伊藤 宗代 さん 移住年月:平成13年 移住前の居住地:磐田市の次に福島県いわき市、磐田市へ移住 仕事:ダンス講師

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1004615  更新日 2019年1月8日

印刷大きな文字で印刷

移住のきっかけ

ダンスで身体を痛め、パフォーマンスが難しくなりました

写真:伊藤宗代さん1

もともと磐田市出身で高校を卒業して、福島県にあるハワイアンズでダンサーをしていました。
ハワイアンズでは、フラダンスの他に茶道、華道、バレエ、フラメンコ、ジャズダンス、モダンダンス、ウクレレ、声楽、手品、マジックなどあらゆるレッスンがありました。もちろん、日々のステージもあります。また、新しく築く人間関係の中で、先輩との上下関係など厳しいものもありました。見た目は華やかですが、その裏は泥臭く、様々な苦労がありました。大変な環境でしたが同期のおかげで頑張ることができました。今でも同期とは仲がいいんですよ。しかし、ハードな練習やステージを繰り返す中で腰を痛めてしまいました。最後まで頑張りたかったのですが、最善のパフォーマンスをすることが難しくなったため、あきらめざるを得なくなり、地元である磐田に戻ってきました。

ダンスについて

すべては“憧れ”から

写真:伊藤宗代さん2

高校1年生ぐらいの頃に安室奈美恵さんに憧れていました。ちょうど知人の紹介もあったのでダンス教室に通い始めました。
もともとハワイアンダンスに興味はなかったんですが、就職を考える前に母に紹介されてハワイアンズのステージを見ました。そのステージに感動して、憧れてハワイアンズに行くことを決めました。
今は、フラダンスとタヒチアンダンスをやっていますが、これからは「ズンバ」を強く押し出していきたいです。ズンバも知人の紹介でレッスンを受けたのですが、レッスンの先生の衝撃がすごくて、先生の人柄やダンスに憧れてズンバにハマりました。ズンバは男女問わず誰でもできますし、体全体を使うエクササイズなのでストレスも発散できます。なにより踊っていてとても楽しいです。

家族への思い

とにかく元気でいてほしい

福島から磐田に戻ってくるときには、結果として途中でやめて帰ってくることになってしまい、母に申し訳ないことをしたなという思いがありました。
今は、母と一緒にフラダンス教室をすることもあるのですが、とにかく元気でいてほしいですね。

福島県と比べた磐田市の住み心地は

磐田市はまちが明るい

写真:伊藤宗代さん3

磐田市はまちが明るいと思います。海が大好きで、サーフィンなどマリンスポーツも好きなので、海がある磐田が好きです。福島県の浜通りという海沿いに住んでいたのですが、気候的には磐田とあまり変わりませんでした。ただ、田舎で周りに何もなくて暗かったという印象があります。
雪が降るかなと期待していましたが、あまり降らないし(笑)基本的には温暖で住みやすくて磐田と似ていたと思います。

磐田市にこんなところがあったらいいな

人が集える場所があればいいな

例えば、ダンスもできる、サッカーもできる、野球もできるみたいなスポーツのテーマパークのようなものがあったら嬉しいですね。そこには、外国の方も気軽に来られたり、トレーニングルームがあったりして、色々な人が集える場所があればいいなと思います。

私は磐田のためにこんなことをしたい

磐田を元気にしたい!

写真:伊藤宗代さん4

これからますます少子高齢化で高齢者が増えると思います。交通手段がなくて家から出られない人や誰かの手助けを必要としている人を外に出したいです。公民館や近場で何か体を動かせるようなイベントがあればいいなって思うんです。それを楽しみに思う人が増えればもっと健康な人が増えると思います。「磐田っておじいちゃんおばあちゃんがすごい元気だよね」みたいなまちを目指したいですね。
年をとるとだんだん自分に自信がなくなって、「私なんて…」と自分をあきらめてしまいがちなんですけど、そんな心をもう一回復活させたいです。身体が変わると心が変わる。朝のラジオ体操でもなんでもいいからとにかく外に出てほしいです。孤独を感じないようにするためにも、外に出て元気になってほしい。そうすれば気持ちも明るくなるし、家族も安心する。
自分が動いて、そういう人たちのところに出向いて、すぐそこでやってるよ~ぐらいの感じで気軽に参加できるイベントができたらいいなと思います。

伊藤さんが考える「自分らしく生きる」とは

自分なりの信念を持っていたい

自分らしく生きている人とか輝いてる人は芯が強くてブレないですよね。
自分がやりたいこともやりたくないことも常に自分の思いを持って自分らしくいたいです。
みんながこうだからそれに従うということではなくて、私はこう思うという信念を持っていたいです。そう思うためには、やっぱりいろいろなものに興味を持つことは大切だと思います。
ものが溢れている世の中だからこそ、いろいろなものをみて、自分を成長させたいですね。

磐田市へ移住を考えている人へのメッセージ

一緒に磐田を輝かせたい

写真:伊藤宗代さん5

一緒に磐田を元気なまちにしたいです。
磐田市というとやっぱり「サッカーのジュビロ」の印象が強いと思うんです。磐田はジュビロだけじゃないんだよと、磐田っておじいちゃんおばあちゃんがすっごく元気なまちでしょ!まちがすごくキラキラしてるとこでしょ!と思ってもらいたいです。磐田に行けば楽しい、磐田に行きたいと思ってほしい。いまあるものをもっと輝かせたい。そういう思いがある人が磐田に来てくれたら嬉しいです。

情報発信元

企画部 広報広聴・シティプロモーション課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎2階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4827
ファクス:0538-32-3946
企画部 広報広聴・シティプロモーション課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。