議会改革の取り組み状況

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1005436  更新日 2018年8月25日

印刷大きな文字で印刷

議会改革の取り組み状況について説明します。

磐田市議会では、開かれた議会を目指しこれまで様々な議論を重ね議会改革に取り組んでまいりました。これまでの主な取り組みを紹介します。

内容

平成30年度
  • インターネットによる本会議中継がタブレット端末等から閲覧が可能となる
  • 政務活動費領収書をホームページで公開(平成30年5月以降予定)
平成29年度
市議会PRパンフ「ようこそ市議会へ」を作成。傍聴者へ配布
平成28年度
  • 予算決算委員会を設置(予算及び決算を審査)
  • 広報広聴委員会を常任委員会に変更
  • 予算決算委員会のインターネット映像配信を開始
  • 予算決算委員会で議員間討議を実施
  • 議会だよりのリニューアルを実施
平成27年度
  • 正副議長の任期を2年に変更
  • 議会報編集委員会と議会報告会運営会議を統合し、広報広聴委員会に変更
  • 反問権を市長等に付与することを決定
  • 議会フェイスブックを開設(会議の開催状況等をお知らせ)
  • 市議会ご意見ポストを庁舎内に設置
平成26年度
  • 議員提案による中小企業及び小規模企業振興条例の制定
  • 議員間討議・文書質問を規定
平成24年度
  • 議会基本条例の制定(平成24年6月)
  • 議会基本条例に基づく議会報告会を開催
  • 議員定数の削減(30人から4人減の26人に、平成25年4月改選から)
平成23年度
  • 議会基本条例制定に向けた議会改革特別委員会の設置
  • 本会議をインターネットで映像配信
  • 予算委員会の設置(全議員による予算審査【分科会】を実施)
平成22年度
一般質問に一問一答方式を導入
平成20年度
  • 本会議と委員会の費用弁償を廃止(1回2500円)
  • 議員定数の削減(34人から4人減の30人に、平成21年4月改選から)
平成19年度
  • 代表質問の質問時間を変更(会派人数による持ち時間の変更)
  • 議長交際費の支出内容をホームページに公開
  • 政務調査費の会派別の内訳をホームページと議会だよりに公開
  • 予算特別委員会の設置(平成20年度当初予算を審査)
  • 代表質疑の導入(施政方針、当初予算 平成20年2月定例会)
平成18年度
中学生による子ども議会を開催
平成17年度
会議録検索システムの導入

情報発信元

議会事務局
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎5階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4822
ファクス:0538-37-4845
議会事務局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。