災害等による集団接種の中止判断(新型コロナウイルスワクチン接種)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1012670  更新日 2023年8月22日

印刷大きな文字で印刷

災害等発生時の集団接種の中止判断についてお知らせします。

災害等による集団接種の中止判断

1 中止判断の基準

⑴磐田市に震度5弱以上の地震が発生した場合

  • 接種開始後に発生した場合も中止

⑵磐田市に「暴風警報」又は「特別警報」が発令された場合

⑶磐田市に警戒レベル3「高齢者避難」、警戒レベル4「避難指示」又は警戒レベル5「緊急安全確保」が発令された場合

2 中止判断の方法

⑴原則、接種開始の3時間前時点で判断

⑵中止の判断は、健康福祉部長、健康増進課長、新型コロナウイルスワクチン対応室長が協議のうえ判断

⑶接種開始後に中止する場合、中止の決定時点に接種会場に来場されている方で接種を希望される方には、安全が確保できる場合には接種を実施

3 中止告知の方法

⑴次のとおり告知

  • 市ホームページ、いわたホッとメール、LINEで一斉送信
  • 同報無線
  • 報道機関への情報提供

⑵接種会場で説明・告知

⑶ワクチン接種センター・コールセンターにおける電話対応

4 接種中止者の予約振替

  • 中止後の予約枠の中で振替調整

情報発信元

新型コロナウイルスワクチン対応室
電話:0120-156-709(コールセンター 毎日午前9時~午後5時)※年末年始を除く
ファクス:0538-33-5010
新型コロナウイルスワクチン対応室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。