生活にお困りの方

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1001972  更新日 2020年5月14日

印刷大きな文字で印刷

生活にお困りの方向けの「生活の援助」制度をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う各種相談について(令和2年4月23日更新)

新型コロナウイルス感染症の発生が要因となり、それによる休業や失業などで一時的、または継続的に収入が減少したことで生活費にお困りの世帯に対して様々な支援を行っています。

住居確保給付金

生活困窮者自立支援法の規定に基づき、離職や自営業の廃業により経済的に困窮し、住居を失う、または失うおそれがあり、今後の就職活動のために住居を確保する必要がある方に対して、家賃相当額を支給する「住居確保給付金事業」を実施しています。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を踏まえ、支給対象が拡大されました。

今回の改正のポイント

現行
  • 離職・廃業後2年以内の者
拡大後 
  • 離職、廃業後2年以内の者
  • 給与等を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある者
詳しくは、福祉課生活支援グループまでご相談ください。
電話:0538-37-4797

緊急小口資金特例貸付

新型コロナウイルス感染症の発生が要因となり、それによる休業や失業などで一時的、または継続的に収入が減少したことで生活費にお困りの世帯に対して、必要と認められる場合に貸付が行われます。

今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還(返済)を免除することができるとされています。

詳しくは静岡県社会福祉協議会ホームページをご覧いただき、磐田市社会福祉協議会にご相談ください。

磐田市社会福祉協議会 電話:0538-37-4824

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター

電話番号 0120-46-1999 受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日含む)



生活の援助

せいかつ応援倶楽部

日常生活での「ちょっとした困りごと」(公的サービスではまかないきれないこと)を地域住民同士で支え合うサービスです。

  • 利用料:1時間500円
  • 利用回数:1日最大3時間
  • 内容:話し相手、散歩、掃除等

※状況により利用できない場合があります。

問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

福祉車輌の貸出し

車いすまたは寝たままの状況で乗り降りできるリフト付ワゴン車、又は車いすで乗り降りできるスロープ付軽自動車を貸出しています。ご利用される方または申請者が市内在住であれば、ご利用いただけます。家族などに運転する人がいない場合は、ボランティアの方が運転もします。※使用日の1週間前までにご連絡ください

 問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

車いすの貸出し

傷病などで歩行が困難になった時、退院や散歩などにご利用いただくよう、一時的に車いすを貸出しています。ご利用される方または申請者が市内在住であれば、ご利用いただけます。

 問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

生活保護

生活にお困りの方へ必要に応じた援助を行うことにより、最低限度の生活を保障するとともに、自立できるように手助けをする制度です。
まず、次のような手立てをしてください

  • 働ける人は、能力に応じて働いてください。
  • 親子、兄弟姉妹からできる限り援助を受けてください。
  • そのほかの法律、制度による援助を先に受けてください。
  • 預貯金、手持ちのお金をまず生活のためにあててください。
  • 資産は、生活のために活用してください。

問い合わせ

  • 福祉課生活相談グループ
    iプラザ(総合健康福祉会館)3階
    電話:0538-37-4797

生活困窮者自立支援事業

生活にお困りで最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある方に対して、相談を受け付け、必要な支援を行い、自立した生活をおくれるように援助する制度です。
(援助内容)

  • 自立相談:就労その他の自立に関する相談支援を行います。
  • 住居確保給付金:離職・廃業から2年以内、または休業等により収入が減少し離職と同程度の状況により住居を失った方、またはそのおそれの高い方で、所得が一定基準以下の方に対して、一定期間、住宅確保給付金を支給します。
  • 就労準備支援事業:就労に対して不安を抱いていたり、コミュニケーションが苦手で就労活動がうまくいかない等の方に対して、就労体験や面接練習といった支援を伴走して行います。

問い合わせ

  • 福祉課生活相談グループ
    iプラザ(総合健康福祉会館)3階
    電話:0538-37-4797

生活福祉資金

生活にお困りの世帯や身体に障害のある方のご家庭を対象として、病気療養、子どもの修学資金、住宅の改築などの資金貸付制度に関する相談を磐田市社会福祉協議会が窓口となり対応します。

実施主体は、静岡県社会福祉協議会で申請内容の審査や貸付決定等を行います。

減収、休業、失職された方の当座の生活費の貸付相談にも応じています。

問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

 小ロ福祉資金

磐田市社会福祉協議会の事業として、市内在住の低所得世帯で一時的に生活費、教育費、医療費等が必要となったが、支出が困難といった場合に、資金貸付に関する相談を受け付けています。

お困りの状況をお住いの地区の民生委員とお聞きしたうえで、民生委員の意見書の提出が必要となります。

貸付上限額は、連帯保証人がいる場合は5万円、いない場合は1万円。

問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

日常生活自立支援事業(権利擁護事業)

高齢者や障がい者(知的障害、精神障害)などで、日常生活に不安のある方などの自立生活を援助します。

(援助内容)

  • 福祉サービスについての情報提供、助言
  • 福祉サービスを利用したい時の利用の手続きの援助
  • 福祉サービスの利用料の支払いの援助
  • 日常的な金銭管理の援助
  • 通帳、権利証、印鑑などの重要書類の保管

※静岡県社会福祉協議会の審査が必要となります。
契約後提供されるサービス(生活支援員の派遣)については有料です。1回1,200円(生活保護世帯は無料)。

 問い合わせ

  • 社会福祉協議会
    iプラザ(総合健康福祉会館)1階
    電話:0538-37-9617

災害にあわれた場合

  • 災害弔慰金
    災害によりお亡くなりになられた方のご遺族に支給します。
  • 災害障害見舞金
    災害により精神や身体に障害を受けた方に支給します。
  • 災害援護資金
    災害により被害を受けられた世帯の生活の建て直しのため、資金をお貸しします。
  • 災害見舞金
    災害により被害を受けた世帯に見舞金を支給します。

問い合わせ

福祉課総務グループ
iプラザ(総合健康福祉会館)3階
電話:0538-37-4814

情報発信元

健康福祉部 福祉課 生活相談グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4797
ファクス:0538-36-1635
健康福祉部 福祉課 生活相談グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。