中東遠消防指令センターの各種システム

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1004666  更新日 2018年8月15日

印刷大きな文字で印刷

災害情報共有システム

写真:災害情報共有システム

大規模災害時に各関係機関と連携して的確な災害対策を行うための支援システムです。消防指令センター、5市1町の災害対策本部、各消防本部・消防署間で災害情報や通報情報、要請・対応情報といった災害対策に必要な情報の共有化を図り、広域的な災害発生時にも迅速かつ的確な応急対応が行えます。

指令台(台モード切替)

通常8席で運用する消防指令センターの指令台は、規模に応じて受付台を増設することができます。大規模災害発生時に通報が集中する状況下では、最大22席で運用することで、確実かつ迅速に災害事案を処理できる受付体制を確立しています。

現場映像伝送装置

写真:現場映像伝送装置

ハンディカメラにて撮影した災害現場の映像を、FOMA網を通じて消防指令センターや消防本部の作戦室、市町役場の災害対策本部等に電送します。災害状況を素早く確認し、現場への迅速な災害対策や指揮などに役立てます。

防災行政無線集中制御装置

写真:防災行政無線集中制御装置

中東遠地域の5市1町に設置されている防災行政無線装置と指令システムを連携させる装置です。災害発生時には自動的に指令台と連携してサイレン音やコンピュータ合成音声などで、各市町に設置されている防災無線のスピーカーから自動的に放送を行います。

情報発信元

中東遠消防指令センター
〒437-1292
静岡県磐田市福田400 福田支所4階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-55-0911
ファクス:0538-55-0922
中東遠消防指令センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。