第2次磐田市環境基本計画(案)に関するパブリックコメント結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002571  更新日 2018年9月25日

印刷大きな文字で印刷

募集期間
平成29年12月25日(月曜)~平成30年1月25日(木曜)
意見
6件(3人)

意見1

磐田市総合計画を環境面から補完する(環境の総合計画)側面を持つということから、磐田市総合計画についての概要としての内容説明がもう少しあったら分かりやすいと思います。

市の考え方
「第2次磐田市環境基本計画(案)」では、計画をシンプルでわかりやすいものとするため、「磐田市総合計画」をはじめ関連計画の概要説明を記載しておりませんが、計画(案)1ページ「第1章 計画の基本的事項」において計画の位置づけを図で示しています。また、「第2次磐田市総合計画」「分野6 都市基盤・環境」「指標・目標値」を「第2次磐田市環境基本計画(案)」の「環境指標」と整合させています。
「第2次磐田市環境基本計画」の進捗管理を公表する際には、頂いたご意見を参考に「第2次磐田市総合計画」等との関連性について説明を加えるなど配慮したいと考えます。

意見2

地球温暖化対策は大変重要であり、一人ひとりに求められていることだと思います。そうした視点から対策をもう少しインパクトのある内容があったら良いと考えます。

市の考え方
ご意見の主旨は「地球温暖化対策の重要性と本市の先進的な取組みをアピールすることが大切である」との指摘と理解しています。このことについては、計画(案)20から21ページ「基本方針5 地球温暖化対策に取り組みます」「環境と経済を両立するビジネススタイルの促進」に本市の先進的な取組み等を記載しています。
また、ご意見のとおり地球温暖化対策は私たち一人ひとりが理解し、対策を実行することが重要だと考えています。頂いたご意見を参考に市民、事業者、行政それぞれの立場の視点から地球温暖化対策を推進し啓発を行ってまいります。

意見3

景観形成の推進で、特別な景観を誰もが求めているとは考えにくく、例えば、思ってもみないところに突然パチンコ店が出来ることなどは条例(法律)などで防げないものか。また、あちらこちらに乱立する広告看板、街を汚染しているとしか思えません。このようなことを防止するためのインパクトのある「内容文面」があったら良いと思います。

市の考え方
ご意見の主旨は「景観の重要性を伝えることが大切である」とのご指摘と理解しています。
このことについては、計画(案)16ページに「周辺と調和した良好な景観の保全・創出」を記載しています。
具体的には、頂いたご意見を参考に民間開発や建築行為に対して景観法に基づく届出制度による適切な景観誘導などを継続して行ってまいります。

意見4

快適な生活環境の確保で、日ごろ大変気になっている野焼きについて、早朝の暗い時間に自宅の焼却場などで焼却をする方がおり、明らかに雑草や稲ワラなどの臭いではなくプラスチックなどの有害成分を平気で撒き散らす方が結構おります。野焼きについて具体的な文面で書かれると分かりやすいと思います。

市の考え方
野焼きについては、計画(案)12ページ「目標1-2 快適な生活環境の確保」、13ページ「目標1-3 迷惑防止条例を活用した意識啓発の推進」で記載しています。
具体的な指導や意識啓発については、頂いたご意見を参考に啓発チラシ等を活用し、引き続き行っていく考えです。

意見5

資源の乏しい日本にとって、エネルギー問題と環境保全は重要課題だと思います。そこで、電力確保と環境保全が見込まれるバイオマス(木質)発電に取り組む政策をお願いします。

市の考え方
ご意見のとおり、エネルギー問題と環境保全は重要課題と考えています。
このことについては、計画(案)21ページ「目標5-3 低炭素型社会の推進」に記載しています。具体的には、新たな電力需給システムの構築や環境負荷の低減に寄与する地産地消型エネルギー供給事業への取組みを推進するなど、環境と経済を両立するビジネススタイルを進めていく考えです。

意見6

第4章目標1-1 1について
環境の調査監視において、「放射性物質の有無について」追加を希望します。
原子力発電の是非については、国レベルの重大な問題になっていると考えております。御前崎市に原子力発電所が設置されております。諸々の安全対策が講じられ県、国レベルでのその存在及び稼動の是非について検討されているところであります。理由、原因のいかんは問わず、放射性物質の有無は重大な事項であると考えます。原子力発電所の存在する近隣の市としては、その安全性について常に注意を払い、実情を科学的に把握しておく必要があると考えます。

市の考え方
放射性物質の調査監視についてですが、静岡県は浜岡原子力発電所周辺の安全を確保するためテレメータシステムにより発電所周辺の放射性物質の状況を調査監視しています。
磐田市には中遠総合庁舎(見付)と福田支所(福田)に測定地点があり、今後も静岡県による監視及び調査結果の公表が継続して行われます。
「第2次磐田市環境基本計画」においては、本市が実施する事務事業として、大気・水質・騒音等の環境調査について記載しています。なお、放射性物質の現状把握については今後も引き続き静岡県や周辺市町等と連携していく考えです。

情報発信元

環境水道部 環境課 環境保全グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4874
ファクス:0538-37-5565
環境水道部 環境課 環境保全グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。