令和2年2月7日(金曜) 磐田タグラグビークラブが全国大会出場に向けて教育長を表敬訪問しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1007816  更新日 2020年2月13日

印刷大きな文字で印刷

磐田タグラグビークラブが全国大会出場を果たし、試合に向けて選手8名が教育長を表敬訪問しました。
チームは東海ブロック大会優勝という素晴らしい成績を収め、全国大会出場を決めました。
選手たちは大会へ向けて、それぞれ「全国大会で優勝したい」「支えてくれた父母、先生、仲間へ恩返しできるように頑張りたい」など抱負を発表しました。
教育長からは、「2019年はラグビーワールドカップで日本中がラグビーで盛り上がりましたね。ラグビーはお互いに信頼することが大切な競技です。チームみんなでよりよい信頼関係を築き、全国大会では優勝目指して頑張ってください」と激励を受けました。
サントリーカップ第16回全国小学生タグラグビー選手権大会は2月15日から16日にかけてアミノバイタルフィールド(東京都)で行われます。


写真:表敬訪問の様子1

写真:選手らが教育長から激励金をもらう様子

写真:選手らがハカを披露する様子

情報発信元

教育部 教育総務課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4821
ファクス:0538-36-1517
教育部 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。