119番通報等における多言語通訳体制の導入について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1006912  更新日 2019年7月4日

印刷大きな文字で印刷

119番通報等における多言語通訳体制の運用について

~日本語以外の18カ国語でも安心して119番通報していただけます~

 中東遠地域では、年々外国人移住者が増加していることに加えて、観光目的で訪日する外国人の数が急増している中、2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピックなどの大きなイベントの開催が予定されています。

 この度、中東遠消防指令センターでは、居住する外国人及び外国人観光客など日本語を介してのコミュニケーションが困難な外国人に対して、119番受付及び災害現場での対応を円滑に行うため、電話同時通訳サービスを用いた18カ国語通訳体制の運用を開始しました。

運用開始日

 令和元年5月1日(水曜日)

運用内容

対応言語 18言語

英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・フランス語

ロシア語・ドイツ語・イタリア語・マレー語・タガログ語・ネパール語・ミャンマー語・クメール語

モンゴル語

対応時間  24時間 365日

通話体制 

  1. 119番通報対応時
  2. 災害対応時

 救急現場などで活動を行う消防職員と通訳センター間、又は外国人と通訳センター間の2者通話で通訳を行う

イメージ図

多言語通訳サービスイメージ図

情報発信元

中東遠消防指令センター
〒437-1292
静岡県磐田市福田400 福田支所4階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-55-0911
ファクス:0538-55-0922
中東遠消防指令センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。