副市長の部屋 皆さん「副市長の部屋」へようこそ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1010802  更新日 2022年4月28日

印刷大きな文字で印刷


副市長メッセージ(2022年5月25日)

ようこそお越しくださいました。

副市長の高橋由利子です。

今日のテーマは、公園です。

「公園についてご意見を伺っています。少しお時間を頂戴してよろしいでしょうか。」もう10年以上前になりますが、某市美術館での展示を見終えたロビーで、同館を含む公園の今後について対面式アンケートに応じたことがあります。

その公園は、緑豊かで文化施設の立地にふさわしい条件を持ちながら、当時はビニールシートが木立の中に散在し、その色が景観を損ねる状況でした。そこで、私はアンケートで、「展覧会を見た後、木々の良い香りを感じながら散策できる環境が、何よりの宝物になると思う」と答えたように記憶しています。

後になって、同市が「公園経営」の考え方の下、維持管理中心の公園管理から利用者志向や規制緩和等により、市民や事業者を巻き込んで公園の利活用重視へ変革を始めていたことを知りました。人手をかけた丁寧な聞き取り調査は、その最初期のデータ収集の一環でした。今では豊かな緑はそのままに、リニューアルした科学館の魅力も相まって、親子連れも集まる人気の憩いゾーンとして一層充実を見せています。

さて、磐田市には94の公園があります。磐田市公園施設長寿命化計画により、複合遊具やトイレを有し設置から経過年数が長い都市公園39か所を対象として、整備を進めていますが、上述の例のような「公園経営」の考え方による整備条件を備えた箇所は、僅かです。

しかし、豊かな自然環境、例えば水辺を有する大規模公園は、大きな可能性を秘めていると思います。

先日、市内二之宮にある「大池」に行きました。満々と水をたたえ水面を渡る風は心地よく、数種類の野鳥もすぐに目に入ってきました。広い駐車場があって池を巡る道も整い、トレーニングウェア姿でジョギングをしている方や、高齢の御夫妻が散歩をしている様子も散見されました。穏やかでした。

水のある風景は、人の心を和ませてくれます。私も、時には木陰でそよ風に吹かれながら、水面に立つさざなみを眺めやるような、ゆとりのある静かな日常を送ってみたいものです。

公園と一口に言ってもさまざまな利用者がいらっしゃいます。規模や立地に見合った整備が必要です。市としても、利用者の声を伺えるよう工夫をして参ります。

 

総合計画の該当箇所は、本冊p.60~
分野06 都市基盤・環境
基本施策03 良好な住環境の整備

過去の副市長メッセージ


情報発信元

企画部 秘書課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4801
ファクス:0538-37-4829
企画部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。