新型コロナウイルス感染症対応(農業者向け)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1008326  更新日 2020年7月16日

印刷大きな文字で印刷

農林漁業者のみなさまへ

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きな影響を受けている事業者に対して持続化給付金が支給される制度が制定されましたが、農林漁業者も条件を満たすと給付の対象となります。

その他の支援策についても、農林水産省等のホームページに公表されておりますので、お知らせします。

持続化給付金

政府は、コロナウイルスの感染拡大により、大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えするために、「持続化給付金制度」を創設しました。

持続化給付金は、業種横断的に、個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象となる制度です。

詳細は、下記ホームページからご確認ください。

農業者向け金融支援策

新型コロナウイルス感染症の影響に対する農業者向け金融支援策に関するお知らせは下記のページをご確認ください。

高収益作物次期作支援交付金

外食需要の減少により市場価格が低落するなどの影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援し、国内外の新たな需要促進につなげる支援策です。

第2回公募の申請がはじまりました。

公募

締切日

第2回公募

令和2年7月27日(月曜)午後5時

第3回公募

決定次第公表

支援対象品目と次期作に向けた取り組みには条件があります。相談は各窓口どちらにしていただいても結構です。お気軽にお問合せください。

【申請窓口】

農業者の区分

申請窓口

 

農協組合員

遠州中央農業協同組合

 営農管理課

  (電話)0538-36-7020

 

 

 

農協組合員外

 

取組みを実施する圃場が同一市町内にある

磐田市農業再生協議会

(磐田市農林水産課)

 (電話)0538-37-4813

 

取組みを実施する圃場が複数市町に跨る

事務所の所在地を所管する農林事務所

(中遠農林事務所企画経営課)

 (電話)0538-37-2268

農林水産省からの高収益作物次期作支援交付金に関するお知らせは下記のページをご確認ください。

農業労働力確保緊急支援事業

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症の拡大により人手不足となり、農作業に支障が出ている農業経営体等(人手不足経営体)に対して、代替人材として農作業の経験のある即戦力人材や他産業からの人材を受け入れ、農作業に従事していただけるよう、「農業労働力確保緊急支援事業」を実施します。

農林水産省からの農業労働力確保緊急支援事業についてのお知らせは下記のページをご確認ください。

農業機械等導入事業

援農者や就農者に対し研修を行う学校、人手不足経営体への援農又は就農を支援する目的で研修を実施するなど、都道府県知事が認める研修機関に対し、研修用農業機械及び農業設備の導入を支援します。

詳細は下記のページをご確認ください。

農林漁業者等への支援策(その他)

農林漁業者等の方々が支援の内容を探しやすいページを開設しました。新型コロナウイルス感染症に伴う支援策は、下記ページをご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

産業部 農林水産課 農林水産振興グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4813
ファクス:0538-37-1184
産業部 農林水産課 農林水産振興グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。