国民年金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1001371  更新日 2021年7月14日

印刷大きな文字で印刷

国民年金の加入・脱退手続き、保険料、給付などについて説明します。

国民年金に加入する方

日本国内に住む20歳以上60歳未満の方です。厚生年金などに加入している方は同時に国民年金にも加入していることになり、加入期間に応じた年金を基礎年金(国民年金)に上乗せして受けられます。国民年金の被保険者は3種類です

  • 第1号被保険者:20歳以上60歳未満の学生および農林漁業、自営業の方とその配偶者の方など(第2号、第3号被保険者に該当する方を除く)
  • 第2号被保険者:厚生年金や共済年金に加入している会社員や公務員など
  • 第3号被保険者:第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

加入と脱退の手続き

加入に必要な持ち物

  • 年金手帳
  • 脱退連絡票などの厚生年金の資格喪失日がわかるもの
  • はんこ

脱退

新しい勤務先での手続きになります

保険料の納め方

保険料は、日本年金機構(法人番号4011305001653)が発行する納付書にて、金融機関やコンビニエンスストアでお支払いいただくほか、口座振替やクレジットカード支払いもあります。また、半年や1年分等の保険料を前払いすることで、保険料を割引する「前納制度」があります。

詳しくは、日本年金機構ホームページでご確認ください。

保険料の免除

「失業して収入がない」、「災害で大きな被害を受けた」など、保険料を納めたくても納められないようなときのために、保険料の「全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除制度」があります。「本人・配偶者・世帯主」のぞれぞれの前年中の所得額により審査するため、毎年の申請が必要となります。

必要な持ち物

  • 年金手帳
  • はんこ
  • 雇用保険受給資格者証または雇用保険被保険者離職票(失業された方のみ)

納付猶予制度

50歳未満の方には、本人と配偶者の前年の所得が一定以下の場合、保険料の納付が猶予される制度があります。

必要な持ち物

  • 年金手帳
  • はんこ
  • 雇用保険受給資格者証または雇用保険被保険者離職票(失業された方のみ)

学生納付特例制度

20歳以上の学生(学生納付特例対象学校に限る)で納付が困難なときのための制度です。毎年の申請が必要となります。

必要な持ち物

  • 年金手帳
  • 学生証または在学証明書
  • はんこ

給付の種類と請求

老齢基礎年金

国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間などを含む)が10年以上ある人が、原則として65歳に達したとき受けられます。ただし、希望により60歳から64歳までの間でも請求することができますが、年齢に応じて減額され、その減額率は生涯変わりません。

障害基礎年金

病気やケガで国民年金法に定める1級あるいは2級の障害者に認定されたとき支給されます。受給するには、一定の要件があります。65歳以上の方は、原則として請求できません。

遺族基礎年金

生計中心者の夫を亡くした18歳までの子がいる妻または18歳までの子(障害の1級、2級の状態にある20歳未満の子)に支給されます。受給するためには、一定の要件があります。

国民年金には独自の給付があります

付加年金

定額保険料に月額400円の付加保険料を上積みして納めると、老齢基礎年金受給の際、200円×付加保険料納付月数が毎年加算されます。届出された日からのご加入となります。国民年金基金加入者は加入できません。

寡婦年金

第1号被保険者期間だけで老齢基礎年金の受給資格を満たした夫が年金を受けないで死亡した時、10年以上の婚姻期間があった妻に60歳から65歳未満まで支給される年金です。年金額は、夫が受けるはずだった老齢年金の4分の3の金額です。(付加年金は含まれません)

死亡一時金

第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が老齢基礎年金や障害基礎年金などを受けないで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。

短期在留外国人への脱退一時金

国民年金に加入して、保険料を6か月以上納付し年金を受けないで帰国した外国人は、帰国後2年以内に請求すれば、脱退一時金が支給されます。

受付時間・窓口(問い合わせ)

  • 受付時間:午前8時30分~午後5時15分
  • 休日:土曜・日曜、国民の祝日(休日)、年末年始
磐田市役所本庁舎1階
国保年金課 資格管理グループ 電話:0538-37-4833
福田支所1階
市民生活グループ 電話:0538-58-2371
竜洋支所1階
市民生活グループ 電話:0538-66-9101
豊田支所1階
市民生活グループ 電話:0538-36-3153
豊岡支所1階
市民生活グループ 電話:0539-63-0027

情報発信元

健康福祉部 国保年金課 資格管理グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4833
ファクス:0538-37-4723
健康福祉部 国保年金課 資格管理グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。