磐田市議会業務継続計画(議会BCP)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1010090  更新日 2022年4月20日

印刷大きな文字で印刷

磐田市議会業務継続計画(議会BCP)について説明します。

目的

磐田市議会では、大規模災害のような事象が発生した場合であっても、議案の審議及び審査を行い、事務執行を監視して政策の効果を適切に評価するといった議事機関としての役割を果たすことができるよう、議会及び議員の対応について必要な組織体制や議会・議員等の役割を定めた「磐田市議会業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)」を令和3年10月7日に策定しました。

  • BCP(業務継続計画)とは、自然災害などの緊急事態に遭遇したときに、損害を最小限にとどめつつ、業務の継続や早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における業務継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

議会事務局
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎5階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4822
ファクス:0538-37-4845
議会事務局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。