JR東海道本線に新駅を設置

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1001594  更新日 2019年2月6日

印刷大きな文字で印刷

JR東海道本線の磐田駅と袋井駅の間(鎌田地内)に設置されることが決まった新駅について説明します。

請願書の提出

1987年、磐田市に地域の皆さんから、「多くの企業が進出しているこの地域に新たな駅を設置してほしい」と請願書が提出されました。それから約30年の間、新駅設置に必要不可欠であった周辺の土地区画整理事業が進められてきました。

基本協定書・工事協定書の締結

平成26年4月9日に磐田市新貝土地区画整理組合、磐田市鎌田第一土地区画整理組合、東海旅客鉄道株式会社、磐田市の4者で、新駅設置に関する基本協定書が締結されました。この締結により、JR東海道本線の磐田駅と袋井駅の間に新駅が設置されることが正式に決まりました。
また、平成26年12月22日には新駅・自由通路の新設と周辺の造成に関する工事のための協定書(工事協定書)が締結されました。

駅名の決定

駅名

東海道本線袋井・磐田間新駅の名称が決定しました。
 駅の名称  「御厨」(みくりや)

平成31年(2019年)度末に開業へ

新駅位置図

新駅は、平成31年(2019年)度末の開業に向け、本格的に工事が行われています。
駅舎は、JR東海道本線と新幹線をまたぐ自由通路を併設して建設します。ホームは2つでエレベーターを5基設けます。
新駅開業までには、周辺道路や北口と南口の前に送迎用ロータリーを兼ねた広場、駐輪場を整備する予定です。また、新駅開業後は、駐車場も整備される予定です。

新駅イメージ図

情報発信元

建設部 都市整備課 事業支援グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4830
ファクス:0538-37-8690
建設部 都市整備課 事業支援グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。