市民の皆さんへ

磐田市役所 ホーム > 市民の皆さんへ > 下水道 > 受益者負担金(分担金)制度

受益者負担金(分担金)制度

このページの概要

下水道の受益者負担金(分担金)制度について説明します。

受益者負担金(分担金)とは

下水道の整備により、整備区域内は自然環境や生活環境が改善され、未整備区域と比較して利便性・快適性が向上します。しかしながら、公共下水道は、道路や公園のように不特定多数の人々が使用できる公共施設とは違い、下水道が整備された区域の方たちのみが使用できる施設です。このような限られた方たちだけが使用する施設を税金等公費だけでまかなうことは使用できない方たちに対して不公平になります。
そこで、整備区域内の土地所有者様などの皆様に、この利益を受ける方(受益者)として、公共下水道整備費の一部を負担していただき、負担の公平性を保つとともに、負担いただいた貴重な財源により下水道の進捗を図るのが、受益者負担金(分担金)制度です。

この受益者負担金(分担金)は、対象となる土地に対して、供用開始区域となった年度に一度だけ賦課されるものです。

(注)受益者負担金は、都市計画下水道事業認可区域(市街化区域)の土地に、受益者分担金は、上記の区域以外の公共下水道事業認可区域(市街化調整区域)の土地に対してそれぞれ賦課されるものです。

受益者負担金(分担金)を納めていただく方は

受益者(受益者負担金(分担金)を納めていただく方)は、原則、下水道処理区域内の土地所有者をいいます。
ただし、地上権・質権・使用貸借または賃貸借による権利の目的となっている土地については、土地所有者と地上権者・質権者・使用借主または賃借人とが協議して申し出た場合、その者を受益者とみなします。
受益者を簡単に図で示すと次のようになります。

受益者負担金(分担金)図

負担金(分担金)が賦課される土地

受益者負担金(市街化区域の土地)
下水道が整備され処理区域になったすべての土地が対象となります。
よって、宅地のほか雑種地(駐車場など)、山林、農地(田、畑など)も賦課します。

受益者分担金(市街化調整区域の土地)
下水道が整備され処理区域になった宅地(一体利用していると認められる土地も含む)が対象となります。
ただし、取付管を設置した土地については、宅地以外であっても受益者分担金の賦課の対象となります。

いずれも、ひとつの土地に対して一度限りの賦課となります。

受益者負担金(分担金)の金額

受益者負担金(分担金)の金額は、土地の面積1m2当たり次の区分ごとに定めた額を乗じて得た額となります。

(1)下水道事業

受益者負担金(市街化区域)

区域 負担金額
磐南処理区 磐田地区 360円/m2
福田地区 360円/m2
竜洋地区(一般地区) 360円/m2
竜洋地区(処理場地区) 42,000円/戸
竜洋地区(工業地区) 210円/m2
豊田地区 360円/m2
豊岡処理区 対象面積430m2以下の場合 380円/m2
対象面積430m2超の場合 125,560円+88円/m2

(例)磐南処理区・磐田地区の土地で面積201m2の場合
72,300円(201m2×360円=72,360円(100円未満切り捨て))となります。

受益者分担金(市街化調整区域)

区域 分担金額
磐南処理区 磐田地区 380円/m2
福田地区 380円/m2
竜洋(一般地区) 360円/m2
竜洋(処理場地区) 42,000円/戸
豊田地区 360円/m2
豊岡処理区 対象面積430m2以下の場合 380円/m2
対象面積430m2超の場合 125,560円+88円/m2

(例)磐田地区の土地で面積201m2の場合
76,300円(201m2×380円=76,380円(100円未満切り捨て))

(2)農業集落排水事業

農業集落排水事業分担金

区域 分担金額
鮫島・浜部地区 180,000円/戸
西島・玉越地区 252,000円/戸
向笠里地区 183,000円/戸
敷地地区 186,000円/戸

新たにますを増設する場合等については金額が異なりますので、お問い合わせください。

受益者負担金(分担金)の納付方法

(1)納付方法

納付書(下水道課から送付)または口座振替により納付できます。
納付方法は「分割納付」と「一括納付」の2種類があります。
<分割納付>
磐南処理区 総額を5年間20回(年4回)で分割納付していただきます。
豊岡処理区 総額を4年間16回(年4回)で分割納付していただきます。
(例)磐南処理区・磐田地区の土地201m2 負担金額72,300円の場合
第1期 3,900円 第2期から第20期まで 3,600円 となります。

納期限

納期限日
第1期 6月30日
第2期 9月30日
第3期 12月25日
第4期 2月末日

納期限日が土日・祝日の場合はその翌日となります。

<一括納付>
全額、1年分、または残額分をまとめて納付できます。
一括納付した場合は、納期前の期数に応じ前納報奨金が交付され、受益者負担金(分担金)から差し引かれます。
(例)磐南処理区・磐田地区の土地201㎡ 負担金額72,300円を一括納付した場合
前納報償金額3,600円×19回分(第2期~第20期)×15%=10,260円
差引納付額 62,040円(72,300円-10,260円) となります。

(2)納付場所

下記の金融機関または磐田市役所下水道課・各支所市民生活課にて納付できます。

静岡銀行 三菱東京UFJ銀行 磐田信用金庫
清水銀行 みずほ銀行 浜松信用金庫
スルガ銀行 三井住友銀行 遠州信用金庫
静岡中央銀行 りそな銀行 掛川信用金庫
遠州中央農協 静岡県労働金庫  

口座振替のみ、ゆうちょ銀行がご利用できます。

お支払いは口座振替が便利です。ぜひご利用ください。

その他手続きについて

(1)受益者の申告

「受益者申告書」は登記簿の内容に基づき、賦課年度の4月初旬に下水道課より土地所有者の方に送付いたします。内容をご確認のうえ、必要事項を記入・記名押印し、同封する返信用封筒にて提出期限までに申告してください。
土地所有者以外の方が受益者となる場合は、連署、押印のうえ申告してください。

(2)受益者負担金(分担金)の減免・徴収猶予

受益者負担金(分担金)には、土地や受益者の状況により、徴収猶予制度、減免制度があります。いずれの制度も申請が必要ですので、申請がなければこの制度は受けられません。

減免 学校、神社、集会所など土地の利用状況により、減免の必要があると認められる場合には、受益者負担金(分担金)の減額または免除を受けることができる制度
徴収猶予 受益者負担金(分担金)の対象となる土地が農地や山林の場合や、受益者が災害などで受益者負担金(分担金)を納付することが困難な場合に納付期日を延長することができる制度

詳細は、下水道課までお問い合わせください。

申請書ダウンロード
PDF:(13KB) WORD:(41KB) 受益者負担金減免申請書
PDF:(13KB) WORD:(40KB) 受益者負担金徴収猶予申請書
PDF:(13KB) WORD:(41KB) 受益者分担金減免申請書
PDF:(13KB) WORD:(41KB) 受益者分担金徴収猶予申請書
PDF:(11KB) WORD:(33KB) 農業集落排水分担金減免申請書
PDF:(10KB) WORD:(34KB) 農業集落排水分担金徴収猶予申請書

(3)受益者に変更があった場合

受益者負担金(分担金)の納付途中に相続や売買などで受益者に変更があった場合は、新しい受益者とともに「受益者変更届」を市へ提出してください。提出日の翌日以降に納期が到来する受益者負担金(分担金)は新しい受益者に納付していただくことになります。
土地登記簿の登記換えをしただけでは受益者の変更になりません。受益者を変更する場合は「受益者変更申告書」を必ずご提出ください。

申請書ダウンロード
PDF:(13KB) WORD:(41KB) 受益者負担金受益者変更申告書
PDF:(13KB) WORD:(41KB) 受益者分担金受益者変更申告書
PDF:(11KB) WORD:(35KB) 農業集落排水事業受益者変更申告書

(4)受益者申告から納付まで

時期 内容 備考
3月 下水道供用開始のお知らせの発送  
4月1日 受益者負担金(分担金)賦課対象区域の公告  
4月初旬 受益者申告書等の発送
(下水道課→土地所有者)
申告書には、賦課対象となる土地の地番、地積等が記載してあります。
4月末日 受益者申告書の提出
(受益者→下水道課)
(注1)申告書の記載内容を確認していただきます。
受益者が土地所有者の方と異なる場合は、この申告書にて申告していただきます。
(注2)受益者が土地所有者と同じ場合も提出してください。
(注3)減免、猶予申請書も併せて提出ください。
6月上旬 受益者負担金(分担金)決定通知書及び納付書発送
(下水道課→受益者)
申告に基づき、決定した受益者負担金(分担金)額をお知らせします。
6月30日 第1期納期限  
9月30日 第2期納期限  
12月25日 第3期納期限  
2月末日 第4期納期限  

受益者負担金(分担金)Q&A

Q.なぜ、受益者負担金(分担金)を賦課するのですか?

A.下水道は、公園や道路と異なり、整備された区域の方のみ使用できる施設です。下水道の整備を税金等公費のみで賄うと、下水道が整備されていない区域の方たちも同じように負担することとなり、不公平が生じることになります。

Q.受益者負担金(分担金)はなぜ土地の面積に対してかかるのですか?

A.受益者負担金(分担金)は、税金や使用料のように毎年の現況・使用の実態に基づき、永年賦課するものではなく、下水道が使用できるようになったときに一度限り賦課するものです。算定の基準としては永久に変わることのない土地の面積に応じて負担していただくことが、長期的にみて公平な方法となります。
例えば、建物を基礎とすると新築や増築、取壊し等で賦課額が変わり、人数を基礎とすると転入や転出などにより変動しやすいため、受益者負担金(分担金)の算出には適さないと考えます。

Q.なぜ庭や池など下水道整備により直接恩恵を受けない部分についても賦課するのですか?

A.受益者負担金(分担金)は、下水道を使用できるようになった土地の状態に着目して賦課されるものなので、下水道を使用しなくても納付していただくことになります。
したがいまして、庭や池など現実の状況にかかわらず、負担金は全て同じように賦課されますので、ご理解願います。

Q.受益者とは誰のことですか?

A.原則的には、土地所有者が受益者となります。ただし、その土地が地上権、質権または使用貸借あるいは賃貸による権利(一時使用は除く)の目的となっている場合については、その権利者が受益者となります。
実際には、所有者と権利者の双方で協議のうえ、決定していただくことが多いようです。

Q.受益者申告書を提出しなかった場合はどうなりますか?

A.そのまま土地所有者が受益者となります。

Q.土地所有者以外の者が受益者となる場合はどうすればよいですか?

A.所有者以外の方が受益者となる場合は、4月初旬に送付する受益者申告書に土地の所有者と新たに受益者となる方の記名、押印して提出いただければ、受益者を変更します。

Q.共有の場合はどうなりますか?

A.共有者の中から代表者を選び、申告していただきますと、その人が代表して納付していただくことになります。また、受益者負担金(分担金)を持分割合にて分割して複数で納付することもできます。

Q.土地所有者と権利者の間に、または相続などにより、その土地について係争中のときはどうしたらよいですか?

A.個人同士の権利の生ずる問題に、市は介入できません。この場合、受益者負担金(分担金)の賦課を保留するわけにはいきませんので、土地所有者や代表者に申告していただき受益者を決定しますが、係争が解決するまで受益者負担金(分担金)の徴収を猶予することができます。

Q.受益者負担金(分担金)を支払っている期間中に売買等により所有者が変わった場合はどうすればよいですか?

A.売買などによって土地所有者が変更になったときは、協議のうえ、新たな所有者に受益者を変更することができます。受益者を変更するには、受益者変更申告書の提出が必要となりますのでご注意ください。

Q.受益者負担金(分担金)は所得税の必要経費となりますか?

A.不動産所得、事業所得、山林所得及び雑所得について必要経費として認められます。詳しくは税務署等にお問い合わせください。

Q.納付書を失くしてしまったらどうすればよいですか?

A.下水道課までお問い合わせください。再発行いたします。

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間 午前8時30分~午後5時15分
休日 土・日曜日,国民の祝日(休日),年末年始
福田支所2階  下水道課 業務グループ 電話:0538-58-3281

情報発信元
磐田市環境水道部 下水道課
電話番号:0538-58-3281

受付時間:午前8時30分~午後5時15分

ページの先頭へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの構成について、ご意見・ご要望などがありましたら下記に入力してください。
入力内容への個別の回答はできかねますのでご了承ください。

このアンケートフォームは、磐田市ホームページに関するご意見をお聞かせいただくものです。
市政に対するご意見、お問い合わせなどはこちらへお寄せください。ご意見・お問い合わせ

市民の皆さんへ
住民票・戸籍
保険
税金
環境
住宅
上水道
下水道
交通
出産・子育て
健康
福祉
スポーツのまちづくり
学習
協働のまちづくり
農業
広報いわた
文化・芸術
婚活
地域づくり

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」

施設検索

観光情報

イベント情報

ここが知り隊!磐田げんきっず