台風被害で発生したごみの出し方

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1007533  更新日 2019年10月13日

印刷大きな文字で印刷

台風被害で発生したごみの出し方

台風被害によって発生したごみは、ごみ分別ガイドブックや家庭ごみ収集カレンダーをご確認いただき、分別したうえで指定された収集日に、地域のごみ集積所へお出しください。
なお、ごみ集積所へ出すことのできない大きさのものや多量の場合などは、分別し以下の施設へ自己搬入をお願いします。
各施設の開場日時などについては、下記リンク先をご覧ください。

  • 可燃ごみ(庭木、アクリル板、木製の家具、ポリカーボネート板など)
  • 金物ごみ(金属製のトタン、物置、シャッターなど)
  • 埋立ごみ(ガラス、屋根瓦、ブロック塀、ガラス繊維入りのトタンなど)

搬入の際は最大積載量2トン以下の車両とし、搬入状況により1日の搬入回数を制限する場合があります。 
※産業廃棄物は受け入れできません。

 

処理手数料の減免について

台風被害によるごみを処理施設へ自己搬入する場合には処理手数料の減免制度があります。
処理施設へ自己搬入していただく際、計量前にごみ対策課の事務所(磐田市クリーンセンター内)で市税課が発行する罹災証明書または被災証明書を提示のうえ減免申請書を記入していただくと、処理手数料が免除になります。
詳しくは、ごみ分別ガイドブック24ページをご確認ください。

※中遠広域粗大ごみ処理施設へ搬入する場合で、手数料の減免を受けるためには、事前にごみ対策課で災害ごみの確認を受ける必要があります。

※罹災証明書および被災証明書の申請については、平日のみの対応となります。詳しくは関連情報のリンク先をご覧ください。

業活動から生じたごみについては手数料免除の対象になりません。

情報発信元

磐田市役所
〒438-8650 静岡県磐田市国府台3-1
電話:0538-37-2111 ファクス:0538-32-3946