特産品(いわた茶)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002284  更新日 2019年7月11日

印刷大きな文字で印刷

磐田市の特産物である「いわた茶」について説明します。

いわた茶とは

磐田市で茶の栽培が始まったのは、今から百余年前の明治初期に遡ります。戦後ヤブキタの普及と共に面積は拡大し、昭和33年の磐田原簡易水道の完成、昭和43年より県営磐田原圃場整備事業が実施されると畑地灌漑設備も整い、磐田市茶業の様相は一変してきたようです。
地域の基幹作物であるお茶は栽培面積約600ヘクタール、茶生産者は約300人です。製茶工場が約40軒あり、普通煎茶から深蒸煎茶までこだわりをもって幅広く製造され評価を得ています。渋みと旨みが調和し味わい深さがあり、さわやかなすっきりした香りが特徴です。
磐田原台地に広がる茶園は、地形が平坦で温暖な気候にも恵まれているため、県内でも極早場所の産地であり、4月の中旬から新茶の摘み採りが始まります。その恵まれた地形から茶園の基盤整備もされ、ヤブキタの再改植も進む一方で、それぞれ特徴ある新品種の導入も進んでいます。また、乗用管理機の普及率は県内一です。次世代を担う若い後継者も多く就農しており、将来が楽しみな産地でもあります。

いわた茶の購入は

市内の製茶工場で購入できます。
各製茶工場については、いわた茶マップをご覧ください。

いわた茶の振興

いわた茶の生産者で組織する「いわた茶振興協議会」では、茶の生産、製造技術の向上と消費の拡大、茶産地としての一層の発展を目指すことを目的に活動しています。

いわた茶振興協議会の活動紹介

写真1
製造技術の向上を目指して
毎年品評会を開催
写真2
市や市内小学校、中学校、幼稚園、
保育園へ毎年お茶を贈呈

いわた茶応援サポーターを募集しています

いわた茶振興協議会では、お茶が好きな方、お茶のことをもっと知りたい方、いわたのお茶の魅力をみんなに伝えてくれる方を募集しています。市内、市外を問わず、どなたでも応募できます。
サポーターの皆さんには、いわた茶に関する情報やPRイベント、講座などの案内をお送りしますので、都合のつく時に興味のあるものにご参加ください。各イベントの体験、受講を通して、いわた茶の魅力を広く情報発信していってもらいます。また、可能な方にはいわた茶のPRのお手伝いなどもしていただきます。
いわた茶応援サポーターへの登録を希望される方は、登録申込書を下記へ送付してください。皆さまのご応募をお待ちしております。

登録申込書送付先:
磐田市役所 産業部農林水産課
ファクス:0538-37-1184

写真1
お茶の淹れ方講座
写真2
製茶工場の見学

市イメージキャラクターの”しっぺい”といわた茶を盛り上げよう!

イラスト:磐田市イメージキャラクターの”しっぺい”

いわた茶を盛り上げるため、しっぺいのお茶摘みバージョンを作成しました。
お茶摘み姿の”しっぺい”を活用して、いわた茶を応援してください。

※この”しっぺい”デザインはいわた茶のPRのため、個人的にご利用いただく場合に限り、ご使用いただけます。

なお、販売などの目的で使用する場合は、下記をご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

産業部 農林水産課 農林水産振興グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4813
ファクス:0538-37-1184
産業部 農林水産課 農林水産振興グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。