令和2年2月4日(火曜) 磐田市小中一貫教育実践報告会を開催しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1007804  更新日 2020年2月5日

印刷大きな文字で印刷

 磐田市小中一貫教育をさらに力強く推進するために、各校コーディネーターや希望する校長・教頭にむけて、実践報告会を開催しました。
 令和元年度は、学府共通のグランドデザインや職員組織を取り入れた「よつば学府」と、小中一体校の準備を進めている「ながふじ学府」の実践の発表を行い、学校教育目標や校内組織を学府内の小中学校で統一することで、職員の意識が変化し、職員の中から一貫教育についてのアイデアが生まれてきたことが報告されました。
 その後、各学府で実践を振り返り、今後の学府小中一貫教育の推進について様々なアイデアを出し合いました。

写真:報告会会場の様子

写真:報告会発表の様子

写真:報告会発表の様子

写真:報告会発表の様子

情報発信元

教育部 教育総務課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4821
ファクス:0538-36-1517
教育部 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。