(Cookpad公式ホームページより抜粋)
運用方法
  • Cookpad登録費用、利用料金ともに無料
  • 本日(11月30日)より公開開始。初回レシピは事業提案した磐田西高校から家庭部部員の考案レシピを掲載します。また、磐田市公式キッンのロゴは生徒たちの意見を参考に作成しました。
  • 運用開始後は、主に広報紙で毎月掲載しているレシピコーナー記事を投稿
  • 市民や市民団体などより寄せられたレシピの投稿や調理風景の動画の撮影・投稿などを実施予定

磐田市公式Cookpad「イワタノゴハン」のロゴです。磐田茶やメロンなどのイラストが使われています。

問い合わせ

広報広聴・シティプロモーション課 電話0538-37-4827 ファクス0538-32-3946

配布資料

過去の定例記者会見

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

企画部 広報広聴・シティプロモーション課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎2階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4827
ファクス:0538-32-3946
企画部 広報広聴・シティプロモーション課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。