消防

磐田市役所 ホーム > 消防 > 火災事例 > 電気配線

電気配線

このページの概要

実際に磐田市内でおきた電気配線等による火災事例と火災を防ぐチェック項目について説明します。

事例1

差しっぱなしになったコンセントとプラグから※トラッキングにより出火、延焼した。

対策

コンセントとプラグの接続部を掃除し、埃等を除去する。普段、目につかない冷蔵庫や家具の裏の電源プラグや水滴等が直接かかる台所の電源プラグ等はこまめに掃除をしましょう。

※トラッキング
長期間、差されているコンセントとプラグの間に埃が溜まり、さらに湿気(水気)が加わると、プラグの間に電気の道が作られる。やがてそこから放電を起こし、発火する現象。

事例2

テレビやステレオの電気配線がタンスやベッドに長期間踏まれ、配線の一部が損傷し出火した。

対策

配線やコードの中には、何本もの素線が束ねてあります。一部が損傷し、通電するとそこに電気抵抗がかかり、局部的に発熱し被覆等周囲の物が燃え出します。配線やコードの上に重たいものや鋭利なものを置かないようにしましょう。また、損傷している配線やコードは使わないようにしましょう。

写真:「電気配線等」による火災
ここで使用している写真は事例とは関係ありません。

電気の流れかた

電気の流れ

通常、電気は片側のプラグの刃から入り、電球などに電気を供給し、もう一方のプラグの刃に戻ってきます。
断線している状態

導線が破損しているため、電気は通らない。
ショートする状態

破損した導線が、向かい側の導線に接触すると、本来の電気の流れではないところを流れます。これを「ショート」と言います。電気のエネルギーを使用しない状態でプラグに戻ってしまうと、導線が強いエネルギーに耐えられずに発火してしまうことがあります。        
半断線している状態

導線が部分的に破損し、わずかな導線だけがつながっている半断線状態の場合、細い導線に大きなエネルギーがかかってしまうため、熱を持ちます。

あなたは大丈夫?チェックしてみましょう!

  • タコ足配線はしない。
  • 冷蔵庫の裏など、目に触れないところのコンセントの掃除は定期的に行う。
  • コードを束ねたまま使用していない。

情報発信元
磐田市消防本部 予防課調査広報育成グループ 電話番号:0538-59-1718
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
メールアドレス:yobo@city.iwata.lg.jp

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ