ごみ収集における熱中症対策

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1008543  更新日 2020年6月29日

印刷大きな文字で印刷

ごみ収集における熱中症対策について

マスクを外して収集作業を行うことがあります

環境省・厚生労働省では、気温・湿度の高い中でのマスク着用は、熱中症のリスクが高まるとして、屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合には、マスクを外すことなど、熱中症予防行動の留意点を公表しています。

ごみ収集の現場においては、気温・湿度が高い中での作業であり、熱中症にかかる恐れがあるため、収集作業員がマスクを着用せずに作業を行うことがありますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

市民の皆さまからいただいたお礼や励ましの手紙が、収集作業員の大きな力となっております。引き続き安全安心のごみ収集作業に努めてまいります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

環境水道部 ごみ対策課 ごみ減量推進グループ
〒438-0061
静岡県静岡県磐田市刑部島301 クリーンセンター1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4812
ファクス:0538-36-9797
環境水道部 ごみ対策課 ごみ減量推進グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。