令和4年7月12日(火曜) 第39回全日本小学生ソフトテニス選手権大会に出場する選手が教育長を表敬訪問しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1011366  更新日 2022年8月9日

印刷大きな文字で印刷

 令和4年7月29日から7月31日に秋田県大館市高館公園テニスコートで開催される「第39回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」に出場する豊田健友ジュニアソフトテニスクラブの4名の選手が教育長を表敬訪問しました。

 出場する選手は、溝上光璃さん(豊田北部小6年生)、市川栞愛さん(豊岡南小5年生)、後藤杏樹さん(東部小5年生)、山田怜紀さん(磐田南小4年生)です。

 選手の皆さんは、「練習でやってきたことをすべて出してベストを尽くしたい」「ワンプレー、ワンプレーを大切にしたい」と抱負を語りました。

 教育長は、「予選会を見ると接戦をモノにしてきた感じがします。こういうところを自信に繋げて活躍してください。」と述べました。

写真:ソフトテニス

情報発信元

教育部 教育総務課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4821
ファクス:0538-36-1517
教育部 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。